トラビスパストラーナ

    2017y10m10d_111059392

    X・GAMESやナイトロ・サーカスでお馴染み、フリースタイルモトクロスを得意とするオールラウンダー、トラビス・パストラーナが、10月5日イギリスのテムズ川でスタントに挑戦しました。テムズ川に浮かぶ2艘のはしけの間の23メートル以上の距離をオートバイで後方宙返り!ミレニアム・ドームをバックに見事スタントを成功させました。加速のための距離はわずか45メートルなんて怖い…ちなみにテムズ川のこの辺りの川幅は390メートルもあるんですね。びっくり。

    2017y08m26d_002624833

    2017年、3年ぶりに開催された「マウント・ワシントン・ヒルクライム」は、スバルWRX STIの名手トラビス・パストラーナがコースレコードをブレイクする5分44秒72を記録し優勝しましたが、スバルUSAからその時の挑戦記が公開されています。グラベルとターマックの入り混じるうねった路面は、世界一タフとも称されますが、今回もチームメイトで記録保持者のデビット・ヒギンズがクラッシュ。その処理でトラビスのスタートが一旦仕切り直しになるなど、簡単な挑戦ではなかったようです。それにしてもX Gamesからラリーまでどこでも活躍しちゃうトラビスのマルチプレーヤーっぷりに惚れる!字幕がないのが残念ですが、オンボード映像が多いのでノリで楽しめると思います。

    2017y07m17d_210450545

    2017年の「マウント・ワシントン・ヒルクライム」は、スバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナが600馬力のスバルWRX STIでコースレコードを更新、スバルからすでに車載映像が公開されていますが、第二弾で360°VRオンボード映像も公開されました。ターマックとグラベルの入り混じる7.6マイルのコースを、5分44秒72で駆けぬけたランをパノラマで!自分でグリグリして見たい方向を見れるビデオです。

    2017y07m13d_132350299

    トラビス・パストラーナ(スバル・ラリーチームUSA)の#199 「WRX STI」が「マウント・ワシントン・ヒルクライム」でレコードタイムを樹立!スバルからその時のオンボード映像が公開されました。チームメイトのデビッド・ヒギンズが前大会2014年にたたき出したレコードタイム6分09秒095を15秒も更新する5分44秒72を記録しています。ターマックやグラベルの入りまじったコースで迫力のヒルクライムラン!ここはパイクスピークより道幅が狭そうですが、こちらもガードレールはナシ(°_°)

    2016y07m10d_014746123

    スバル公式から公開された0秒CMです。最後にでてくるトラビス・パストラーナのスバル「インプレッサWRX STI」による2009年の大ジャンプは何度見てもクール!その距離はなんと269フィート(約82メートル)をたたき出しそれまでの世界記録の52mを大幅に更新。その時のビデオもピックアップ。着地してからのが怖そうなんだけどwwww

    このページのトップヘ