フィエスタ

    06)

    ポーランドで開催された「Rajd Baborowa 2018」でJacek Polokのフォード・フィエスタが恐怖の大回転クラッシュ!その瞬間をとらえたビデオです。ジャンプの着地に失敗したフィエスタが急に向きを変え牧草地へ突入して転倒、パーツをまき散らしながら5回転しちゃいました。。。

    2018y02m28d_161703034

    3月8日(木)〜11日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権第3戦「ラリー・メキシコ」。高地の薄い空気と滑りやすいルースグラベルが特徴のイベントですが、Mスポーツ・フォード・ワールド・ラリーチームの事前テストの様子です。雪の舞うスペインで爆走するセバスチャン・オジェとエルフィン・エバンスのフォード・フィエスタWRCの姿!

    2018y02m26d_134726290

    TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加している勝田貴元が2018年FIA世界ラリー選手権第2戦「ラリー・スウェーデン」のWRC2クラスで見事優勝し話題になりましたが、本人のYouTubeアカウントから事前テストのオンボード映像が公開されました。WRC2公式ハイライト映像と一緒にピックアップ!雪深いスウェーデンの高速ステージ速すぎぃwww

    2018y01m22d_162423881

    1月12、13日に幕張メッセで開催された「TOKYO AUTO SALON 2018」でケン・ブロックが4WD、600馬力のフォード・フィエスタRX43でドリフトパフォーマンスや同乗走行を行いました。職人技のターンで4本のタイヤから豪快にスモーク!まるで雲の中にいるかのような真っ白なモクモク状態にwww なんでも「ジムカーナ8」で撮影に使用したマシンなんだそうです。

    2017y11m21d_205027731

    イタリア共和国ピエモンテ州ののどかなコムーネ「サン・マウリーツィオ・ドパーリオ」で開催された「ラリー・デル・ルビネット」には山間部の集落を抜けるステージが設定されています。その集落の一部にある、ラリーカーがギリギリ通れるポイントが思った以上に狭かったwww

    2017y12m05d_163431693

    12月1日から3日にイタリア・モンツァサーキットの特設コースで開催された「Monza Rally Show 2017」はフォード・フィエスタRS WRCで出場したバレンティーノ・ロッシが4つのステージを制覇するなど速さをみせ3年連続6度目の勝利!モンツァラリーショーのイベント史上最も成功したドライバーとなりました。公式映像やアタック&アクション集です。

    2017y12m02d_010410038

    2017年のモンツァラリーショーが開幕、木曜日にシェイクダウンが行われ、バレンティーノ・ロッシのフォード・フィエスタRS WRCやリアム・ドランのフォード・RS200パイクスピークが特設コースでプラクティスに励む姿がみられました。現地で撮られたビデオです。

    2017y11m03d_233350388

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦「ウェールズ・ラリーGB」で最上位クラス唯一のプライベーターMスポーツがドライバーズタイトル(セバスチャン・オジェ)、コドライバーズタイトル(ジュリアン・イングラシア)、マニュファクチャラーズタイトルの三冠を達成。チームから王座獲得を祝うムービー「WE DID IT」が公開されました。

    2017y10m31d_020146216

    WRCウェールズラリーGBでサウジアラビアのヤジード・アルラジがカメラを構えるファンの目の前でクラッシュしちゃったビデオ。ジャンプの着地に失敗、つんのめってぐるりと反転…

    2017y10m31d_002055283

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦「ウェールズ・ラリーGB」は、エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)が初の総合優勝をあげ、3位に入ったセバスチャン・オジェがシリーズチャンピオンに輝き、WRC5連覇を達成しました。二人が所属するMスポーツもマニュファクチャラーズタイトルを手にしています。ラリーGBのアタック&アクション集です。

    25)

    FIA世界ラリー選手権第11戦「ラリー・RACC・カタルーニャ」が開幕。5日に行われたシェイクダウンの爆走コンピレーションです。シェイクダウンでトップタイムをだしたのはセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)。シトロエンのミーク。ヒュンダイに加入したミケルセンと続き、サムネイルのあわやの瞬間があったタナクが4位。トヨタ・ヤリスWRCのヤリ-マティ・ラトバラはトップのオジェから1.7秒差の6番手で終えています。そのラトバラのオンボード映像も一緒にピックアップ。ちなみに、現在デイ1まで終わりミケルセンが首位。2番手にオジェ、3番手にミークという順位になっています。デイ2からはターマックラリーにチェンジ。

    2017y08m23d_013136187

    「ケン・ブロック × ペンズオイル」のコラボレーションムービーが公開されました。人気シリーズ「ケン・ブロック ジムカーナ」スタイルの新オフロードムービー「テラカーナ」は、ユタ州にある標高1300メートル、華氏102°(摂氏39°)の砂の世界「スウィングアームシティ」が舞台!自身のラリークロスマシン「フォード・フィエスタST RX43」で暴れまわります。3:05の急斜面でのスライドなんて、もし失敗したら、裏の絶壁から転落という命がけのスタント!

    2017y08m21d_012922911

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」は全工程を終え、Mスポーツのオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)が今季2勝目をあげました。公式ハイライト映像や、カメラマン撮影のアタック集をまとめてみました。2位にシトロエンのアンドレアス・ミケルセン。3位はMスポーツのセバスチャン・オジェ 。 注目のトヨタ陣営はユホ・ハンニネンが4位、ヤリ-マティ・ラトバラが7位に入賞しています。

    2017y08m11d_193411293

    8月17日(木) から 20日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦「ラリー・ドイチェランド」にあわせ、WRC公式から、2015年大会のロバート・クビサ(フォード・フィエスタRS WRC)のオンボード映像が公開されています。ステージはブドウ畑の丘陵地を縫うようにひろがる、SS9「Grafschaft1」。クビサは、狭い農道を駆けぬける18.35 kmのスペシャルステージを11分01秒でフィニッシュ、総合12番手タイムを記録しました。

    2017y07m26d_200405103

    ハンバーガーマスターことDJ BBQの無謀なクッキングが世界ラリークロス選手権(WRX)公式から公開されています。WRXでコメンテーターを務めるアンドリュー・コリーのドライブするRX2マシン(WRXの下位クラス)に乗りこみまさかのバーガークッキング!いったいどんな趣旨のプロモーションなんだww 車内がヒドイ有り様になってるじゃないかwww

    IMG_7118

    デイ3に突入したFIA世界ラリー選手権第9戦「ラリー・フィンランド」。この日はWRCを代表する名物ステージ「オウニンポウヤ」がSS16とSS19に設定されていますが、その1回目のSS16でMスポーツのオット・タナク(フォード・フィエスタ)が49メートルのスーパージャンプをみせています。WRC公式から公開されたそのシーンです。着地で一瞬姿勢を乱すも見事に立て直したっ!Σ(゚д゚lll)

    2017y07m29d_022040307

    WRCドライバーの多くが楽しみにしている高速グラベルラリー、FIA世界ラリー選手権第9戦「ラリー・フィンランド」が開幕!シェイクダウンの模様がWRCやミシュラン公式、現地に赴いているカメラマンなどから公開されています。ここフィンランドでもジャンピングスポットでバンザイ着地が増えてますねぇ、なんでも2017年型WRカーのリヤウイングから発生するダウンフォースのせいらしいのですが、あんな状態からよく立て直せるなぁ(°_°)

    2017y07m17d_220927713

    アメリカの伝統的なヒルクライムレース「マウント・ワシントン・ヒルクライム」。2017年はスバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナがコースレコードを更新する走りで優勝しましたが、タフなヒルクライムとして知られる大会でもあり、その裏ではゴールできずに終わるマシンもありました。今回はその中から3つのクラッシュをピックアップ。1.フォード・フィエスタの面白事故。コーナリング中の加重移動で片側が浮き上がり横転。2.パストラーナの僚友ヒギンズ(スバルWRX STI)が後輪を岩にヒット、崖下へ転落し一瞬逆立ち状態に…3.GMのLSエンジンにスワップされた1972年式ダットサン240Zがブレーキをミスり崖下へ横転(オンボード映像)。13年かけて開発したという貴重なZが…

    2017y07m06d_122934465

    2017年FIA世界ラリー選手権第8戦「ラリー・ポーランド」は、終盤までヒュンダイのティエリー・ヌービルとMスポーツのオット・タナクによる僅差のバトルが繰り広げられました。しかし、最終日のSS21でタナクがクラッシュ。これで優勝争いは幕切れとなりヌービルが今季3勝目をあげています。その幕切れの瞬間。タナクのフォード・フィエスタWRCは、リアが何かにぶつかりマシンの向きが一気に変わりフロントからクラッシュ!フロントを大破しながら、なんとかマシンを動かしたものの結局ラリーからリタイアとなりました。

    2017y05m24d_103224361

    2017年FIA世界ラリー選手権第6戦「ポルトガル」。エキゾースト音満載!お客さん撮影のピュアサウンド映像集と、WRC公式からマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタWRC)の豪快なジャンプをピックアップ!ポルトガルといえば2015年に復活したスペシャルステージ「ファフェ」のジャンプスポットが見所のひとつ。ここで今回、オストベルグが他の人より1台分ほど飛びすぎてしまい、右カーブ手前で着地、ギリギリ曲がっていくという離れ業をみせていますww これには隣に座るナビも大笑いwww そしてヤリスWRCも華麗に飛んでいましたね(上から2番目の動画に収録)。ちなみに優勝したのはMスポーツのセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタWRC)。「TOYOTA GAZOO Racing」の3台は入賞フィニッシュでした。

    このページのトップヘ