プジョー

    2018y07m10d_144553010

    1973年創設「FIA世界ラリー選手権」のドライバー部門の歴代王者とマシンがわかるビデオ。初代王者はストラトスHFのムナーリ。狂乱のグループB時代にはじまり、セリカのサインツ、カンクネン、オリオール。インプレッサのマクレーやバーンズ、ソルベルグ。ランエボで4連覇したマキネンなど日本車黄金期をへてローブ、オジェの一強時代へと遷り変わっていきます。

    2018y01m21d_225244363

    2018年の第40回ダカールラリーはアルゼンチンのコルドバで無事ゴールをむかえ9000キロに及ぶ長旅に終止符がうたれました。公式からは最終日ステージ14のハイライトや四輪、二輪、トラックなど各部門の2018年ベストシーンやアクシデントをおさめたペシャル映像が公開!

    2018y01m20d_170102569

    2018年のダカールラリーも残り二日、ステージ13はナサール・アルアティヤがステージウィンで3位までをトヨタが独占。トヨタ・ハイラックスが四駆の機動力を発揮し後半戦で三連勝をきめています。そして磐石のワンツー態勢を築いていたプジョーにアクシデント。総合2番手のペテランセルが立ち木に接触し左フロントにダメージを負い後退、優勝争いから脱落しました。

    54FC97F6-00F7-48ED-BB0B-4C8A8F860BEE

    ダカールラリーはステージ8を終え、前日大幅にタイムロスしたプジョーのペテランセルがステージウィンで、総合トップはプジョーのサインツ、2位にトヨタ・ハイラックスのアルアティヤ、3位にペテランセルがつけています。サムネイルは二輪部門で総合トップを争うファン・ベヴェレンとベナバイズがランデブー走行中にお互いの健闘を祈る握手を交わしたシーンです。ラリーレイドって感じでイイですねぇ。

    2018y01m14d_163701617

    厳しい戦いが続くダカールラリーは後半戦に突入、13日のステージ7も波乱の展開になりました…首位にいたペテランセルのプジョー3008DKR Maxiがスタックしたマシンを避けた時に左リヤのサスペンションを壊してしまうアクシデント。これで3位に転落し、代わって同僚のサインツが総合首位になっています。2位はアルアティアのハイラックス。

    2018y01m11d_131520863

    5日目に入ったダカールラリーにまたも波乱が待っていました。前日トップタイムをマークし総合2番手につけていたセバスチャン・ローブのプジョー3008DKR Maxiが砂丘にハマりタイムロス。相方のダニエル・エレナも負傷してしまいリタイアを決断!そしてX-RAIDアル・ラジのミニ・ジョン・クーパー・ワークス・バギーが水没するハプニングwww

    2017y11m27d_011651179

    フランス国内選手権の「ラリー・デュ・ヴァール 2017」に懐かしの2WDキットカー「プジョー306マキシ」で参戦したセバスチャン・ローブのアタック&アクション集です。ローブは優勝を争ったライバルのフォード・フィエスタWRCを追い詰めるもイベント終盤のSS13でエンジントラブルに見舞われリタイアに終わっています。

    2017y10m31d_231223717

    2018年1月6-20日にかけ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにまたがり開催される世界一過酷な耐久ラリーレイド「ダカールラリー」に出場する「チーム・プジョー・トタル」は、モロッコなどで「プジョー3008DKR Maxi」を走らせ1万8000km以上の距離をテストしています。

    2017y10m18d_151207855

    ついに発売されたPS4専用ゲーム「グランツーリスモSPORT」に登場するプジョーのビジョングランツーリスモ二台が発表。そのムービーが公開されました。「プジョー・L500RハイブリッドビジョンGT」は1916年5月30日にプジョーL45が「インディ500マイルレース」に優勝してから100年を記念し2016年に生まれたモデル。「プジョー・L750RハイブリッドビジョンGT」はL500Rをさらに進化させ、10,000回転という高回転域まで回る580馬力のエンジンに170馬力のモーターを組み合わせ、トータル出力750馬力という猛烈なパワーを実現しエアロダイナミクスもさらに高められ「プジョーのレーシングスピリットを、いっそう激しく、ピュアに具現化したモデル」なんだそうです。

    2017y09m30d_124932649

    ヒルクライムレースで快音を轟かす注目マシンが登場!スズキ・GSX-R1000(K8)の999cm3 4ストローク水冷DOHC4バルブ直列4気筒エンジンをツイン搭載したプジョー206がとんでもなくうるさい音で走っていました。トータルで390馬力の四輪駆動車だそうです。

    2017y07m19d_132727906

    ロシア・モスクワから中国・西安を結ぶルートの「シルクウェイ・ラリー 2017」にプジョー「3008DKR Maxi」で参戦していたセバスチャン・ローブがステージ9でクラッシュ。手首や指を傷めリタイアとなりました。その時のドライバーを映した車載映像がハイライトの中に含まれています。ゴンッという音とともにステアリングから手が弾かれるほどの衝撃!一見怪我はないようにみえますが、その後、ハンドルを握るのが難しくなってしまったそうです。

    2017y04m29d_115805260

    2004年にアウディR8を駆りル・マン24時間レース総合優勝を果たした「世界の荒」こと荒聖治の検定シリーズが「Best MOTORing」より公開!2011年4月号の企画です。シトロエン、アルファロメオ、アバルト、プジョーのちょっとお洒落なスポーツカーを検定!接地感、コントロール性、剛性感、タイヤ性能、乗り心地、一体感の6項目を評価。荒さんによるとサスペンションといえばフランス車なんだそうです。出場車:CITROEN DS3 Chic、Alfa Romeo MiTo Competizione、FIAT ABRTH 500C、PEUGEOT RCZ LHD。

    2017y04m17d_115942208

    クラシックカーのミーティング会場と思われる場所を後にしたモーガン「4/4」が右折して道路に合流したところに、クラクションを鳴らしながらやってきたプジョーのハッチバックが!背後から乗り上げかけて追突。プジョーはスピード出しすぎなのだろうけど、フォーバイフォーも必死に加速しているし、タイミングを間違えてヤバいと思ったんだろうなーwww うまい具合に力が逃げ大きな破損は免れる。オープンカーにもし乗り上げてたら…考えるとこわいなぁ。

    2017y01m06d_233622065

    「ダカールラリー2017」は、プジョー「3008DKR」を駆るカルロス・サインツが4日目にしてはやくもリタイアとなってしまいました。その大回転クラッシュシーンです。ちょっと遠目からで見にくいのですが、サインツのプジョーがロールオーバーした先には2人の観客が立っていた!そこは危ないだろww 一瞬、巻き込んだかに見えたけれど、右側に飛び散ったパーツとともに斜面を降りていくのが観客でした。ギリギリセーフ!そしてなんとその観客が撮影した動画もあったのでピックアップしておきます。お客さんはナイス判断!崖の影からマシンが現れた瞬間に回避行動をとっている。

    2016y10m02d_114312384

    プジョーがダカール連覇をかけ投入する2017年のニューマシン「3008DKR」のビデオが公開されたのでピックアップ!昨年は、1989年末から1990年にまたいで開催された第12回大会以来の優勝となったプジョー。2連覇がかかった今年のラリーレイドには新型SUV「3008」をベースにした車両で挑むそうです。サポートするのは今年もレッドブル!

    2016y01m17d_212531711

    2016年ダカールラリーの旅がついにフィニッシュ!前人未踏12度目の制覇となるステファン・ペテランセル(プジョー2008DKR16)が総合優勝。二輪部門はトビー・プライス(KTM)が初V。さすが過酷なサバイバルレース。ローブ、サインツ、バレダ、ゴンサルヴェス…有力選手が脱落するなか堅実な走りをみせた二人がトップでゴール。それにしてもレッドブルカラーが目に焼き付いたな〜どれだけトップ選手に投資してるんだかww

    2016y01m16d_013624011

    今年のダカールラリーもついに終盤戦へ突入。何といっても前半戦まで二輪部門総合1位だったホンダのゴンサルヴェスがリタイアしたのがビッグニュース。転倒+クラッシュ+転倒のコンボでダカールを去ることに。これでKTMの2台は1−2安泰だけど、ホンダはハスクバーナにも負けそう…プジョー勢の争いだった四輪もローブとサインツがクラッシュやトラブルで大きく後退、残ったペテランセルが単独首位で最終日へ突入する展開。後半戦サマリー映像をピックアップ!

    2016y01m12d_123431943

    あっぶねぇ…もう少しで首をやるところだった。こんな派手なクラッシュでもライダーにケガ無しバイクも動くとか両方とも頑丈過ぎるwwダカールラリー2016ステージ8で二輪の総合トップを快走していたホンダのゴンサルヴェスがステージ後半に大クラッシュ、総合2位に転落。四輪部門トップだったローブも横転事故をおこし総合8番手まで後退と荒れ模様の後半戦初日。

    2016y01m06d_162057573

    ダカール2016ステージ2に出来上がった大沼地をゆくトヨタ・ハイラックス!最初戦車でも向かってくるのかと思ったwwwフォードとかミニとか他メーカーがハマったシーンの前に入れ込んでるからまるでハイラックスの宣材みたいになってる。ここでスタックした2014年ダカール王者ロマ(ミニ)とテラノバ(ミニ)を救助にあたったのは元スキージャンプ世界王者のアダム・マリシュ(ミニ)。なお翌日のステージ3はまたもローブがステージウィン。トム・コロネルは2度も当て逃げくらっててワロタww各映像をピックアップ。

    2016y01m05d_091128064

    ダカールラリー2016三日目でWRC王者が本領を発揮。ロマ(2014年ダカール勝者)、ゴードン(ダカールの人気者)といったライバルが埋まるような悪路をバックで抜け出しスタックを回避する好判断!2位のペテランセルに2分23秒差をつけてのゴール。この人に死角はないのか!?クロスカントリーも得意そうで困るwww記念のstage2をチラ見。

    このページのトップヘ