プロペラ機

    2017y11m30d_205933785

    過激すぎるレッドブル。ウィングスーツ姿の二人のベースジャンパーがスイスのユングフラウ山頂から飛び降り時速135キロでフライト、飛行中のプロペラ機のドアから着艦するという離れ業をやってのけました。この恐怖のスタントを成功させるためにスペインのエンプリアブラバで100回以上のテスト飛行を行ったそうです。

    18)

    スコットランドの航空会社ローガンエアーが運航する、オークニー諸島のウェストレー空港とパパウェストレー空港間のフライトは世界最短の商業航空路として知られています。その距離わずか1.7マイル(2.7 km)。10人ほどが乗れ、短距離の輸送能力に優れたプロペラ機「ブリテン・ノーマン アイランダー」での所要時間は80秒から2分以内。良い風が吹いた時はなんと47秒で飛行することができ、島の人々の移動手段となっているそうです。「Great Big Story」から公開されたショートドキュメンタリーと、フライトの機窓動画をあわせてピックアップ!

    2017y06m24d_155540747

    VIDEO OPTIONの稲田大二郎が、第二次世界大戦のノースアメリカン社製の戦闘機「AT-6 テキサン」に乗ってみた企画。最高時速328キロで飛ぶタンデム複座のプロペラ機で、現存数が300機ほどだそうです。そんな機体でアクロバット飛行!大ちゃんの運命は!?ちなみに進行はD1ドライバーのむけんが担当。

    2017y03m04d_135843568

    海軍パイロットの父親が3歳の息子のために日曜大工してつくったローラーコースターがこちら。プロペラ機型の素晴らしい完成度で息子のワイアット君も大満足のこの笑顔www バックヤードローラーコースターの製作方を紹介している人から教えを請い、完成までこじつけたそうです。製作するなかで負った小傷も息子が喜ぶ姿を見て吹き飛んだはず。

    2016y10m02d_130802308

    キモを冷やすとはまさにこんな事ですよね。着陸しようと滑走路に降り立ったプロペラ機の前に招かざる客が登場!のほほんと進入して来た自動車はこちらに全く気づいていないっぽい!?今さら引き返せない飛行機のコクピットカメラの映像です。覚悟をきめランディングして何とか大事に至らずにすんだけど…

    30)

    何これびっくり!もしフリースタイルMXがバックフリップの高さをミスったらプロペラ機と激突するし、プロペラ機が地面にこすって重機に突っ込むと綱渡りの人が真っ逆さま…なんていうドミノ倒し的な恐怖のスタント。それぞれのタイミングがズレると絵にならないけど見事成功!

    2016y04m13d_141026318

    頭上をかすめながら着陸する航空機が撮影できるスポットを360°パノラマカメラで撮影してみた映像がヤバい!「世界で最も危険な空港」の上位ランカー、カリブ海に浮かぶサン・バルテルミー島「グスタフ3世飛行場」に着陸しようと丘スレスレで侵入してくるプロペラ機。その僅か数センチ下にはカメラマンの姿が!これはさっさと立ち入り禁止にないとwww 今までに人との接触事故は起きてないのかな…もし車輪に当たったら致命的なダメージだった。

    2015y12m09d_174813421

    セスナ機がエンジン故障を起こし畑に不時着、事故る瞬間を見事とらえたGoPro映像。スカイダイバーがヘッドマウントカメラで撮影してるけど、高度が足りなかったのか、ダイブして脱出なんて選択肢はなかったくさい。スカイダイビング以上のスリルを味わうハメに…セスナは地面スレスレまでサムネイルのように傾いたままだけど、よく地面に叩き付けられなかったなコレ、スゴ技パイロットで良かった。(でも最終的に一回転クラッシュをかましますww)

    2015y12m08d_162225979

    パイロットBobby Breedenの操縦するセスナ機が着陸の時に滑走路を走った距離はたったの6メートル!ちょっと凄すぎない!?どうやらこの人、離着陸最短距離記録のワールドレコードをもっているらしい。離陸に要する距離も7.3メートルと激短!!テクニック集では雪景色をバックにドリフトも披露。それにしても色々な記録があるのね。

    SnapCrab_NoName_2014-10-29_17-59-20_No-00

    国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人の宇宙輸送船、「シグナス」を載せたロケットが打ち上げ直後に爆発した事故がありました。その様子を、Ed Sealingさんという人が、約900メートルの上空を飛ぶセスナの中から撮影していました。
    一瞬大きく発光した後に、きのこ雲のような煙が立ち上るのが、しっかり捕らえられています。

    このページのトップヘ