ホンダ

    2019y09m15

    この老人ロケットはひどすぎる…生きているのが不思議なくらい恐ろしい事故シーンがツイッターで話題になっています。高齢者が運転する対向車が車線を割り撮影車にヒット、さらにその後ろを走っていたCBRと正面衝突しちゃいました…ドラレコにはすごい勢いで前方に投げ出されるライダーの姿が(((ll゚Д゚)))

    2019y08m30d_214936755

    インディカー・シリーズ第14戦決勝で起きた多重事故で一方的に悪者にされてしまった佐藤琢磨が、第15戦「ゲートウェイ」で予選5位を獲得、決勝ではスタート直後に当てられ一時は周回遅れになりましたが怒涛の追い上げで188周目にトップにたちそのままトップでチェッカー!プレッシャーを跳ね除け今季2勝目を挙げました。インディカーの歴史に刻まれる復活劇!!

    42255E46-70FE-4F4B-9622-F7A773C2FECA

    インディカー怖すぎる(((ll゚Д゚))) NTTインディカー・シリーズ第14戦「ポコノ」の特殊トライオーバルでまたもや大事故が発生!!スタート直後のターン2手前で佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシの接触が起点となり5台が関係する多重クラッシュに発展。琢磨はハンター-レイやローゼンクヴィスト、さらにコンクリートウォールへと激突し横転しちゃいました。

    96029D57-FF07-4C81-B381-D8CA2CDC5E32

    8月17日(土)にツインリンクもてぎで開催された、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選でポールポジションを獲得したのは、2連勝を狙うアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)でした。予選Q3で1分31秒442のコースレコードをたたき出し自身2回目のポールポジションを獲得!!そのラップのオンボード映像が公開されました。

    • カテゴリ:
    2019y07m20d_111246489

    2019年F1世界選手権 第10戦「イギリスGP」のDHLアワード動画が公開されました。12周目にピットインしたピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)がF1史上最速となる1.91秒のピットストップを成功させ「DHL Fastest Pit Stop Award」を獲得!マシンが浮いたと思ったら作業完了www

    2019y07m05d_203940142

    6月30日に開催されたパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)決勝の上位三台の車載映像が公開されています。ホンダのK20エンジンを搭載したオープンホイールマシンでアンリミテッドクラスに出場したロビン・シュート(#49 Wolf TSC-Honda)が9分12秒476で総合優勝!

    2019y07m08d_212113776

    1988年のF1世界選手権で16戦15勝という圧倒的な速さを誇ったマクラーレン・MP4/4に佐藤琢磨が乗り込みグッドウッドヒルクライム!!ターボ時代最後のアイルトン・セナのマシンですが、心臓部には685ps以上を出力するホンダの1.5リッターV型6気筒ツインターボエンジン「RA168E」が搭載。FoSの短いコースを轟音で駆け抜ける姿はいつ見てもシビレル!?

    2019y07m02d_180239614

    2019年F1世界選手権 第9戦「オーストリアGP」ではホンダに13年ぶりの優勝をプレゼントしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が60周目に1分7秒475を叩き出し「DHL Fastest Lap Award」を獲得!ピットストップでは19周目にウィリアムズのロバート・クビサが2秒02でタイヤ交換を終え「DHL Fastest Pit Stop Award」を獲得しています。

    2019y06m24d_230309253

    ニュルブルクリンクで開催されたFIA WTCR世界ツーリングカーカップ「ドイツ」戦レース1で3番手争いをしていたネストール・ジロラミ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)の走りが「熱い!」「これぞ本当のレースだ!」と人気になっています。もともと多少の接触はお構いなしのツーリングカーレースですが久々にシビレましたねぇ〜www

    2019y06m24d_135120780

    6月23日(日)にスポーツランドSUGOで開催されたスーパーフォーミュラ第3戦「菅生」の決勝レースはチャンピオンの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が終盤のセーフティカー出動後も好調なペースを維持しポールトゥウィンで通算6勝目!予選と決勝の公式ダイジェスト映像です。

    2019y06m21d_205246580

    今週末はF1フランスグランプリということでレッドブルからムービーがドロップ!ポール・リカール・サーキットに向かう途中でヤギに阻まれたレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが呼び寄せたのはWRC世界ラリー選手権6連覇中のセバスチャン・オジェ!シトロエンC3 WRCの助手席に乗せてもらいナビをしながらフランスGPの舞台へと向かいます。

    8F0F1590-898B-442E-8393-E2D2FBD5EA53

    富山県魚津市上村木2丁目の県道135号線「相ノ木交差点」で危機一髪!ホンダ・フィット3が滑川方面に進行中、青信号で交差点に進入すると横断歩道を歩く男の姿が!なんとか接触せずにすみましたが男がブチキレ!!愛車を叩かれ文句を言われちゃいました。「これは私悪いでしょうか・・・警察に連絡しなくてよかったでしょうか・・・」と不安になってしまう運転手でした。

    77AA8CDD-9028-4123-9375-EBB88DBCB5C5

    見通しの良い片側1車線道路で対向車のスズキ・エブリイに特攻をくらったホンダ・フィットのドラレコです。これはどうすれば事故を避けられた!?相手が逆走しだすタイミング的にも道幅的にも逃げ場がないように見えます…エブリイは「反対車線から前車を追い越そうとした」そうで、被害者は頚部打撲、腰部打撲、外傷性肺挫傷、外傷性気胸、胸骨剥離骨折で全治1ヶ月。

    2019y05m28d_210105994

    シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)がインディ500初勝利をとげた2019年NTTインディカー・シリーズ第6戦「第103回インディアナポリス500マイルレース」の公式30分ダイジェスト!終盤に繰り広げられたアレクサンダー・ロッシと佐藤琢磨をまじえた攻防は激熱でした。

    2019y05m18d_214928488

    インディアナポリスモータースピードウェイのロードコースで開催された2019年NTTインディカー・シリーズ第5戦「インディグランプリ」の30分ダイジェスト「FAST FORWARD」が公開されています。決勝は8番手スタートのシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が終盤に2番手に浮上すると残り2周で首位のディクソンをオーバーテイクしトップでチェッカー!

    2019y05m16d_201438867

    2020年にオランダのザントフォールト・サーキットでF1世界選手権の開催が決定しました。オランダ・グランプリが復活するのは1985年以来ですが、オランダ出身のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチームメイトのピエール・ガスリーが今週末ザントフォールトでデモランを行うそうです。そんな訳でレッドブルから去年のイベントの車載映像が公開!

    2019y05m16d_193535121

    2019年NTTインディカー・シリーズ第6戦「第103回インディ500マイルレース」のプラクティス走行で昨年に続きインディ500に出場するフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・レーシング)とルーキーのフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)がコンクリートウォールの餌食になっちゃいました。公式やNBCから公開されたそのクラッシュシーンです。

    2019y04m29d_200122329

    4月26~28日にかけてハンガロリンクで開催されたFIA ワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)「レース・オブ・ハンガリー」の公式ハイライト映像をピックアップ!ALL-INKL.COMミュニッヒ・モータースポーツのネストール・ジロラミ(ホンダ・シビック タイプR TCR)がレース1で初優勝をあげると、レース2ではスタート前の雨を味方につけ6番スタートから1周目の終わりにはトップに浮上、そのまま2連勝を達成。これでホンダ陣営は今シーズン6レースで3勝目!

    2019y05m02d_150801073

    「創意工夫」をモットーに「世田谷ベース」で活動している所ジョージが、総務雄一郎に植物の鉢植えをプレゼント。乗ってきたスーパーカブに載せてなんとか持ち帰らせようと試行錯誤します。ようは所さんがカブに植木鉢をくくりつけてるだけですwww 所さんがYouTubeにでるとこんなのばっかwwww 「総務雄一郎となになに」から公開。

    2019y05m05d_192056364

    富士スピードウェイで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 FUJI GT 500km RACE」の公式ダイジェスト映像です。大雨によるセーフティカー導入や赤旗中断など混乱のレースを制したのは自力でライバルを追い越しトップに立った立川祐路/石浦宏明 #38 ZENT CERUMO LC500でした。富士で2年ぶりに表彰台の頂点を獲得!

    このページのトップヘ