マクラーレン

    2017y03m18d_115601033

    富士の裾野の広大な敷地に全長4,563mのレーシングコースを構える富士スピードウェイは、2016年に50周年を迎えました。60年代には「第3回日本グランプリ」を開催し大観衆を集め、70年代には「富士グラチャン」や、日本初となる「F1世界選手権」を、80年代にはグループCカーによる「世界耐久選手権」を開催し日本のモータースポーツ発展に寄与してきました。そんな伝統あるサーキットが2017年3月「富士スピードウェイ50周年記念感謝祭 Fuji Wonderland Fes!」を開催。そのイベントのひとつで1970年代のF1マシンが集結しデモ走行を行いました。ロータス77、マクラーレンM23、フェラーリ312T2、ウルフWR/1/2/3、コジマKE007、マキF101…特にロータスは76年のF1日本初開催のレースでマリオ・アンドレッティがポールトゥウィンをきめたマシンそのものだそうです(シャシーナンバー77-1)。

    2017y03m10d_200214848

    F1合同テストを終えたフェルナンド・アロンソに、パワーがないと言われてしまったホンダの2017年型パワーユニット。マクラーレンの車体側にも問題が発覚との噂(ハーネスまわり)があがるなど、ロクにテストを出来ないまま開幕戦を迎えることになります。そんなマクラーレン・ホンダ「MCL32」ですが、昨年のマシン「MP4/31」とパワーユニットの音を比較する趣旨の動画があったのでチェックしてみてはいかが?有名なF1ジャーナリストの「ストレートで死んでいるような音に聞こえる」なんて発言もネットにでてましたが…ぶっちゃけそこまで変わらない!?若干回ってない感じはするけど。。ちゃんとしたモニタースピーカーで聴いたらもっと違いがわかるのかしら?

    2017y03m01d_010909271

    スペイン・バルセロナにて、多くのファンが見守るなか始まったF1オフシーズンテスト。17年型マシンによる初の合同テストですが、カタルニアサーキットを駆け抜ける姿を現地のファンが収めています。「Sky Sports」の中継とはまた違った臨場感がありますね。気になるマクラーレン・ホンダですが連日のトラブルに泣いていて、オートスポーツによると初日のは「オイルタンク内のオイルが偏らないようにする板状のパーツの配置がうまくなく、Gがかかった時にオイルが吸えない」トラブルのようです。そんな状況でもアロンソがピットへ戻ってくると拍手がわくバルセロナ。はやく良くなってほしいなぁ…

    2017y02m23d_141339949

    カッコイイなぁ(*´ェ`*) グッドウッド第75回メンバーズミーティングで、1982年のF1世界選手権でコンストラクターズランキング2位を獲得したマクラーレン「MP4/1B」が走行しました。その時の激走シーンが公開されています。ジョンバーナードが設計したF1初となるフルカーボンモノコック採用のウィングカー(グランドエフェクトカー)。エンジンはコンパクトでウィングカーに最適といわれたフォード・コスワース製の3L V8 DFV。82年は#7ジョン・ワトソンと#8ニキ・ラウダで4勝を挙げています。この年、ジル・ヴィルヌーヴの事故死をはじめ、ディディエ・ピローニの宙を舞う大事故など、危険なクラッシュが相次ぎ、強力なダウンフォースを得るグランドエフェクトカーは終焉を迎えました。

    2017y02m18d_133812043

    ル・マン24時間レースで優勝したマクラーレン「F1 GTR」の究極の進化系という1997年型「F1 GTR ロングテール」。その「ロングテール」の名前を引き継ぐマクラーレン「675 LT」はどれほど速いの!?マクラーレン「P1」のサーキット仕様車「P1 GTR」と車載映像を比較してみた。ちなみにこの「675 LT」とは「650S」からさらに馬力アップし、軽量化、ダウンフォース50%増などを施したスーパーシリーズ最上位モデルで、当然ながら公道も走れるのです。

    2017y01m10d_174147126

    2016年10月10日にツインリンクもてぎで行われた走行確認テストの模様をおさめた動画が、ホンダ公式と「バイク動画 MotoBasic」から公開されています。第二期ホンダF1の代名詞のひとつ「ホンダv12サウンド」を奏でるマクラーレン「MP4/6」。V12エンジンは前年のV10より5.5kgも軽量化がはかられたうえパワーアップ!この#2のマシンはゲルハルト・ベルガーが1991年の鈴鹿・日本グランプリでセナに譲られるかたちで優勝したときの個体だそうです(セナは日本GPでチャンピオン獲得)。ちなみにテストドライブしているのはホンダワークスライダーとして活躍した宮城光。

    2016y10m19d_210227197

    こんなアグレッシブに炎を吹く高級車を手に入れたら一度はやっちゃうかもしれないタバコの着火方。できれば口にくわえたままマフラーの排気口に近づけてファイヤーしたいですね。3千万円するマクラーレンで点けたタバコはさぞ美味いんだろぅ。

    2016y10m25d_201804996

    1976年のF1世界選手権のドライバーズタイトル争いは最終戦の富士スピードウェイまでもつれ込みました。決勝ではポイントリーダーのニキ・ラウダ(フェラーリ)が悪天候のためレースを途中棄権。ウェットレースを走りぬき3位でゴールしたジェームス・ハント(マクラーレン・フォード)が逆転でタイトルを獲得しました。F1日本GP初開催でもあったこのレースから40年。マクラーレンから現在の富士スピードウェイを映したビデオが公開…あれ?当時のF1は30度バンクを走ってないんじゃなかったwwww

    2016y09m26d_194823416

    ホンダの歴史的マシンが収蔵される「ホンダ・コレクションホール」に動態保存されているマシンを実際に走らせる走行確認テストのビデオです。1995年のル・マン24時間レースで日本車初となるGT-2クラス優勝(総合8位)を飾ったチーム国光(ドライバーは高橋国光/土屋圭市/飯田章)のホンダ「NSX」。1991年のF1世界選手権でドライバーズ/コンストラクターズのダブルタイトルを獲得した、マクラーレン・ホンダ「MP4/6」(日本グランプリで優勝したNo.2ゲルハルト・ベルガー車)の2本です。

    2016y09m21d_175244910

    アロンソの故郷オビエドにあるフェルナンド・アロンソ・カートサーキットにて豪華な面子によるカートバトルが開催。90年代にF1デビューしたミカ・ハッキネンとデビッド・クルサード。次世代2000年代にデビューしたジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソ。そして2017年にマクラーレンからのF1デビューが決定している新世代レーサーのストフェル・バンドーン。さて、勝ったのは誰?!エッソ関連のイベントだったそうで2ヶ月程前に公開された映像です。

    02)

    おー、ホンダが昔から愛用するワインレッドだと落ち着いててナイス!マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーで2016年はスーパーフォーミュラへ参戦しているストフェル・バンドーンが、ポルトガルのエストリルサーキットでホンダの新型「NSX」を試乗するビデオです。

    12)

    「グッドウッドFOS 2016」で催された、名だたるスーパーカー達によるタイムアタック合戦の様子です。日産「GT-R」はヤン・マーデンボローが59.76をたたき出し2位!ポルシェ「911ターボ」の57.63には及ばず。それでもライバルの販売価格を考えると相変わらずコスパ高い活躍じゃないのwwww

    2016y07m03d_010045696

    2016年のグッドウッドヒルクライムは「Gobstopper II」と命名されたスバル・インプレッサが46.29秒のレーシング部門最速タイムを叩き出し総合V!その時のアタックラップとレーシング部門各車アタックの様子をハイライトした公式ビデオです。こんなヒルクライム仕様のWRXと競ったサーキット専用のマクラーレン「P1」もヤバくない!?コース幅狭いのにな。インプレッサのドライバーはオリー・クラーク、P1はケニー・ブラックでした。1時間のビデオ。

    2016y07m02d_001422673

    43歳で1億円もするマクラーレン「P1」をつかみ取った日本人弁護士の男がマクラーレン公式ビデオで取り上げられていたのでご紹介。平松剛法律事務所のHPによると「早稲田大学法学部卒業。営業、保険、通信などの様々な職を経るとともに、ラグビー、ムエタイ、総合格闘技などの競技経験を有する異色の法律家。」という平松さん。動画では「P1」との日々の過ごし方が紹介されています。首都高、大黒ふ頭、箱根ターンパイク、富士スピードウェイ!人生を謳歌!

    28)

    ホンダのV12サウンドが吠える!やっぱりF1といえばこの時代の甲高い音がしっくりくるかも。アイルトン・セナが1991年のF1モナコGPで優勝した時に乗っていたマクラーレン・ホンダ「MP4/6」が昨年のグッドウッドに登場。公式から新たに公開されたオンボードビデオです。セナのマシンでヒルクライムコースを駆け抜けるのは2009年F1王者のジェンソン・バトン。狭いコースだけど4速くらいまで入れてる!?あっという間にゴール。

    2016y05m27d_013356159

    1966年5月22日のモナコGPでF1世界選手権デビューを果たしたマクラーレンが参戦50周年を迎えヒストリックムービーを公開!初優勝マシン「M7A」、Can-Amマシン「M8B」。ブルース・マクラーレンの死去を乗り越え、1974年に初のドライバー、コンストラクターズ両タイトルを獲得した「M23」。そして圧倒的な強さを誇ったマクラーレン・ホンダ「MP4/4」など忘れられないマシンばかりが登場!世界最高峰レースの第一線でずーっと活躍するって凄すぎる!

    2016y04m25d_233959103

    昔の玩具で車輪を回すとこんな火花を散らすミニカーがあったっけ…ブランパンGTシリーズ・スプリントカップ開幕戦ミサノでのハプニング。ドラゴン花火みたくマフラーから火花散らしておいてトップ10フィニッシュしたんだからビックリwww 一体どんなトリックなの!?排気口が上の方だし後ろのドライバーにとっては目眩しな嫌がらせだよ…ちなみにこの650Sは決勝で順位を上げ総合4位フィニッシュ!

    2016y03m21d_214900418

    「シャンドン」はスパークリングワインのブランド名というワケでチキチキレースの舞台はワイナリー畑。さすが負けず嫌いなF1ドライバー、相手に勝とうと手を変え品を変え追いかけっこ。これ農作業用のビッグレッドを運転するアロンソとCRFのバトンが妙にムチムチなんだけど気になるなーwww

    2016y03m21d_022111290

    2016年F1グランプリの開幕戦メルボルンで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがハースのエステバン・グティエレスに乗り上げる形で接触して大クラッシュ!逆さまの状態でランオフエリアのウォールに激突。幸いドライバーには怪我はなく赤旗中断後にレースは再開、メルセデスF1のロズベルグが優勝。

    46)

    動画タイトルを意訳すると「一般国民は一生運転できないであろうスーパーカー」って事だよねwwwウアイラ、アゲーラR、ヴェイロン…こんなの上級国民様ですらトップグループに所属していないと無理そうだけど。ビートたけしはヴェイロン買ったんだっけ!?日本だと北野武監督レベルの成功者のみが持てる車のコンピレーションです。サムネイルはお値段340万ドル(約3億9千万円)のアラブ産スーパーカー「Wモーターズ・ライカン ハイパースポーツ」。

    このページのトップヘ