ラウダ

    2017y05m17d_094556003

    米ロサンゼルスにオフィスを構えるモータースポーツ系ネットメディア「Donut Media」が史上最高のレーシングムービーTOP10を選出!アメリカのメディアだし、一位はやっぱしNASCARレーサーを演じたトム・クルーズの「デイズ・オブ・サンダー」かスティーブ・マックイーンの「栄光のル・マン」?それともポール・ニューマン?インディカー(CART)でノーヘル暴走のスタローンもおるし、ウィル・フェレルのレーシングコメディもありえるなぁ…と思ったら、案外納得のランク付けでした。みなさんは全部観た?サムネイルは1995年の映画「デッドヒート」のジャッキー・チェンにしました。ジャッキー史上最高のB級映画でしたwww

    2017y02m23d_141339949

    カッコイイなぁ(*´ェ`*) グッドウッド第75回メンバーズミーティングで、1982年のF1世界選手権でコンストラクターズランキング2位を獲得したマクラーレン「MP4/1B」が走行しました。その時の激走シーンが公開されています。ジョンバーナードが設計したF1初となるフルカーボンモノコック採用のウィングカー(グランドエフェクトカー)。エンジンはコンパクトでウィングカーに最適といわれたフォード・コスワース製の3L V8 DFV。82年は#7ジョン・ワトソンと#8ニキ・ラウダで4勝を挙げています。この年、ジル・ヴィルヌーヴの事故死をはじめ、ディディエ・ピローニの宙を舞う大事故など、危険なクラッシュが相次ぎ、強力なダウンフォースを得るグランドエフェクトカーは終焉を迎えました。

    2016y10m25d_201804996

    1976年のF1世界選手権のドライバーズタイトル争いは最終戦の富士スピードウェイまでもつれ込みました。決勝ではポイントリーダーのニキ・ラウダ(フェラーリ)が悪天候のためレースを途中棄権。ウェットレースを走りぬき3位でゴールしたジェームス・ハント(マクラーレン・フォード)が逆転でタイトルを獲得しました。F1日本GP初開催でもあったこのレースから40年。マクラーレンから現在の富士スピードウェイを映したビデオが公開…あれ?当時のF1は30度バンクを走ってないんじゃなかったwwww

    15)

    フォーミュラE「シーズン3」が今週末に香港で開幕(9日決勝)!昨シーズンのセバスチャン・ブエミとルーカス・ディ・グラッシによるチャンピオン争いと最終戦での接触はセナ・プロ対決を思い出した人も多いはず…そんなフォーミュラEからモータースポーツ史で語り継がれる「がちんこライバル」トップ5が公開!サムネイルは動画冒頭で紹介される70s'F1のライバル「ハント&ラウダ」にしました。ちなみに1位はもちろんセナとプロスト。では2~4位は誰!?

    2015y06m22d_004834660

    いや〜懐かしい。3人のチャンピオンを含む昔の個性派ドライバー達が2015年F1オーストリアGPのレジェンドパレードでクラシックF1カーをドライブ。地元出身のラウダとベルガーに加え、ピケとプロスト、アレジ、パトレーゼ、ダナー、もう一人はマルティニかな?マンセルがいないねwほとんどが日本がF1ブームに沸いてた頃に活躍したドライバー、でもみんな白髪になちゃった…時の流れを感じるけど、記念撮影でのピケの不意打ちワロタwww

    このページのトップヘ