ランエボ

    2019y04m23d_161327065

    4月12日(金)〜14日(日)に佐賀県唐津市を舞台に行われた2019年 全日本ラリー選手権(JRC) 第3戦 「ツール・ド・九州2019 in 唐津」の公式ダイジェスト映像!総距離335.82kmのターマックイベントを制したのは奴田原文雄/佐藤忠宜の三菱ランサーエボリューション召任靴拭レグ2終盤のウェット路面でも速さをみせ35.2秒差をつけて今シーズン初勝利!

    2019y03m03d_103750433

    2月23日に行われたチューニングカーによるタイムアタック大会「GOODRIDE presents
    Attack Tsukuba 2019」をVIDEO OPTIONがレポート!G-FORCE EVO(谷口信輝)、ENDLESS ADVAN RX-7(島谷篤史 )、AutoBahn 常陽不動産 JZZ30 (坂東邦彦)、ESCORT Evo9(ファイヤー安藤)の走りが紹介されています。

    2018y11m13d_170334125

    谷口信輝が4WDのランエボでドリフトに挑戦!!「ドリ天 Vol 100」収録の企画がDRIFT STATIONから公開されています。どんなマシンでも器用に乗りこなす谷口さんですが、乗りなれたシルビアや86などFR車とは違う挙動に苦戦しちゃいます…なかなか珍しい光景ではないでしょーかww ドラえもんヘルメットのオーナーちょっと上手すぎやろwww

    2018y11m06d_174910946

    10月12-13日にオーストラリア・シドニーモータースポーツパーク(イースタンクリークレースウェイ)で開催されたワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)の1時間ダイジェストです。世界各地より集まったチューニングカー世界最速決定戦には今年も日本のトップアタッカーが参戦会場を盛り上げたようです。動画49分03秒のアンダー鈴木のミラクルターンにシビレたwww さらに谷口信輝もHKSの86「TRB-03」でデモアタックを披露!(18分35秒から)

    2018y10m25d_210928731

    オーストラリア・シドニーで開催されたワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)の車載映像集が公開されています。台風の影響などでマシンが到着するのが遅れ日本勢はほぼぶっつけ本番になった2018年大会ですが、注目のデモンストレーションアタックをおこなった谷口信輝のHKS TRB-03もマシントラブルがでてしまったようでベストタイムは1分26秒260でした。

    2018y06m14d_224742205

    第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム開催まであと少し(6月24日)!という事で過去の衝撃クラッシュ集をピックアップ!!殿堂入りの2012年フォーリー(ランエボ)のクラッシュをサムネイルにしましたが、動画の初っぱな、アタック中のローブの前を横切る観客と、1400馬力のマシンでコーナーを直進したダレンバックの事故が恐ろしすぎる…

    2018y05m19d_155049027

    "年取った伊沢"のFD2が速すぎるwww サーキットにより駆動方式の違うホンダ・シビック タイプR(FD2)、日産・フェアレディZ Version ST、三菱・ランサーエボリューションX GSR、ロータス・エリーゼのレースの結果は違うのか!?袖ヶ浦フォレストレースウェイと筑波サーキットで検証してみたベストモータリング2011年2月号のビデオです。

    スクリーンショット(2018-05-18 18.57.35)

    レース中にコースアウトしたランエボが次のコーナーでクラッシュしちゃうビデオ。リアタイヤから白煙をあげスピン!後方からタイヤバリアに激突横転!!ランエボは大破しました。最終コーナーのスピンも様子がおかしいんだし、1コーナーも慎重に走ればよかったのに。。。

    2018y04m04d_102558449

    2018年2月24日に筑波サーキットで開催されたチューンドカー最速決定戦「ATTACK」。その模様を取材した「VIDEO OPTION」の公式ビデオが公開されました。このイベントで最速タイムをたたき出したのは関西からやってきたファイヤー安藤VivaC Evo9!タイムアタック職人谷口信輝がGフォース エボで数日前にだした52秒391をブレイクしてランエボ最速に君臨!!

    2018y03m12d_170029242

    オーストラリア・ニューサウスウェル州イースタンクリーク・レースウェイで開催されたチューニングカーイベント「ワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)2010」で世界最速に挑戦した「Cyber Evo」とラーマン山田。トラブルから現地調達したヘッドについていたバルブが規定より小さく、なんと当日組直し!ほぼぶっつけ本番でのアタックとなりました。

    2018y02m08d_133310479

    2007年10月6日 福島県エビスサーキットで開催された「第3回 ORCドリフトドリームマッチ」に06年全日本ラリー王者の奴田原文雄と、07年PCWRC王者の新井敏弘が参加。その時のドリ天 Vol 43のビデオが公開されました。最後のデモランでは危険なジャンプ台でフロントが…

    2017y11m29d_010022697

    「VIDEO OPTION」から「ラーマン山田の人体実験」シリーズの風洞実験編が公開されています。毎回フザケた企画ですがこの回は案外まじめ!筑波54秒台を連発するチューニングカー「サイバーエボ号」のエアロを科学しますが、やっぱりラーマンもいっしょに風洞へwww

    2017y10m24d_010806453

    1999年の世界ラリー選手権(WRC)で2年連続のマニュファクチャラーズチャンピオンと4年連続のドライバーズチャンピオンを獲得すべく開発された「ランサーエボリューションVI
    Gr.A」。その斬定仕様車両が開幕前に日本でおこなったデモランの様子!

    2017y10m24d_182554485

    発売そうそう痛車ブームがおきている「グランツーリスモSPORT」。その制作風景をざっとみれる動画が人気になっていたのでピックアップしました。これだけのクオリティをだすには慣れている人でも6時間かかるらしい…

    2017y05m04d_094517607

    佐賀県の桜の花弁舞う中開催された全日本ラリー選手権第2戦「ツール・ド・九州2017 in 唐津」、愛媛県の新緑香る第3戦「久万高原ラリー」、福井県に移動し初夏のターマックラリー第4戦「若狭ラリー2017」。JRC公式とSUBARU公式のダイジェスト映像をピックアップしました。第2戦を制したのはやっぱりこの男、ミスター唐津、勝田範彦(スバル WRX STI)でした。なんと唐津連勝記録を12にのばすwww 第3戦は奴田原文雄の三菱ランサーエボリューション召今シーズン初優勝、第4戦はまたまた来ましたランエボ! 福永修が最高峰クラスで初優勝しています。

    2017y05m15d_163632212

    マレーシアの峠でランエボを追う車載映像が人気になっていました。場所はクアラルンプールから北東へ向かうとあるカジノリゾート「ゲンティンハイランド」につながる峠道だそうです。片側2車線(部分的に3車線)の峠とか走り屋は大喜びだなぁww と思ったら一般の車が結構いるじゃん!単車とかを巻き込みそうで怖いけどお構いなしに攻略していきます。

    2017y03m22d_015208013

    前に「AE86とシビックの市街地レースでのバトルが熱い」と動画を紹介しましたが、その時のオンボード映像を見つけたのでご紹介。ドライバーのジョーダン・コックス本人と思われるアカウントから公開されています。ブレーキペダルはその時の使い方に応じて左右どちらでもいける近代的スタイル。レースは市販車を改造したマシンで行われるのですが、このEG型シビックはホンダのB型エンジンを改良した「b20vtec」を搭載しているようです。対するAE86カローラレビンはトヨタ自動車に供給されたヤマハの「3S-GTE」エンジンにスワップ。ノーマルの1.6L対決ならぬ2.0L対決になっています。レースは2L以下クラスのこの2台がフロントローでしたがホールショットを奪ったのは2Lオーバークラスのランエボ(EVO8)。シビックはストレートは離されるもののブレーキングとコーナリングでの詰めっぷりが凄いwww EVO8を攻略後は一人旅になりますが終盤でハチロクに追いぬかれ熱いバトルに!(9分過ぎから)

    2017y02m09d_135349462

    2008年2月号収録の「EVO10 & GRB登場!! 宿命の対決 ランエボ vs.インプレッサ 」がベストモータリングから公開されています。2007年に発売された、三菱「ランサーエボリューションX」と、スバル「インプレッサWRX STI」を、ゼロヨン対決、ワインディングでのチェック、そして筑波サーキット5周バトルで徹底比較。井出さんが担当したワインディングではS2000タイプSやアウディTTクーペも登場します。出演ドライバー:服部尚貴、井出有治、土屋圭市、木下隆之、荒聖治。ロケーション:修善寺サイクルスポーツセンター / 筑波サーキット。

    2017y01m28d_124255052

    この勝ち方はどうなのwww チューンド東西決戦第3戦は織戸学がお休みで、チーム東の土屋圭市、飯田 章とチーム西の脇阪寿一、伊藤大輔による対決になりました。これまで自然吸気の乱、過給器の乱、と争ってきて結果は五分五分。そこで今回は「エボ軍団の乱」ということでインプレッサとランエボで筑波サーキット5周バトル!2006年発売のホットバージョンvol.82より。出場マシン:東GALLERY LANCER EVO 6、AUTO PRODUCE BOSS IMPREZA。西ORIGINAL RUNDUCE LANCER EVO 9、AQUA IMPREZA。

    2017y01m15d_134141014

    WRC開幕間近ということで「ベストモータリング」からもラリーネタのビデオが公開されたので紹介します。6代目の三菱「ランサー・エボリューション」は1999年にデビュー。その年のモンテカルロラリーで優勝したトミ・マキネンのセッティングをWRカーテスト車両に施し、中谷明彦が筑波サーキットを走らせてみた企画。マキネンはこのマシンに対してリクエストは殆ど無かったそうですが、車の出来も良いし、ドライバーも器用だったということですかね。最後の「EVO VI」と「国産最速マシン」のバトルでは中谷明彦のランエボがスライドするほどの熱いバトルが…!?!?その他、エボ5との徹底比較など3本の動画です。

    このページのトップヘ