レクサス

    2017y05m10d_153644209

    5月3-4日に、富士スピードウェイで開催された2017年「SUPER GT」第2戦。レクサス陣営は立川祐路/石浦宏明組#38(ZENT CERUMO LC500)がポール・トゥ・ウィンをキメ今季初優勝。大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組#6、平川亮/ニック・キャシディ組#37と続き、LEXUS LC500が開幕から2戦連続で表彰台を独占しました。レクサスは2013年の第6戦以来となる“ホーム”富士での優勝。ちなみに、GT300でも#51「JMS P.MU LMcorsa RC F GT3」が優勝しています。次戦は5月20日・21日に大分県のオートポリスで開催。

    2017y04m17d_025127086

    岡山国際サーキットで開催された2017年スーパーGT開幕戦。レクサス陣営は「LEXUS LC500」のデビュー戦で優勝、トップ6独占という圧倒的な速さをみせました。「TOYOTA GAZOO Racing」からは、ダイジェスト映像が公開されています。大荒れのレースを勝ち抜いたのは、#6 WAKO'S 4CR LC500との激しいバトルを制した平川亮/ニック・キャシディ組の#37 KeePer TOM'S LC500でした。3位は昨年王者の#1 DENSO KOBELCO SARD LC500。今後もレクサスの優位は続くの!?

    2017y03m22d_223216632

    2017年からレッドブルアスリートとなった平川亮。今季、彼の乗るSUPER GTのGT500クラス#37「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」のマシンには「Red Bull」のロゴがサイドやリヤに大胆に入れられています。そのマシンのカラーリング発表を兼ねたムービーがレッドブルから公開。昭和の日本独自のクルマ文化であるデコトラと街道レーサーと共に登場する最新レーシングカー「レクサスLC500」の姿。チームメイトはニュージーランド人のニック・キャシディ。関谷正徳が監督をつとめます。オフシーズンのテストでも調子良さげですね。

    2017y03m21d_035917182

    2017年WSCC第2戦「第65回セブリング12時間レース」は、なんと開幕戦に続き好調だったキャデラックDPi-V.R. が表彰台を独占!優勝はWTRの#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」で開幕2連勝。AXRの2台が続きキャデラックが強さをみせています。GTLMクラスは#7コルベットC7.Rが優勝。日本勢はマツダDPi「RT24-P」の#55が総合29位。#70はブレーキトラブルでクラッシュ、その後復帰するもサスにクラックが見つかりリタイア。GTDクラスのアキュラNSX GT3は#86がクラス8位、#93が同14位。レクサスRC F GT3は#15がクラス13位、#14が同18位でした。パドックやコース脇から撮影した臨場感あふれる映像と公式フルレース映像です。

    IMG_6615

    「岡山国際サーキットファン感謝デー 2017」にて行われているスーパーGT公式テスト。お昼のピットウォークで新型マシンを間近で映したビデオがあったので紹介します。GT500車両をはじめ、埼玉トヨペットのマークX MC、テラモト・ベントレーコンチネンタルGT3のGT300新規参入組からエバ号、ミク号の人気マシンまで注目のニューマシン達が映っています。ちなみに初日の18日土曜日は午前が#37KeePer TOM’S LC500を筆頭にレクサスがトップ6独占、午後も#1DENSO KOBELCO SARD LC500が王者の貫禄でトップタイムだすなどレクサス勢が好調のようです。走行シーンもちょっぴりあります。

    2017y01m30d_060851702

    第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」決勝が行われ、3番手からスタートしたジェフ・ゴードン組#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」が優勝。残り7分でおきたトップ2台による接触で順位が入れ替わる波乱があったものの、14年ぶりにシリーズ復帰を果たしたキャデラックが1-2フィニッシュを果たしました。GTLMは#66フォードGTが優勝。期待された日本車勢はマツダ#55が40位、#70はリタイア。アキュラ「NSX GT3」#86がGTDクラス5位、#93がGTDクラス11位。レクサス「RC F GT3」は#14が序盤でウォールへクラッシュ脱落、#15がGTDクラス14位と渋い結果に。ハイライト映像やクラッシュシーンなどをピックアップしました。

    2017y01m27d_144032640

    2017年のデイトナ24時間耐久レース「ROLEX24」。最高峰のPクラスはマツダ「RT-24P」や、リジェ・ニッサン、キャデラック、そしてギブソンエンジン搭載のLMP2勢が参戦。昨年はコルベットが1-2フィニッシュを飾ったGTLMクラスは、コルベットの他、ポルシェが911RSRをデビューさせ、フォード、BMW、フェラーリがエントリーする激戦区。GTDクラスにはレクサス「RC F GT3」やアキュラ「NSX GT3」が参戦し注目されます。26日に行われた予選ではシリーズ復帰を果たした5号車キャデラックDPi-V.Rがポールポジションを獲得。日本勢はマツダが9、10番手、アキュラがクラス7、9番手、レクサスはクラス13、20番手からのスタートが決定しました。IMSA公式から公開された予選映像1時間40分!

    2017y01m26d_161713984

    2017年、「LEXUS RC F GT3」が日本のスーパーGT300やアメリカのIMSAなどのGT3カテゴリーへ正式に実戦投入されます。その初陣となるIMSA WSCC開幕戦「ROLEX24」が今週末に決勝をひかえており、「TOYOTA GAZOO Racing」や「LEXUS」からは「RC F GT3」のスペシャルムービーが公開されています。デイトナ24時間レース「ROLEX24」直前テストの映像とともにピックアップ!14号車は大ベテランのスコット・プルエットをエースとしてむかえ、映像からも気合が感じられますね。これは期待せずにはいられない!?

    2017y01m07d_123501301

    IMSAのWSCC開幕戦デイトナ24時間レースへむけた合同直前テストのパドックやコースサイドからのビデオです。今回のテストではカラーリングを施したマシンも多く、日本車勢もニューカラーでの走行だったようです。サムネイルはマツダのソウルレッドをまとった新型デイトナプロト「RT24-P」にしました。注目のレクサスRC F GT3とアキュラNSX GT3、ニッサンGT-RニスモGT3の3.8L V6ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載することで話題となったESMチームの「テキーラ・パトロン・リジェJS P217ニッサン」の姿も。2017年開幕戦「Rolex24」は1月26-29日の日程!

    2016y12m14d_205216906

    安倍総理大臣の車列が高速道路に合流するシーンをとらえた4K動画が最近公開され人気になっていました。安倍首相が乗っているのはカーテンのひかれたレクサスLSですね。囲むように走る警護車3台はSPがハコ乗りになって周囲の一般車両に速度を落とせのジェスチャーww 色々検証した結果このかたちになったのだろうけど、もう少しスマートな方法ないのwww 撮影された3月20日には地下鉄サリン関連の式典があったそうなので、それに参加するためかなぁ。

    2016y12m09d_220404201

    イギリスの女性歌手デュア・リパの「Be The One」のミュージックビデオには、41,999個のLEDをまとったレクサス「LIT IS」が登場するバージョンが存在しますが、レクサスからその特製IS 2017年仕様を紹介するビデオが公開されました。明るさはナント17万5000ルーメンになるんだそうですwww 取り付ける苦労を考えると凄いんだからもう少しよく見せてほしいなぁ(´・ω・`)

    2016y12m10d_122915972

    うp主は口喧嘩で負けそうにないなww 幅寄せをされたと勘違いしたLS乗りがイチャモンをつけようとしたら撃退されてしまう動画、ながらく消されていたのが再アップされました。口論中ずっとキョロキョロしていたというから、うp主の車に付けているレーダー探知機の、パトカーが近づくと鳴るお知らせ音にびびったんだろうなぁww そして警察が来る前に逃走。現場は新宿か。

    2016y12m06d_021714086

    「LEXUS RC F」最後の年となったレクサス陣営の2016年スーパーGTは、ドライバーズ、チームの両タイトルを#39 ヘイキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)が獲得、#6 大嶋 和也/A.カルダレッリ組(WAKO'S 4CR RC F)もランキング2位に入りRC Fが有終の美を飾る。来季からは「LEXUS LC500」で挑むレクサスのシーズンハイライト映像です。

    2016y11m17d_213653179

    「ツインリンクもてぎ」で開催されたスーパーGT第3戦と最終戦のレクサス陣営の闘いを収めたダイジェストが公開されました。地震で中止になった第3戦オートポリス戦の代替レースではトップを走る#24GT-Rに#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fのコバライネンがラスト3周でテール・トゥ・ノーズに持ち込むも惜しくも2位でチェッカー。#36 au TOM'S RC Fが3位。翌日の最終戦ではポイントリーダーとなった#39がポールトゥウィンをキメ、平手晃平/ヘイキ・コバライネンの2016年王者とチームタイトルに輝く。レースは #6 WAKO'S 4CR RC Fが2位、#19 Wedsport ADVAN RC Fが3位、#36、#37と続きレクサスRC Fがトップ5を独占して〆ました。

    2016y11m13d_124115046

    11月12(土)13(日)の2レースで争われた2016年スーパーGT最終戦「もてぎ」。土曜に行われた、地震で中止になった第3戦オートポリス戦の代替レースは、タイヤ無交換作戦を成功させた#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが優勝して今季2勝目。2位には#39レクサスが入りチャンピオンシップ首位に躍り出る。3位に#36レクサス。13(日)の最終戦では、好調の#39 DENSO KOBELCO SARD RC Fがポールポジションから隙の無い走りで今季初優勝を飾りシリーズチャンピオンに輝く。平手晃平は2度目のタイトル。ヘイキ・コバライネンは参戦2年目で初。チームSARDとしてはGT参戦22年目での初栄冠でした。2位は#6、3位に#19でレクサスが表彰台独占で〆。スーパーGT公式から公開されたダイジェスト映像です。

    2016y11m10d_222846680

    2016年11月5日に静岡県袋井市の「ヤマハ袋井テストコース」で8年ぶりに開催された「ヤマハ歴史車両デモ走行会見学会」にて、ヤマハがF1参戦中の1992年に開発した幻のスーパーカー「OX99-11」など、ヤマハが開発に携わった四輪車の走行シーンをおさめたビデオです。もちろんトヨタと共同開発したトヨタ「2000GT」の姿も!「バイク動画 MotoBasic」から公開。

    2016y11m06d_142926931

    10月24、25日にオートポリスで開催されたSUPER GTのメーカーテストは車両規定がかわる2017年仕様のマシンが走行。現地へ足を運んだファン撮影のビデオがいくつか公開されていたのでピックアップしました。ドライ&ウェットというコンディションで、レクサスは「LC500」、日産は「GT-R」、そしてホンダが「NSX-GT」でテスト。

    2016y10m13d_210805197

    タイ・ブリーラムの「チャン・インターナショナル・サーキット」で開催されたスーパーGT第7戦。レクサス勢は唯一、ヨコハマタイヤを履く19号車「WedsSport ADVAN RC F」がポール・トゥ・ウィン。スーパーフォーミュラではチャンピオンシップを争っている関口雄飛と国本雄資の二人はGT500でコンビを組んで7戦目で優勝を手にすることに。3位にも6号車「WAKO'S 4CR」が入り選手権2位に躍進。TOYOTA GAZOO Racing」から公開された公式ダイジェストです。

    2016y09m25d_142608278

    人ん家の駐車場にあまりに堂々と停めててワロタwww 道が狭くて路駐できないことに困ったレクサスが私有地へ迷惑駐車し警察を呼ばれていました。そのビデオ。途中、持ち主らしい四人組が現れるけど会話の内容から手慣れてる感じ。しょっちゅうやっているのかもね…

    39)

    鈴鹿サーキットで8月28日に決勝が行われた2016年SUPER GT第6戦「鈴鹿1000kmレース」。レクサス勢は38号車の立川祐路/石浦宏明組 ZENT CERUMO RC Fが予選の失敗を挽回する走りで今季初優勝。2位には38号車とトップ争いを繰り広げた36号車の伊藤大輔/ニック・キャシディ組 au TOM'S RC Fが入りレクサスの1-2フィニッシュ。その他、6号車が4位、19号車が5位、39号車が8位、37号車はリタイアという結果に。

    このページのトップヘ