レクサス

    2017y11m17d_200524230

    スーパーGTは「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」で王者が決定。ポイントリーダーとして最終戦に挑んだ#37 平川亮/ニック・キャシディ組KeePer TOM'S LC500が2位に入りチャンピオンを勝ち取りました。23歳同士の若い王者が誕生!「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されたダイジェスト映像です。

    2017y11m12d_211409063

    栃木県のツインリンクもてぎで開催されたスーパーGT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」は53周の決勝がおこなわれ、両クラスの王者がついに決定しました。スーパーGT公式ハイライト映像です。

    2017y10m24d_123721356

    10月14日(土)と15日(日)にドイツツーリングカー選手権(DTM)最終戦が開催された「ホッケンハイムリンク」を走ったスーパーGT500車両。SUPER GTとDTM両チャンネルからスペシャルムービーが公開されています。両方イケてるけどGTAはフューチャリング親分って感じ。

    2017y10m19d_135310147

    坂東正明代表(GTA会長)の息子、坂東正敬監督率いるレーシングプロジェクトバンドウから#19「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」のかっこいいムービーが公開!

    2017y10m18d_194641186

    タイのチャン・インターナショナルサーキットで開催されたSUPER GT第7戦「タイ」は、平川亮/ニック・キャシディ組の#37KeePer TOM’S LC500が2位のWAKO’S 4CR LC500に12秒のギャップを作って圧勝のポールトゥウイン、レクサス陣営がワンツーフィニッシュをキメました。「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されたダイジェストムービー。これで最終戦「もてぎ」はトムスとチームルマンの同門対決にニスモが加わり三つ巴のチームタイトル争いへ。

    35)

    ドイツツーリングカー選手権(DTM)最終戦「ホッケンハイム」にスーパーGTの2016年型ニッサンGT-RニスモGT500とレクサスLC500開発車両がお目見え!10月13日は2台のGT500による30分間のテストセッションが行われ、ドイツのファンが見守る前で2L4気筒直噴ターボ“NRE”サウンドが木霊しました。MOTUL AUTECH GT-Rはロニー・クインタレッリ、#093 LC500開発車両にはヘイキ・コバライネンが担当。AUTOSPORT webによると「直後に行われたDTMのフリープラクティス1の最速タイムよりも2秒近く速いタイムが刻まれた様子。」とのこと。さらに14日にはメルセデスAMG C63、BMW M4、アウディRS5の三台のDTMマシンと共にデモランを決行!DTM公式から両日の模様が公開されています。クラス1規定の統一化へ加速!?

    2017y09m17d_231021321

    2010年5月に開催されたニュルブルクリンク24時間レースで#50レクサスLFAがみごとクラス優勝をはたしましたが、もう一台の#51に服部尚貴が乗りこみ富士スピードウェイでアタック、感触をたしかめるビデオがベストモータリングから公開されています。レブリミット7500rpmにおさえられ、シフトスピードも遅らせてある試乗会仕様になっているようですが、荒れた路面で24時間戦いぬくように作られたマシンに感激!?

    2017y09m14d_152338384

    (ll゚Д゚)あまりに突然でブレーキくらいしか為すすべがないなんて…アメリカを騒がせたハリケーン「イルマ」の影響で、前を走っていたレクサスRX300の目のまえに倒木が発生、避ける間もなく衝突してしまった瞬間の車載映像です。木の傾きに気づいても時すでに遅しといった感じで、倒れてきた太い幹にドーン!乗っていた女性の無事は確認されていますが、ムチ打ちにはなってるかも。ジョージア州グリフィンでの衝撃の瞬間でした。

    2017y08m18d_212620298

    ワロッタちょっと強引なだけなのにww タイトル次第でこんなに伸びるもんなんですねwww 8月15日に安倍首相の警護車列が、首都高「代官町料金所」から本線へ合流する動画。それに酷いタイトルをつけたツイートが、この記事を書いている現時点で12,200リツイートされる人気になっています。総理大臣専用車両「レクサス LS600h」に、箱乗りSP用のLSが3台とマジェスタのハイヤーによるフォーメーション。毎回こんな強引な合流にもかかわらず、事故のニュースはあまり聞きませんね。数年前にマジェスタが廃車になっていたけど…

    2017y08m10d_152840663

    リュック・ベッソン監督が20年ぶりに手掛けたSF作品「VALERIAN AND THE CITY OF A THOUSAND PLANETS」に登場する一人乗り宇宙船をレクサスがデザイン。「SKYJET」と名付けられた船体は、Lexusのアイコンとスピンドルグリルが特徴的で、イルカのようなデザインの宇宙船に仕上がっています。公式から公開された360°ビデオ。ちなみに、WIREDの記事によると「映画自体は興行収入も評価も散々な結果に終わったが、本作は人々が時間をかけて見続ける作品になるーかもしれない。」だそう。日本公開予定は2018年です。

    2017y08m10d_135734544

    8月6日(日)、SUPER GT第5戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、開幕から4連勝中のLEXUS LC500勢は重いウェイトハンデや燃料リストリクターの影響で苦戦を強いられながらも奮闘、#23 MOTUL AUTECH GT-Rと熱いバトルを繰り広げるなど、立川祐路/石浦宏明組 #38 ZENT CERUMO LC500 が3位表彰台を獲得しました。中嶋一貴/ジェームス・ロシター組 #36 au TOM'S LC500 が4位フィニッシュで、ロシターがランキング首位に浮上!LEXUS陣営は6台全車がトップ10フィニッシュでした。TOYOTA GAZOO Racing公式映像です。

    2017y07m29d_023606403

    「SUPER GT Rd.4 SUGO」レクサス陣営は、ディフェンディング王者のヘイキ・コバライネン/平手 晃平組 #1 DENSO KOBELCO SARD LC500が今季初優勝!GT300植毛GT-Rのクラッシュで魔法のようなタイミングのセーフティカー導入を引き寄せトップにたつと、ファイナルラップでは#46 S Road MOLA GT-Rと激闘、同時コースアウトから接触しながらの復帰バトルはスーパーGTの歴史に残る名勝負となりました。コバライネンの表情がプライスレス!#6 WAKO’S 4CR LC500も3位に入り好調を維持。これでレクサス陣営は開幕から4連勝です。

    2017y06m03d_131525290

    「TOYOTA GAZOO Racing」は、2017年のニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスRC」を投入。井口卓人、松井孝允、蒲生尚弥、矢吹久の4名のドライバーと共に、SP3Tクラスに挑みました。長丁場のレースではクラス2番手からスタート。他車と接触するトラブルもあったものの、カナードの交換とボディサイドの修復だけで大事には至らず。ナイトセッションも順調にクリアすると、終盤に降った雨により余計なピットインを余儀なくされるも、無事に24時間を走り切りクラス2位でゴールしました。「TOYOTA GAZOO Racing」から公開されているダイジェストムービーです。

    2017y05m26d_203936635

    2年ぶりにオートポリスでの開催となったSUPER GT第3戦、レクサス陣営は接触が多発する白熱した戦いを展開、2台のレクサスLC500によるトップ争いも、まさかの同士討ちで決着がつきました。優勝したのは、51周目に#1 DENSO KOBELCO SARDの平手晃平と接触し生き残った#36 au TOM'Sの中嶋一貴/ジェームス・ロシターでした。LEXUSは開幕3連勝。#1はチャンピオンシップで痛手となるリタイア。その他のチームは、表彰台をかけて争っていた#6が接触で後退、#37が6位、#19が8位、#38が10位となっています。「TOYOTA GAZOO Racing」公式映像です。

    2017y05m10d_153644209

    5月3-4日に、富士スピードウェイで開催された2017年「SUPER GT」第2戦。レクサス陣営は立川祐路/石浦宏明組#38(ZENT CERUMO LC500)がポール・トゥ・ウィンをキメ今季初優勝。大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組#6、平川亮/ニック・キャシディ組#37と続き、LEXUS LC500が開幕から2戦連続で表彰台を独占しました。レクサスは2013年の第6戦以来となる“ホーム”富士での優勝。ちなみに、GT300でも#51「JMS P.MU LMcorsa RC F GT3」が優勝しています。次戦は5月20日・21日に大分県のオートポリスで開催。

    2017y04m17d_025127086

    岡山国際サーキットで開催された2017年スーパーGT開幕戦。レクサス陣営は「LEXUS LC500」のデビュー戦で優勝、トップ6独占という圧倒的な速さをみせました。「TOYOTA GAZOO Racing」からは、ダイジェスト映像が公開されています。大荒れのレースを勝ち抜いたのは、#6 WAKO'S 4CR LC500との激しいバトルを制した平川亮/ニック・キャシディ組の#37 KeePer TOM'S LC500でした。3位は昨年王者の#1 DENSO KOBELCO SARD LC500。今後もレクサスの優位は続くの!?

    2017y03m22d_223216632

    2017年からレッドブルアスリートとなった平川亮。今季、彼の乗るSUPER GTのGT500クラス#37「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」のマシンには「Red Bull」のロゴがサイドやリヤに大胆に入れられています。そのマシンのカラーリング発表を兼ねたムービーがレッドブルから公開。昭和の日本独自のクルマ文化であるデコトラと街道レーサーと共に登場する最新レーシングカー「レクサスLC500」の姿。チームメイトはニュージーランド人のニック・キャシディ。関谷正徳が監督をつとめます。オフシーズンのテストでも調子良さげですね。

    2017y03m21d_035917182

    2017年WSCC第2戦「第65回セブリング12時間レース」は、なんと開幕戦に続き好調だったキャデラックDPi-V.R. が表彰台を独占!優勝はWTRの#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」で開幕2連勝。AXRの2台が続きキャデラックが強さをみせています。GTLMクラスは#7コルベットC7.Rが優勝。日本勢はマツダDPi「RT24-P」の#55が総合29位。#70はブレーキトラブルでクラッシュ、その後復帰するもサスにクラックが見つかりリタイア。GTDクラスのアキュラNSX GT3は#86がクラス8位、#93が同14位。レクサスRC F GT3は#15がクラス13位、#14が同18位でした。パドックやコース脇から撮影した臨場感あふれる映像と公式フルレース映像です。

    IMG_6615

    「岡山国際サーキットファン感謝デー 2017」にて行われているスーパーGT公式テスト。お昼のピットウォークで新型マシンを間近で映したビデオがあったので紹介します。GT500車両をはじめ、埼玉トヨペットのマークX MC、テラモト・ベントレーコンチネンタルGT3のGT300新規参入組からエバ号、ミク号の人気マシンまで注目のニューマシン達が映っています。ちなみに初日の18日土曜日は午前が#37KeePer TOM’S LC500を筆頭にレクサスがトップ6独占、午後も#1DENSO KOBELCO SARD LC500が王者の貫禄でトップタイムだすなどレクサス勢が好調のようです。走行シーンもちょっぴりあります。

    2017y01m30d_060851702

    第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」決勝が行われ、3番手からスタートしたジェフ・ゴードン組#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」が優勝。残り7分でおきたトップ2台による接触で順位が入れ替わる波乱があったものの、14年ぶりにシリーズ復帰を果たしたキャデラックが1-2フィニッシュを果たしました。GTLMは#66フォードGTが優勝。期待された日本車勢はマツダ#55が40位、#70はリタイア。アキュラ「NSX GT3」#86がGTDクラス5位、#93がGTDクラス11位。レクサス「RC F GT3」は#14が序盤でウォールへクラッシュ脱落、#15がGTDクラス14位と渋い結果に。ハイライト映像やクラッシュシーンなどをピックアップしました。

    このページのトップヘ