レッドブル

    2017y11m16d_212352310

    スイス・ティチーノ州の小さな村「アイロロ」からのびる歴史的な峠道「ゴッタルド(サンゴタール)峠」に、スイス人ドライバーのセバスチャン・ブエミがドライブするレッドブルRB8が登場!ドーナツターンまでしちゃうレッドブルレーシングのビデオ。

    2017y10m31d_231223717

    2018年1月6-20日にかけ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにまたがり開催される世界一過酷な耐久ラリーレイド「ダカールラリー」に出場する「チーム・プジョー・トタル」は、モロッコなどで「プジョー3008DKR Maxi」を走らせ1万8000km以上の距離をテストしています。

    2017y10m31d_020817634

    世界最高のMTBライダーたちの技を固唾をのんで見守ることになる、恐怖のフリーライドイベント「Red Bull Rampage」が2017年もアメリカ・ユタ州のザイオン国立公園で開催!レッドブルから公開されたTOP3ライドと、ライダー視点のタマヒュンヘルメットカムです。

    2017y10m24d_041142769

    F1世界選手権第17戦「アメリカGP」決勝、ファイナルラップでキミ・ライコネン(フェラーリ)を抜いて3着でチェッカーをうけたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に「コース外を走行しアドバンテージをえた」として5秒加算のペナルティが発動、4位に降格。

    2017y10m12d_010931757

    レッドブルレーシングの「F1日本GP」を紹介するムービーが面白かったので紹介します。鈴鹿サーキットを訪れたお客さんの一人称視点で遊園地を楽しんだり、ドライバーを出待ちしたりしてF1を楽しんでいく内容。サーキット内で売ってるお菓子をプレゼントされ不思議そうなマックスの表情がプライスレスwww マックスとダニエルのトークショー映像も一緒にピックアップしてあります。ちなみに、レッドブルレーシングの結果のほうはマックス・フェルスタッペンが2位、ダニエル・リチャルドが3位となり二人とも表彰台を獲得していました。

    2017y10m16d_005137826

    MotoGPでチャンピオンを争う二人#4アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と#93マルク・マルケス(ホンダ)のホットバトルで沸いた第15戦日本GPは、ファイナルラップ最終コーナーまで目が離せない展開がつづき0.2秒差でドヴィツィオーゾが優勝、マルケスが2位となりましたが、そのチームメイトのダニ・ペドロサはトラクション不足に陥り「転ぶ前にリタイア」してしまいました。そんなペドロサは今回のもてぎ戦を前に、自身とサムライをからめたスペシャル映像2本を収録。イイ話とシビレル内容でそれぞれMotoGPとレッドブルから公開され話題になっていました。ドヴィツィオーゾvsマルケスのハイライト映像と一緒にPickUP!

    2016y12m20d_210925228

    ちょっと前に日光江戸村でのパルクールが話題になったジェイソン・ポールですが、昨年はドイツ・ミュンヘン空港でパルクールをしていました。そのビデオ。迫りくるフライト時間…ジェイソンが搭乗手続きを済ませると忍者のように身体を躍動させ、お目当ての飛行機に乗り込むというストーリー。ファーストインパクトってすごい。再生回数はなんと1955万回越え!!日光江戸村バージョンとあわせてピックアップしました。

    2017y10m04d_220412806

    FPVドローンレース「Red Bull DR.ONE」のオーストリア人パイロットのウォルター・キルシュがレッドブルリンクをレース用ドローンでアタック、1分39秒75を記録しました。オーストリア・シュピールベルクにあるレッドブルリンクのコースレコードは、2017年にメルセデスのバルテリ・ボッタスがたたきだした1分04秒251で、まだまだ35秒以上の差がありますが、今後あっという間につめてくるのでしょうか?

    2017y10m05d_174019944

    今週末はF1日本GPということで、今年もレッドブルから日本の文化を満喫するビデオが公開されました。ダニエル・リチャルドとマックス・フェルスタッペンの二人のドライバーが今回訪れたのは剣道場。渋谷区の豊栄稲荷神社境内に施設がある蔵脩館金王道場で、ネーム入りの剣道着に身を包み剣道を体験しています。リチャルドはなかなかパワーもありそうだし、飲みこみがはやい?突きをした時のマックスの表情がプライスレスwww

    2017y09m25d_142836277

    マタドール(闘牛士)とよばれ1990年と1992年のWRC2冠に輝いたカルロス・サインツ。その父のDNAをうけつぐカルロス・サインツJr.は現在レッドブルと契約をむすびジュニアチームのトロ・ロッソからF1に参戦していますが、そんなジュニアが土煙り舞うグラベルで父譲りのドリフトを披露!スペイン・マドリード近郊のラリートラックで、クロスカートにのりこみパパと勝負するムービーがレッドブルより公開されました。

    2017y08m23d_210330224

    「レッドブルGRC」アトランティックシティ戦のセバスチャン・エリクソン(ホンダ・シビック)の360°オンボード映像がRed Bullから公開されています。シビックのルーフにつけられたカメラの向きをグリグリ好きな方向へ向け、ダートやターマックのまじるコースで20メーターのジャンプまでキメるラリークロスマシン達を観察してみましょー。

    2017y09m15d_233022612

    今週末はF1シンガポールGPということで、レッドブルからシンガポールにちなんだチャレンジムービーが公開されています。今回の挑戦は、硬い皮を剥くと強烈な臭いを放つトロピカルフルーツ「ドリアン」を割って食うというもの。はたして果物の王様は二人の口に合うのか!?

    2017y09m14d_133721466

    ドイツ・ニュルンベルクで開催された「Red Bull District Ride 2017」で、ニコリ・ロガトキンがマウンテンバイクによる「1440」を世界初成功させ話題になっていましたが、GoProからライダー視点のヘルメットカム映像が公開されています。1440って事は4回転!?ひねりまで入っているし超人技ですね!GoPro映像を見ても何が起こってるのやら…動体視力とかどうなってるんだろうwww

    2017y09m03d_213440085

    F1世界選手権 第13戦「イタリアGP」。会場のモンツァサーキットのコース脇から金曜のフリープラクティスを撮影したビデオをご紹介。ビデオカメラはCanonレグリアHF G40を使用しているようです。3:31からのアスカリシケインとか現地でみると大迫力なんだろうなぁ。ちなみに、土曜日におこなわれた予選では、ハミルトンがF1最多記録となる通算69回目のポールポジションを獲得、ついにシューマッハを追い越しました。日曜の決勝ではそのハミルトンとボッタスのメルセデス陣営が1-2フィニッシュ。マクラーレン・ホンダの二人はPU交換で後方からのスタートとなりましたが、パワーを失いリタイアしています。

    2017y07m26d_160129880

    セバスチャン・オジェの個人スポンサーであるレッドブルの計らいで初めてF1をドライブ、レッドブルリンクを約100kmほど走行しましたが、その時のオンボード映像や360°VRオンボードがRed Bull Racingから公開されました。2011年のF1マシン「レッドブルRB7」に乗り込んだ、4度の世界ラリー王者のアタックに注目!!アウトラップで、やたらと後方を確認していて何かと思ったら、もう一台後ろにいたんですね。クルサードかな?アウトラップだけで退散。

    2017y07m20d_171701185

    FIA世界ラリー選手権に参戦しているセバスチャン・オジェ(Mスポーツ)が、2011年のF1マシン「レッドブルRB7」に乗り込みレッドブルリンクを約100kmほど走行しました。WRC公式からその模様が公開!個人スポンサーのレッドブルの計らいで実現したそうですが、サポート役にはレッドブルからF1に出場したデビッド・クルサードが登場。WRC公式によると、最後はトラクションコントロールを解除し、繊細なスロットルのタッチを楽しんだようです。オジェのフルフェイスヘルメットも新鮮ですね!

    2017y07m10d_154220589

    Red Bullとマツダのサポートをうけワールドワイドに活躍するマッド・マイク・ウィデット。2017年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」では新たに手に入れたおニューのピックアップトラックでドリフトをキメていました。コース脇から撮影されたデモランシーン。「RUMBUL」と命名されたこのマシンは、マツダREPU B2000スタジアムトラックを改造、自然吸気のマツダ13B型2ローターエンジンをミッドシップ搭載しています。

    2017y05m16d_233835489

    レッドブルのF1ドライバーであるダニエル・リチャルドが、今年5月にハンガリー・ブダペスト市街地を「RB7」で走ったデモランの模様がレッドブルレーシングから公開されています。ムービーバージョンと360°オンボードの2本の映像!沿道に沢山のファンが集まる特設コースを駆け抜け、アグレッシブなバーンナウトを終えると、メカさんがそそくさと駆け寄ってきて即効冷却www

    2017y07m04d_184553279

    F1サーカスを世界規模のショーに育てあげたバーニー・エクレストンですが、2017年シーズン前にアメリカのリバティ・メディアがF1を買収したため、最高責任者から退き一つの時代が幕を閉じました。今年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、そんな節目を迎えたF1がテーマ。時代を駆けぬけた新旧マシンたちが集結しました。公式から公開されたF1パートムービーです。40周年を迎えたウィリアムズや、ホンダRA300、グランドエフェクトカーやファンカーなどのヴィンテージマシンに加え、F1復帰を目論むロバート・クビサがロータスE20で登場!ピエール・ガスリーがレッドブルRB7、ニコ・ロズベルグが半年ぶりにF1のステアリングを握るなど多くの見所がありました。サムネイルはトヨタF1で。

    2017y07m01d_130057126

    「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」マッド・マイク関連の動画が公式やレッドブルから3本公開されています。1,200HPを誇る“RADBUL GEN2”はマツダのND型MX-5のルックスを持つもののNC型MX-5がベースという異色マシン。そんなマッドなロードスターでグッドウッドヒルクライム!いつも通り豪快にタイヤスモークをあげるパフォーマンスで楽しませてくれます。

    このページのトップヘ