ロシア

    2017y11m10d_224218958

    こんなの無理ゲー。対向車になにがおきた!?と思った瞬間には脱落したフロントタイヤが目の前にふっ飛んできてる感じです。避けようにも道幅も狭いし、レーシングドライバーでも回避できないんじゃないかなぁ…

    2017y10m22d_195643561

    これは飛ばないだろwww どうやって揚力を得るつもりだったのかしら…なんて思ったらマグヌス効果ってやつなんですね。理論上では羽のかわりの円柱が回転すると揚力が発生して飛ぶはずだったみたい、失敗したけどwwww

    2017y10m17d_001724729

    足回りのスクリューを回転させユーラシア大陸の悪路を突き進む、1970年代のソビエト連邦でつくられたトラックがレストアされテスト走行にいどみました。そのビデオ。ニジニ・ノヴゴロド州の沼地をグリグリと力強く前進する「ZVM-2901」!昔の映像で同じようなタイプの装甲車とかあるけど、かなり機動力あるんですよね。まさか復刻されるなんてwwww

    2017y10m15d_231517640

    ロシアの「ガゼルネクスト」という商用バンで一定の操作をおこなうと、インパネに「テトリス」が表示され普通に遊べることが判明し話題になっているそうです。ロック解除の手順は1.エンジンをかける。2.右ウインカーをカチカチと3回 3.パッシング2回 4.クラッチを5回踏む 5.エンジンの回転数を3000rpmまであげる。以上の操作をおこなうとあらびっくり。走行距離などが表示されるパネル上でソビエト連邦生まれの「テトリス」がはじまった!まるでフェイクニュースのような話なんだけどどうなんでしょう。

    2017y08m03d_132024251

    こんな格好になってまで丸太を運んでしまおうという発想が恐ロシアwww 田舎道をドライブしていたところとんでもない乗用車にでくわしました。その車載映像。なんとセダンのリアドアを開け放ったまま丸太を横倒しに乗せて運搬!ちょっと無理矢理すぎるだろぅ…積載量もマックス。風の抵抗もマックスといった感じですねwwww

    2017y09m23d_133643953

    こんなばっちしなタイミングでセンターラインを割ってくるなんて…撮影車の左側から追いぬいていったパトカーが突然の事故にあってしまいます。対向車線からとび出してきた一台のクルマがあまりに突然だったので、避けるスペースも暇もなくオフセット衝突、はね返ったパトカーは撮影車の側面に接触してしまいます。うーん、この対向車酷いなぁ。レースのスリップストリームみたく前のクルマの後ろにぴったりとついているからパトカーを認識できなかったのかな!? ぬく時も急ハンドルだし無謀すぎる…

    2017y08m17d_141327464

    これはさすがに油圧ショベルのオペレーターのミスですかね!?路面電車がアームの死角に入り込んだのか、躊躇なく右折し軌道上へ入りこんだところへ路面電車がズドーン!線路があるんだし慎重になりそうなもんだけど、どうなんでしょう…でもアームが突き刺さらなくて助かった。

    2017y07m22d_140201312

    これはワロタww 石膏ボードがでてきた時点で嫌な予感がしたよなぁwww ロシアの運送業者のビデオが人気になっていたので紹介します。荷室から運び出そうとしているのが1束の鉄筋と石膏ボード1枚という謎チョイスだし、ツッコミ所も満載でフェイクにみえなくもないけどロシアならありえると思ってしまう…結構本気なんじゃないかしら。

    2017y09m09d_012346927

    めのまえに突然、ぶっとい稲妻が出現する恐怖!だだっ広い場所で車を運転していたら、すぐそばの道路わきの木に雷が落ちてきた映像です。稲妻が炸裂した木は、一見何事もなかったように立っていて無事にみえますが、道路には木の幹が無数のチップになって散らばっていました。恐ろしい威力…避ける間もなく乗りあげたタイヤがパンクしてなけりゃいいけどなぁ。。。

    2017y08m31d_141433212

    一体どうしたんだろうww 戦車の隊列自体はそれほどスピードが出てるように見えないのに…ロシアで一台の戦車がコーナーを曲がりきれず、対向車線の乗用車に衝突。雨で濡れた路面にすべったのか、大まわりになり曲がれないとみると一か八かのテールスライドをかまし回避しようとしますが、見事に撃墜しました。アタックをうけたSUVは災難すぎる(・ω・`)

    2017y08m25d_232457863

    これは気づかないよなぁ。工事の仕方に問題アリww スピードのでそうな片側二車線道路の左側のレーンでなんと道路工事をしていた!長いストレートって停車してるのか動いているのか認識しにくいのに…このおかげで、数台の自動車がパニック状態に!一台の車が気づくのに遅れると、後続も五月雨式に遅れてしまうんですね。発炎筒くらいつければいいのになぁ。一応、工事のトラックに「工事中」の垂れ幕くらいはしてますがwww

    2017y08m03d_131036605

    もし誰かに自動車をプレゼントする機会があれば、こんな方法はいかが?父親の誕生日プレゼントにピックアップトラックを購入した息子が、誕生パーティーで手渡したのは普通サイズの箱でした。お父さんが嬉しそうに包装を破るとボッシュのミキサーの箱が現れます「ほぅ、ミキサーかい」なんて感じで箱を開けると、その中にはまたギフトボックスが…お父さんが不思議そうに蓋を開けると、その中にさらに小さな箱が!どんどん小さくなるギフトボックスは、最後に手のひらサイズになり、その箱から出てきたのは、なんと自動車のキーでした。すると会場にオニューのピックアップトラックが登場!なんて素敵な演出なんだ、お父さんも思わず感涙!!

    2017y07m22d_140450070

    何故こんな場所にいるんだよww 走破性を試していたのだろうけど大惨事に発展www レールとレールの間に見事に嵌まり、身動きがとれずにスタック、タイヤも空回りという最悪なパターンですね。そんな折に列車まで迫ってくるというバッドタイミング!ドライバーもギリギリまで粘るもたまらずに脱出!!おかげで、ロシア版ジープ「UAZ-469」が無惨な姿に…

    2017y07m06d_143116892

    ロシア連邦ハンティ・マンシ自治管区の都市ニジネヴァルトフスクで撮影された、びっくり追抜きです。スキール音とともに車載カメラに映ったのは、裏側をみせ火花を散らしながら抜いてゆくSUVの姿でしたww 対向車に気づかず車載カメラの車両を抜こうとしたのか、どうせイケイケドンドンな走りをしていたのだろぅwww SUVの中にいた4名は軽傷ですんだそうです。

    2017y07m12d_231754774

    自分から仕掛けておいて「ワタシやってませーん!」っていうジェスチャーが好きww サッカー選手か何かwww 横断歩道を横切ってきたサイクリストをショルダーアタックで撃退する瞬間をとらえた車載映像です。衝突の少し前から自転車の存在に気づいているし、しっかり狙いを定めてるように見えますが、どうなんだろう。自転車の兄ちゃんは歩行者がまさか途中で止まるなんて思ってないだろうし、バンの目の前に転げた時は死んだと思ったろうなぁ…バンパー部分に撥ね飛ばされるも、下に巻き込まれずに済みました。運が良かったなぁ。

    2017y07m13d_115153080

    ロシアの東海岸上空で旅客機どうしがクロスした時にとらえられた幻想的な光景です。ボーイング747の機内から撮影したボーイング787 Dreamlinerの姿が、まるで地球に堕ちてきた隕石のようでした。なんて分厚い飛行機雲!JALのQ&Aによると、飛行機雲には二種類あり、上空の温度、湿度、空気の流れなどの条件がそろわないと発生しないそうです。一つ目の高温の排気ガスが急激に冷やされて雲となるパターンと、二つ目の、飛行機の主翼などの後ろに空気の渦ができ、部分的に気圧と気温が下がり水分が冷やされ雲ができるパターン。今回はジェットエンジンからでてるし前者の方ですかね。

    2017y07m12d_222238807

    これは笑えるけど地味〜に危ない(´・ω・`) このパターンで轢いてしまう事故は日本でもあるのだろうなぁ…歩道の段差につまづいた酔っ払い男性がゾンビのような動きで車道に飛び出てくる車載映像です。ドライバーが気に留めていたため止まれたけど、向こう見ずなイケイケ運転手ならヤバかったかも。映りこむタイミング良すぎやろwww ロシア系の映像3本!

    2017y05m25d_105820888

    どう見ても勝負あったりじゃないか…(´・ω・`) 「俺のアウディならトラクターにも勝てるぜ!」なんて感じだったのかな!?アウディの加速をつけた渾身の一撃も虚しく終わり、ホイールスピンさせたまま引きずられてゆくww 大負けして恥ずかしかったのか?暴走しはじめたアウディは壁にヒットし壊れてしまいます。ちょっとダメすぎるだろぅwww どうせ近々解体するセダンなのだろうけど、こんな意味不明な映像はだいたいロシアからですね。

    2017y06m15d_003915564

    「ダカールラリー」トラック部門の花形チーム、レッドブル・カマズ・マスターの「Kamaz4326」は、16.2リッターV8ディーゼルエンジンを搭載、最高出力1000馬力弱のロシア産カミオン。このカマズトラックで、2013、2017年と部門制覇したエドゥアルド・ニコラエフが、灼熱のダカールとは対照的な気候をもつロシア・ムルマンスク州の極地に登場!216本のスパイクがうちこまれたコンチネンタル製スタッドタイヤをはき、重さ10.5トンのカミオンで大ジャンプをきめています。その驚異のシーンを解説する動画がレッドブルから公開!

    このページのトップヘ