土屋圭市

    2017y09m09d_002849846

    1992年の富士スピードウェイで開催されたジャパン・スーパースポーツ・セダンレース(JSS)で、予選3番手からホールショットをきめ、日産スカイライン勢との熱いバトルにもちこんだ土屋圭市の勇姿です。この時の愛機はマツダ・RX-7(FC3S)!はたしてどんな結果になったのか!?ホットバージョンのロゴがまだファミコンゲームのタイトルみたいで時代を感じますねwww

    2017y08m26d_130821910

    D1ドライバー日比野哲也により、ドリフト特訓中の塚本奈々美がドリフトマッスルに挑戦するシリーズ。ベストモータリングからスポーツランドSUGO西コースで開催された第3戦のレポートが公開されています。ホームストレートから6コーナーを抜けるまでのシリーズ最長の審査区間で、審査員ドリキンのお目に敵い予選を突破できたのか!?スポッターの日比野さんもだんだん厳しくなってきましたなぁw

    IMG_7194

    ベストモータリングのキャスターをつとめる黒澤元治、土屋圭市、中谷明彦、服部尚貴に、全日本ドライバーから選抜された3名のレーサーが挑む!2000年発売のベストモータリングの企画が公開されました。服部尚貴vs脇阪寿一はランエボによるタイムアタック対決。土屋圭市vs鈴木亜久里のチームメイト対決はNSXによるタイムアタック。黒澤元治は関谷正徳とGT-Rによるベテラン対決をおこない、最後は全員で鈴鹿サーキットバトルへと突入!果たして誰が一着になるのか!?

    2017y08m21d_120657135

    これは集中力を欠くなぁww 土屋圭市が、大切な引退レースの舞台裏でとんでもない仕打ちをうけていた!?V-OPTの稲田大二郎が、六本木のお店の女の子を率いて、全日本GT選手権の最終戦が行われる鈴鹿サーキットに登場!大ちゃんピット裏でおっぱい触ろうとするなや、ドリキンも困ってるじゃないかwwwおなじ引退レース特集でも、過去に紹介した「Hot-Version」との演出の違いが面白いですね、感動か、オフザケかで同じレースとは思えない出来栄え。

    2017y07m22d_143816550

    2000年発売のHot-Version vol.43で、自動車のリアにつけるエアロパーツのひとつ「GTウィング」を大研究しています。ライトチューンのS14シルビアで、有る無しの挙動やスピードの違いを検証。ウィングがあると、筑波サーキットのダンロップから2ヘア手前までベタ踏みでイケたり、明らかな違いが!後半はGTウィングを装着している読者マシン(RX-7、ロードスター、MR2、シルビアなど)を土屋圭市が走らせてチェック!

    2017y08m05d_123157160

    ベストモータリング2011年3月号の企画が公開!土屋圭市(Ferrari 430 Challenge)、荒聖治(NISSAN GT-R Club Track)、片岡龍也(PORSCHE 911 GT3 CUP)が筑波サーキットでバトル!普段は交わることの無いワンメイクレーサーですが、どのサーキット専用車が速いのか!?フェラーリはフェラーリ一筋の「レーシングサービス デイノ」が、ポルシェはスーパーGTにも参戦していた「ディレクション」が、GT-RはF1解説でお馴染みの森脇さん(GT-R特約サービス工場協会会長)が持ち寄ってます。

    IMG_7119

    1998年のル・マン24時間レースに出場すべくフランス・ポールリカールで直前テストを行ったトヨタ。この年、初めてトヨタのワークスドライバーとしてル・マンに参戦することになった土屋圭市に密着したビデオです。トヨタ・GT-One TS020についてドリキンは「すごく運転しにくい車なの。クリッピングポイントも見えない、コーナーも見えない。」なんて反応。特殊な形状をしているため、とにかく慣れが必要らしいんです。

    2017y07m22d_143249162

    アミューズが提案した、「オトナでも乗れるルックスと安いランニングコストで、質の良い走りができる。」という、100キロ減量したMR-Sの走りは!?ドリキンがロータスエリーゼと比較!!共演、飯田章。ロケーションは筑波サーキット。2000年発売のHot-Version vol.43に収録の企画です。

    2017y07m15d_130147395

    1999年12月のベストモータリング&ホットバージョンの菅生合同イベントで土屋圭市がみせた神アタックです。ハチロクによる当時のコースレコード1分38秒351を塗りかえるべく、AE86N2仕様TRDへ乗り込み、夕方のスポーツランドSUGOで全開アタック!果たして何秒更新したの!?

    2017y07m13d_142252410

    ベストモータリング2008年10月号のビデオが公開されています。この号のテーマは2007年9月にデビューした、6代目ポルシェ911(997)GT2。1948年の創業以来最高のスポーツカーをつくり続けてきたポルシェが、世界最高峰のパフォーマンスを与えたモデル。そんな911をドリキンや服部尚貴がテスト!当時デビューしたての日産GT-R (R35)やホンダNSX タイプRと比較したり、筑波サーキットで5周バトルを行います。プロドライバーのリアクションは!?

    2017y07m12d_002330551

    2017年5月31日、メルセデス・ベンツの歴代Eクラスで最速のパフォーマンスを誇る「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」がデビュー。V8DOHC 4.0リッター直噴ツインターボで、612馬力、850Nm、0-100km/h加速が3.4秒というモンスターセダンですが、なんと、4輪駆動なのにドリフトができる「ドリフトモード」が搭載されています。「WEB CARトップ」からドリキンこと土屋圭市がドリフトを試したり高速インプレッションをおこなうビデオが公開されました。メルセデス・ベンツのイメージを覆す「ドリフトモード」を試したドリキンの評価は!?

    IMG_7090

    「Hot-Version」vol.71でドリキンが本物のパトカーで華麗なドリフトを披露!そのビデオがベストモータリングから公開されました。どんなワケでパトカードリフトをキメたのかというと、2004年、沖縄・ちゅら島の交通安全キャンペーンモデルに土屋圭市が選ばれたため、沖縄県警に交通指導をする事に。その一環で披露したのがパトカー(ER34スカイライン)でのドリフトでした。ドリキン「追うほうも追われるほうも上手くなってほしい!」。まー、逃げる方がヘタだと事故ってしまうし名言ですねwww

    2017y07m01d_133953504

    2012年3月25日、栃木県ツインリンクもてぎにてレジェンドドライバーを交えたモテギ1.5チャレンジカップレースが開催。その模様がベストモータリングから公開されています。中嶋悟、高橋国光、鈴木亜久里、土屋圭市、金石勝智など一線で活躍したドライバーからピストン西沢、オートスポーツ誌の編集者などがガチバトル!チャレンジカップ用の6MTホンダ・フィットRSで予選、決勝5周を戦います。ドリキンは予選でトラブって大ピンチ!なんて思ったら流石でしたねww かっこよすぎwww

    2017y06m22d_145521828

    JTCC、JGTC、スーパー耐久、フェラーリチャレンジなどのレーシングカーをそろえ異種格闘技戦!1997年のベストモータリングに収録の企画です。土屋圭市、中谷明彦、服部尚貴による各マシンのチェックから谷田部でのゼロヨン対決、筑波サーキットでの5周バトル。はたしてどのカテゴリーのマシンが速いのか!? 出場マシン:JTCC HONDA ACCORD、JGTC TOYOTA SUPRA、JGTC PORSCHE 911 GT2、GT-R RACE BNR32、SKYLINE GT-R、SUPER TAIKYU BNCR33 SKYLINE GT-R、SUPER TAIKYU MITSUBISHI GTO、Ferrari F355 Challenge Cup。

    2017y06m24d_134320771

    2014年に発売されたHot-Version vol.129の、ゲキ安中古FR車で群サイの峠を攻める企画です。13万キロ80万円の1999年式ホンダS2000、9万4千キロ35万円 98年式マツダ・ロードスター、14万9千キロ 80万円 03年式マツダRX-8、変わりダネでは、スズキの660cc直列3気筒エンジンを搭載し、わずか490kgとめちゃくちゃ軽いケータハム・セブン160が登場!ドリキン、織戸学、谷口信輝はどんなタイムをだした!?

    2017y06m22d_145916415

    D1ドライバー日比野哲也にサポートしてもらい、ドリフトマッスルに挑戦している塚本奈々美の第2戦レポートがベストモータリングから公開!開幕戦の日光ではマッスルクラス16位以内に残れず、追走デビューはお預けとなっていました。今回の名阪スポーツランドは参加台数14台と少ないことでついに追走デビューか!?はたしてどんな結果になったのか?

    2017y06m15d_001829252

    関谷正徳が企画し、2013年から富士スピードウェイで開催されているミッドシップレーシングカーによるワンメイクレース「インタープロトシリーズ」。最高出力340PS/6400rpm、最大トルク45kgm/4000rpmを発生させる4リッターV6エンジンを搭載した専用マシン「kuruma」は車重1050kg。日本製のパーツを多用するなど業界の活性化を図る試みがみられます。そんな和製レーシングカーに土屋圭市が乗り込み富士スピードウェイでテスト!ドリキンの評価は!?ちなみにお値段は2200万円だそうです。「Hot-Version」vol.117のビデオ。

    2017y06m03d_121846124

    全然辛口じゃなくてワロタwww 土屋圭市が日産の最新スポーツモデル、GT-R、フェアレディZニスモ、マーチNISMO S、オーテックマーチボレロA30の4台を走り比べする企画がWEB CARトップから公開されています。マシンを試すのは筑波サーキット。いつになく黙々とステアリングを握るドリキンの評価はいかに!?

    2017y05m27d_180254596

    土屋圭市がポルシェ911の5代目モデルである、ポルシェ996のGT3モデルを駆り、伊豆にある修善寺サイクルスポーツセンターで超絶ドリフト!2000年ベストモータリングのビデオが公開されています。難なくドリフトをかましたようにみえるけど、ドリキン「こういうワインディングで、僕にグローブをハメさせるクルマってのは少ないですよ!」の一言。

    2017y05m20d_114547710

    2012年の「第13回 AE86フェスティバル」では、N2決戦が岡山国際サーキットで初開催されました。その模様をおさめた「Hot-Version」vol.119のビデオがベストモータリングから公開されました。トラブルだらけだったテスト走行から一夜明け、土屋圭市が予選でみせたスーパーラップがカッコイイ!全国から集まったN2スペックのハチロク同士の対決、ドリキンは何位でゴールしたのか!?

    このページのトップヘ