土屋圭市

    2019y06m14d_234326507

    あのめちゃくちゃ有名な土屋圭市のAE86 スプリンタートレノを「Motorz Jp」が取材に行ったビデオが登場!土屋さんが20年以上付き添ってきたハチロクも現在は5代目、エンジンも7AGを載せ210馬力になっていますが、前編ではドリキン自ら愛車を紹介!後編ではスタッフが走行インプレまでしちゃいます。

    2019y06m14d_224956550

    ドリキンの愛車AE86で日光サーキットをアタックする2019年Hot-Versionのビデオが公開されました。おなじみのテックアートのスプリンタートレノ(最新バージョンは7AG)で自身の記録40秒345に挑戦します。タイヤはSタイヤのヨコハマADVAN A050G/Sを使用。

    2019y05m18d_210346578

    VIDEO OPTION出演者が多く参戦していた1998年の全日本GT選手権(JGTC)のリポート映像がドロップ!開幕戦「鈴鹿」では飯田章(RAYBRIG NSX)がポールポジションを獲得。悪夢の第2戦「富士」ではタケヤリくん(山路慎一 RE雨宮マツモトキヨシRX7)が炎上するフェラーリのもとへ救援に駆けつけるなど活躍しました。

    2019y04m08d_211040942

    土屋圭市のF3デビュー戦を記録した「Best MOTORing」のビデオ。ドリキンは1989全日本F3選手権 第2戦「富士」でデビュー。新車調達が間に合わずお古のシャシー「レイナード873」#2 ENDLESS PALに乗り込み予選は30台中24番手を獲得、決勝レースでは5ラップ目の1コーナーで2台を一気にパスしようとするも濡れた路面に足を掬われスピン!

    2018y12m22d_164448967

    マツダのND型ロードスターとそれをベースに広島県のマツダの工場で作られているイタリア車ABARTH 124 Spiderが峠バトル!群馬サイクルスポーツセンターで土屋圭市、織戸学、谷口信輝の三人が走りの違いをチェックします。

    2018y12m13d_194745834

    2018年10月12-13日にオーストラリア・シドニーモータースポーツパーク(イースタンクリークレースウェイ)で開催されたワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)にBDYモータースポーツのAE86で出場した土屋圭市のオンボード映像を収録した動画です。

    2018y12m02d_235614922

    2018年限りで競技から引退した野村謙がVIDEO OPTIONに初登場した時の「第13回 いか天 in スポーツランドやまなし」のビデオが公開!愛車のワンエイティ(prs13)やチームメイトのS13シルビアで華麗にドリフトをかましちゃいます。素人時代もタイヤスモークあげて上手い!

    2018y10m27d_235659985

    2016年10月に京都の嵐山-高雄パークウエイで開催された「京都ヒルクライム」で土屋圭市によるJ’s RACING「魔王S2000」全開アタックが行われました。その模様を収録したHot-Version vol.143のビデオが公開!2.6リッターのF20C改エンジンは345馬力を発揮。テクニカルコース、フォレストコースのふたつのアタックゾーンでドリキンはどんな走りをみせた!?

    2018y10m25d_210928731

    オーストラリア・シドニーで開催されたワールドタイムアタックチャレンジ(WTAC)の車載映像集が公開されています。台風の影響などでマシンが到着するのが遅れ日本勢はほぼぶっつけ本番になった2018年大会ですが、注目のデモンストレーションアタックをおこなった谷口信輝のHKS TRB-03もマシントラブルがでてしまったようでベストタイムは1分26秒260でした。

    2018y10m15d_163609143

    2017年、オーストラリアのイースタンクリークレースウェイ(シドニーモータースポーツパーク)で開催された「ワールドタイムアタックチャレンジ2017」に土屋圭市が光臨。N2仕様のドリキンAE86レビンで全開アタック!その模様をおさめたHot-Version vol.149のビデオです。

    2018y10m09d_115035575

    土屋圭市が青春時代に乗ったKP61スターレットとB310サニーのチューニングカーが登場、なんとどちらもS2000のF20C V-TECエンジンを搭載www さらに小泉商会からAE86カローラレビンのストリート仕様がドリキン号にバトルを挑む!群サイ初となるAE86バトルどっちが勝った!?

    2018y09m30d_001902912

    日産・GT-R 2017年モデルの進化をチェックすべくNISSAN GT-R Black edition 2017(570ps)、メーカーチューンのNISSAN GT-R NISMO 2015(600ps)、チューニングショップ マインズのMine’s GT-R 2011(650ps)を比較!ドリキンによる全開アタックと、織戸学、荒聖治が加わり三台による筑波サーキット3周バトルです。

    2018y09m19d_211746012

    土屋圭市、織戸学、谷口信輝の三人がチューニングされたダイハツ・コペン(HALF WAY)とスバル・WRX STi TypeS(CUSCO)を群馬サイクルスポーツセンターで全開チェック!Hot-Version vol.131前編のビデオです。2014年のモデルチェンジを機にインプから独立したWRXとフルモデルチェンジされた2代目コペンの走りは!?

    2018y07m25d_112050871

    ゴリゴリに改造されたN2スペックのスプリンタートレノやカローラレビンが熱いバトルをくりひろげる「AE86 N2決戦」。毎年、岡山国際サーキットで行なわれていた対決が、2013年に聖地・富士スピードウェイで実現!27年ぶりに聖地に戻ってきたAE86 N2レースに土屋圭市が挑んだドキュメントです。Hot-Version vol.124に収録。

    2018y07m13d_204957892

    ベストモータリングから土屋圭市のオモシロ企画が公開!秋葉原のリアルレーシングシミュレーターショップ「D.D.R AKIBA本店」でドリキンが自分のコースレコードに挑戦。舞台は「グランツーリスモSPORT」の筑波サーキット、マシンはトヨタ86。ステアリングコントローラーとペダルは「LOGICOOL G29 ドライビングフォース」を使用しています。

    スクリーンショット(2018-07-05 23.40.51)

    雑誌「REVspeed」2017年6月号の付録DVDが公開されています。内容は「土屋圭市の曲げテクニック」と「レーシングドライバー青木孝行の理想のブレーキ論、本庄サーキット攻略ガイド」「など。ドリキンの曲げテクニックでは理想のシートポジションからブレーキの踏み方などを伝授!

    2018y06m09d_211014124

    2010年「峠の魔王」決定戦が収録されたHot-Version vol.102のビデオが公開されました。名だたるチューナーのマシンが集結し、最後の決勝に残ったのはRE雨宮のRX-7とJ’s RACINGのS2000でした。RX-7には谷口信輝が乗り込み、土屋圭市のS2000と頂上決戦!

    スクリーンショット(2018-06-01 22.51.41)

    2016年Hot-Version vol.141の「魔王狙いマシンテスト」の企画が公開されました。峠の魔王を打ち破るべくASSISTのBMW・M4とMine'sの日産・GT-Rが群馬サイクルスポーツセンターの峠でアタック!魔王記録にどれだけ迫るのか!?ドライバー:土屋圭市、織戸学、谷口信輝。

    2018y06m02d_172020451

    軽自動車による峠バトル!2016年Hot-Version vol.141の企画が公開されました。とにかく軽いアルトワークスの実力を測るためコペンやS660とバトル!まだ発売まもなくで熟成されていないからか、思わぬ結果に!?ドライバー:土屋圭市、織戸学、谷口信輝。

    スクリーンショット(2018-06-01 0.26.04)

    日産・GT-R(R35)のVR38DETTエンジンにスワップして話題になっていたハイエース「VITABON」を、ドリキンこと土屋圭市が運転してみたビデオが人気になっていました。なんでもパワーがあるのはもちろん、足周りもしっかりしていて乗りやすいんだとか。

    このページのトップヘ