2017y11m03d_224321527

    ベストモータリングから「Hot-Version vol.137」の企画が公開。土屋圭市がステアリングを握るSPOONの「ホンダ S660」と、谷口信輝のKCテクニカ「スズキ アルト ターボRS」が群馬サイクルスポーツセンターの峠でバトル!

    2017y10m24d_045022613

    南太平洋に位置するパプアニューギニア独立国の峠道でのトラブル。追いかけてきたチンピラは武器を持っていたそうです。こんな狭い道でおっかないなぁ…

    25)

    撮影してる場合じゃないだろぅwww 峠道で、なんらかの原因で動かなくなったお古のホンダ・CR-X。そんな愛車を押していた若者を襲ったハプニングがマヌケだったので紹介します。「クルマが動かなくなったよ…」とスマホで撮影していると峠道は下り坂に突入。そのまま身を任せていましたが、スピードがでてくるとパニックになりクルマを止めようと崖の斜面にドーンと突っ込んでしまう。ちょっと考えればわかりそうだけど、その場にいると気づかないもんですよね。他人を巻き込まなくてよかった…パワステもエンジンブレーキも効かなくて操作が難しいし、スピードがついた時点で詰んでるなぁ。

    2017y09m23d_113353662

    たびたび話題にあがる、フェラーリ458イタリアの4.5L V8エンジンへ換装されたトヨタ86。その名も「GT-4586」が、峠でのドリフト撮影中にイン側の斜面に突っ込んでしまう瞬間が「Donut Media」より公開されました。ドーンといってしまいましたが、ひんまがったタイロッドなど交換して撮影続行したもよう。。。

    IMG_7225

    頭文字Dかな!?こんな事もあるから気をつけましょうww「いろは坂」といえば、中禅寺湖から馬返への下り6.5kmを「第一いろは坂」、馬返から中禅寺湖への登り9.5kmを「第二いろは坂」といい、登りと下りでルートが異なる一方通行道路ですが、夜に勾配のきつい「第一いろは坂」を下っていたら白いトヨタ86が登ってきた!っていうツイッターのビデオ。これは高速道路の逆走よりもビビるかもなぁ、ウェット路面だし、コーナーで出くわさないでよかった…

    86

    ちょっと短い動画ですが、8月14日(月)に赤城山で単独横転事故をおこした赤いトヨタ86の車載映像がツイッターにあげられていました。雨と砂利で足をすくわれ、カウンターをあてたらお釣りを貰い、土手っぱらにドーンと乗り上げてしまう。ゆっくりと傾いた86は踏ん張り切れず転がってしまい仰向けに…板金屋さんは直せるようですが、オーナーは廃車の方向だそうです。

    2017y08m17d_001604049

    やってしまいましたなぁ、スバル・インプレサ(GC8)が一発廃車…劣化したタイヤと、段差舗装のうすい凸凹のせいで曲がりづらく、無理にハンドルを抉ったのがオーバーステアの原因ですかね!?コーナー立ちあがりのハンドルを戻すあたりで一気に巻き込み、内側のガードレールにズドーン!2015年のストリートビューを確認すると、今回突っ込んだ場所と全く同じ部分のガードレールが凹んでいました。カーブもきついし、走り屋のクラッシュポイントなんですねww 現場は、埼玉県所沢市と東京都東大和市多摩湖3丁目の境をなめるように通る県道55号線、多摩湖の西端あたりです。

    IMG_7169

    いったい何がおきた!?佐賀県佐賀市三瀬村三瀬の国道263号線で、ツーリング中のライダーがカーブを曲がると、前に居た赤い軽自動車が事故をおこしていました。#4545の銀色の軽自動車は対向車かな?二台が衝突したのはこちらの車線のようだし、銀色が曲がりきれずセンターラインを割って、そこに赤色が突っ込んだ感じですかね?仲良く横転なんて珍しいけど、赤い車がカーブに入る直前に、モヤモヤした黒い霧みたいなのが纏わりついて見えるのは気のせいかしら!?

    2017y07m06d_123542836

    こんなの避けられないぞ(´・ω・`) 視界のあまりよくない峠のカーブで対向車がのアクアが曲がりきれず、逆走状態に!スズキ・ガンマ(VJ23A)は必死のブレーキをかけますが、軽くジャックナイフしたところにドカーンと正面衝突。この事故で愛車のアルミフレームが折れ廃車になったそうです。思わず「フザケンナヨー」と叫ぶライダーでしたが、崖に落ちたり自動車に轢かれたりしなくて助かった…実際、こんなふうにヌッと現れたら、ビビってリアを滑らせて転倒する人も多いかも!?

    2017y05m09d_142905367

    日本一急勾配な国道といわれる国道308号線。すれ違いのできない幅の狭い道路なうえ直線的な急勾配が続いており、奈良県生駒市と大阪府東大阪市を結ぶ難所として知られています。そんな酷道「暗峠」に乗り物好き女子が行ってみたビデオ。途中、石畳になっていたり風情はあるんだけど、民家も多くて交通量がありそう…普通乗用車で迷い込んだら難儀するだろうなぁ。笑

    2017y06m24d_134320771

    2014年に発売されたHot-Version vol.129の、ゲキ安中古FR車で群馬サイクルスポーツセンターの峠を攻める企画です。13万キロ80万円の1999年式ホンダS2000、9万4千キロ35万円 98年式マツダ・ロードスター、14万9千キロ 80万円 03年式マツダRX-8、変わりダネでは、スズキの660cc直列3気筒エンジンを搭載し、わずか490kgとめちゃくちゃ軽いケータハム・セブン160が登場!ドリキン、織戸学、谷口信輝はどんなタイムをだした!?

    2017y05m27d_180254596

    土屋圭市がポルシェ911の5代目モデルである、ポルシェ996のGT3モデルを駆り、伊豆にある修善寺サイクルスポーツセンターで超絶ドリフト!2000年ベストモータリングのビデオが公開されています。難なくドリフトをかましたようにみえるけど、ドリキン「こういうワインディングで、僕にグローブをハメさせるクルマってのは少ないですよ!」の一言。

    2017y05m15d_135411531

    うまい下手はともかく、楽しそうに流していてええな!スバル・インプレッサSTIの車載映像が20万再生目前でそこそこ人気になっていました。どこか南フランスの峠っぽいですね。チュリニ峠とかの。よーくみると後ろにも一台いるしスバリストの集まりなのだろうか。なんとなくコメントを眺めていたら「dori dori says "real men race down hill" 」という書き込みに150もイイネが付いている。今や「ドリドリ」の渾名は海外でも通用するんですねwww ドリキンもびっくり。

    2017y05m15d_163632212

    マレーシアの峠でランエボを追う車載映像が人気になっていました。場所はクアラルンプールから北東へ向かうとあるカジノリゾート「ゲンティンハイランド」につながる峠道だそうです。片側2車線(部分的に3車線)の峠とか走り屋は大喜びだなぁww と思ったら一般の車が結構いるじゃん!単車とかを巻き込みそうで怖いけどお構いなしに攻略していきます。

    2017y03m14d_084159066

    インドのジャンムー・カシミール州にある都市キシュトワールからヒマチャル・プラデーシュ州へとまたがる道路はあまりの悪路に地元の人からも恐れられています。その特徴は、風光明媚な景色なのだけど、断崖絶壁をえぐったような場所に小石交じりの狭いワインディングが続く運転手泣かせの峠。とくにチナーブ川沿いの「killar」付近は深い渓谷となっていてつかの間の恐怖が味わえます。そんな登山家や旅人にも知られる危険な道をインドで人気のホンダのスクーター「アクティバ」で走ってみたGoPro映像。ひとつ目はサッチパスことサッチ峠でほのぼのツーリング。もうひとつが恐怖の「killar」の峠。たまにはインドの奥地へ誘われてみてはどう!?

    2017y02m09d_142706592

    (ll゚Д゚)何これ怖すぎぃ…土砂崩れなの!?ある日、峠道を進んでいたところ何の前触れもなく倒れてくる森の木々。しかも倒れてくるのは一本や二本じゃなかった!!サムネイルのシーンの後にはさらに恐ろしい光景がひろがるのでした…結果論になってしまいますが、手前の方に木の残骸が散らばっていた時点で異常を察知して引き返していれば。。。

    2016y12m24d_123851350

    2007年D1GPチャンピオンの川畑真人は峠ドライバーとしてどれほど通用するのか!?群馬サイクルスポーツセンターで土屋圭市を背後に従え、赤いS15シルビアで峠アタックにチャレンジ!!はたして判定は!?2008年ホットバージョンvol.91に収録されていた企画がベストモータリングより公開されました。

    2016y12m17d_103255694

    ホットバージョンvol.90に収録されていた「峠最強伝説GP2007 Rd.2 TOUGE300」の予選、決勝が公開されました。NA最速、新魔王決定トーナメント出場権を獲得すべく5台のチューニングカーが群馬サイクルスポーツセンターに集結! マシン:RP BANDOH EXIGE、TRACY SPORTS NSX、SPOON FD2 CIVIC R、SEEKER S2000、J’s RACING S2000。出演ドライバー:土屋圭市、伊藤大輔、飯田章。

    2016y12m07d_031642926

    土屋圭市が群馬サイクルスポーツセンターのワインディングな峠で、ホンダ「シビック」やトヨタ「カローラ」という大衆車からボンドカーとして有名なアストンマーチン「V8 バンテージ」やポルシェ「911ターボ」、BMW「M6」などを評価!ドライバビリティの高いクルマを選ぶ内容。ベストモータリング2007年4月号の企画が公開されていました。

    2016y12m02d_210515312

    日本の走り屋などのクルマ文化を紹介しているAlexiが榛名山へ聖地巡礼に行ったようです。同乗するマシンはマツダ「FC RX-7」と藤原とうふ店仕様のトヨタ「スプリンター トレノAE86」。仲間とボート乗り場や峠道、おもちゃと人形自動車博物館を巡ってます。そして作品にまつわる小道具がやっぱり出たww 主人公の藤原拓海がハチロクのドリンクホルダーに水の入った「紙コップ」を置いて毎朝運転していたシーンを再現www

    このページのトップヘ