日産

    2017y07m18d_144807779

    世界一タフなヒルクライムコースといわれる「マウント・ワシントン・オートロード」。昨日もスバル・チームUSAのWRX STIや、ダットサン240Zが崖から落ちる動画を紹介しましたが、新たに日産240SXが崖下に横転するビデオが公開されました。4方向のカメラでみるクラッシュシーンです。この240SXは、シルビアのフロント部分を180SXに変えたワンビアってやつですかね。スタートから1分もたたずにドーンwww

    2017y07m01d_135402755

    VIDEO OPTIONの「いかす乗り物天国」スカイライン歴代7車種を紹介するビデオが公開されています。1957年に登場した初代SKYLINE〔ALSI-1〕から2代目SKYLINE〔S54B〕、若者の憧れの的!3代目SKYLINE〔(P)GC10〕ハコスカ、ケンとメリーのCMでお馴染み4代目SKYLINE〔(K)GC110〕ケンメリ、「日本生まれの日本の名車」がキャッチコピー5代目SKYLINE〔(K)HGC210〕ジャパン、パワーアップでバカッ速!6代目SKYLINE〔DR30〕鉄仮面、7代目SKYLINE〔HR31〕7thスカイラインまで、稲田大二郎が一気に試乗!歴代すべて個性的なのが魅力の一つですね。

    2017y07m08d_124923103

    アメリカで1988年に始まった「シルバーステイツ・クラシックチャレンジ」は、ネバダ州の「ルート318」の約144キロの区間を全開で駆け抜け、誰が一番速く走れるかを競う公道最高速レースです。2003年にVIDEO OPTIONの稲田大二郎がチューンナップされたZ33で出場、大クラッシュを喫していますが、リベンジを果たすべく翌年もZ33で出場しました。その時の懐かしい挑戦記がV-OPTから公開!はたしてストリームZ二号機は無事完走できるのか!? そして、ふたつ目の動画最後にでてくるコルベアのクラッシュが恐怖(((ll゚Д゚)))

    IMG_7090

    「Hot-Version」vol.71でドリキンが本物のパトカーで華麗なドリフトを披露!そのビデオがベストモータリングから公開されました。どんなワケでパトカードリフトをキメたのかというと、2004年、沖縄・ちゅら島の交通安全キャンペーンモデルに土屋圭市が選ばれたため、沖縄県警に交通指導をする事に。その一環で披露したのがパトカー(ER34スカイライン)でのドリフトでした。ドリキン「追うほうも追われるほうも上手くなってほしい!」。まー、逃げる方がヘタだと事故ってしまうし名言ですねwww

    2017y06m28d_224626768

    箱根ターンパイクでのドリフトで世界に名を馳せたTeam TOYO TIRES DRIFT TRUST RACINGのGT-R「GReddy R35 SPEC-D」。この、川畑真人が2015年D1シリーズを制覇した1000馬力のモンスターマシンを、もっと軽くできないか!?そんな問いから製作がスタートした「GReddy R35 SPEC-D 二号機」の開発ストーリーです。ドライバーやチーム監督、タイヤ開発者のインタビューなどを交えた30分のドキュメンタリー!川畑さんが東洋ゴム工業・仙台工場を見学するシーンなんかもあります。※サムネイルは1号機です

    2017y06m12d_125926190

    6月11日「Microsoft」がシミュレーションレーシングゲームForzaシリーズ最新作「Forza Motorsport 7」(PC / Xbox One)を発表しました。ネットメディアの「The Verge」から4K(HDR)/60fpsのゲームプレイ動画が公開されいます。使用するマシンはSUPER GT車両 #1 MOTUL AUTECH GT-R!曇/雨のニュルブルクリンクGPコースでレースします。最後の雨がやんだ後の夕焼けの描写がリアルすぎるなぁwwww ちなみに、トレーラーには #70 マツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシングやルマン優勝車#19 ポルシェ919ハイブリッドなどが登場。

    2017y06m03d_121846124

    全然辛口じゃなくてワロタwww 土屋圭市が日産の最新スポーツモデル、GT-R、フェアレディZニスモ、マーチNISMO S、オーテックマーチボレロA30の4台を走り比べする企画がWEB CARトップから公開されています。マシンを試すのは筑波サーキット。いつになく黙々とステアリングを握るドリキンの評価はいかに!?

    2017y06m03d_133215532

    トーヨータイヤの新CMがYouTubeに公開されています。今回は、「Team TOYO TIRES Drift」川畑真人のGT-Rと、藤野秀之のGT86が、おとぎの国を彷彿とされる世界を疾走!BGMで流れるのは平井堅の「READY FOR YOUR LOVE」。「世界の多くの人々に語り継がれ、愛されてきたさまざまな物語と一体となって、TOYO TIRESは2017年も「感動と驚きを提供していきたい」というメッセージを込めました。」という思いが込められているそうです。

    2017y05m24d_192838012

    広大な土地を持つアメリカには、ネバタ州の荒野を通る道路「ルート318」の約145キロの区間をフルスロットルで駆け抜ける競技「シルバーステイツ・クラシックチャレンジ」があります。稲田大二郎は2003年に日産・フェアレディZ Z33のチューニングカーで参加し、大事故を経験しています。その時の模様が「VIDEO OPTION」から公開!アクセル全開で334km/hを越えた瞬間に左タイヤがドッカ〜ン!なんとバースト!スピードダウンを試みるもコントロール不能に陥り大転倒してしまいます。この時、フェアレディZは時速240キロで荒野へ投げ出されたそうです。こんな事故から怪我もなく生還したDaiちゃん丈夫過ぎぃ…

    2017y05m22d_092222712

    SUPER GTは2年ぶりに大分県のオートポリスで開催。日産陣営は予選で#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rの本山哲が1分34秒331を記録し2番手をゲットし、GT-Rの今季予選最上位を獲得。他のGT-R勢は予選Q1でノックアウトする事態に。日曜の決勝では2番手スタートの#46が徐々に順位を下げてしまい最後まで表彰台を争うも4位でフィニッシュ。 #23 MOTUL AUTECH GT-Rが予選11位から躍進して5位。#12 カルソニック IMPUL GT-Rも順位をあげ7位。#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが10位でした。

    2017y05m09d_130431644

    「VIDEO OPTION」から「街道レーサー」へと姿を変えた日産「セドリック」を紹介するビデオが公開。稲田大二郎が「K230」のイカしたカスタムのポイントを伝授!街道レーサーといえばアクセサリーのハッタリオイルクーラーが有名ですが、ホースは簡単に抜けるんですねww Uターンしてるだけなんだwww 旧東京駅前や丸の内署前をクルージングしながら、6連ラッパから奏でる「ゴッドファーザーのテーマ」もイイね!

    IMG_6774

    SUPER GT第2戦「富士」。日産陣営はニスモの#23 MOTUL AUTECH GT-Rに復調の兆しがみえる活躍で予選はなんと2番手を獲得。決勝では順位をさげるも、前年王者#1 DENSO KOBERCO SARD LC500とのバトルを制するなど奮闘し、4位でチェッカーをうけました。その他のGT-Rは、11位に#46、12位に#24、14位に#12でした。日産自動車公式ダイジェスト映像です。ちなみに、GT500は#38 ZENT CERUMO LC500がポールトゥウィンでレクサスが表彰台独占。GT300も#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3が優勝し、レクサス祭りとなりました。

    2017y04m26d_141333787

    イタリア・モンツァで開幕したブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ。日産はMOTUL Team RJN NISSANに2台のGT-Rを送り込みました。4月23日の決勝レースはスタート直後、2番手を争う#19ランボルギーニと#7ベントレーが接触し後続がカオスに。この事故に#23ニッサンGT-RニスモGT3が巻き込まれリタイア。予選6番手からスタートした#22は13位でフィニッシュしています。ちなみに優勝したのはアンドレア・カルダレッリ組の#63ランボルギーニ・ウラカンGT3でした。ランボのファクトリードライバーになってから即優勝とかスゴイ。

    2017y04m13d_135633449

    パキスタンの首都イスラマバード近郊の商業都市ラーワルピンディには中古のトラックをパキスタン風のデコトラに生まれ変わらせる熟練工達がいるそうです。その制作現場に潜入したビデオエッセイが異国情緒たっぷりだったので紹介します。おい、2:47のメッシwwこっち見ながら作業すんなwww 指なくなるぞ… 少年から初老の男性までが作業場に出入りし、何もかもが日本とは大違い。板バネ20枚とか厳めしくてカッコイイですね。カスタム中のトラックに目をやると、そこには「いすゞ」や「日産」「日野」などの、日本の昭和時代のトラック達がパキスタン風にデコレーションされているのでした。どれもフォトジェニックでいいね!

    2017y04m10d_084937078

    2017年SUPER GT 開幕戦が岡山国際サーキットで開催されました。決勝はスタート前にホンダ「NSX−GT」3台にトラブルがでる異常事態が発生し開始前から荒れ模様になりました。レクサス「LC500」に対抗できそうだったNSXの自滅で、予選から不調だったニッサン「GT-R」勢はポジションアップするもレクサスの牙城は崩せず。セーフティカーが3回も導入される大荒れのレースで#23 MOTUL AUTECH GT−Rの7位が精いっぱいでした。8位に#12 カルソニック IMPUL GT-R、10位に#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rはクラッシュ。日産から公開された予選&決勝ダイジェストです。

    2017y03m30d_125426885

    2011年のFIA GT1世界選手権はルーカス・ルアーとミハエル・クルムのコンビがニッサン「GT-R GT1」で4勝(うち1勝は予選レース)をあげ、見事ドライバーズタイトルを獲得しました。毎年恒例のニスモフェスティバルでJRモータースポーツからエントリーしチャンピオンを獲得した#23「GT-R GT1」が富士スピードウェイを駆け抜けます。その時のエキシビジョンラップのオンボード映像がNISMOから公開!5.6L V8 VK56DE型エンジンを搭載し600馬力を発揮するマシンはFR車。

    2017y03m18d_123423964

    ニスモの技術を結集した"世界最強のロードゴーイングカー" "TOP OF THE GT-R" を謳い、スカイラインGT-R(BNR34)ベースで限定19台のみ生産された「NISMO R34GT-R Z-tune」。そのうち2台はプロトタイプと保存車両という大変貴重なコンプリートカーです。販売当時のニスモの発表によると13台が日本国内、4台がオーストラリアやタイなど海外にデリバリーされたそうです。近年、香港で5千万円以上の値がつけられ話題になりましたが、そんなGT-R販売当時、土屋圭市が全開インプレッションするビデオがベストモータリングより公開されました。2002年Hot-Version vol.55に収録。ノーマルタイヤで筑波サーキットをアタックしたドリキンの反応は!?

    2017y03m18d_124446071

    「ニッサンR92CP #1カルソニック」といえば星野一義/鈴木利男のコンビで91、92年のJSPCを席巻した日産が誇るグループCカーですが、2001年12月2日に富士スピードウェイで開催されたニスモフェスティバル前日、土屋圭市がそのモンスターマシンに乗りこみ全開インプレッションに挑みました。車重850kgで1,000馬力、ル・マンのストレートでは400km/h超え(非公式ですが富士でもでてるはず)という冗談みたいなマシン。ドリキンの反応は!?ちなみに、もうひとつ日産のワークスカーをドライブしていますが、そちらは#23「フェアレディ240Z HS30レーシング」でした。味のあるZ!2002年発売Hot-Version vol.55に収録のビデオ。

    IMG_6615

    「岡山国際サーキットファン感謝デー 2017」にて行われているスーパーGT公式テスト。お昼のピットウォークで新型マシンを間近で映したビデオがあったので紹介します。GT500車両をはじめ、埼玉トヨペットのマークX MC、テラモト・ベントレーコンチネンタルGT3のGT300新規参入組からエバ号、ミク号の人気マシンまで注目のニューマシン達が映っています。ちなみに初日の18日土曜日は午前が#37KeePer TOM’S LC500を筆頭にレクサスがトップ6独占、午後も#1DENSO KOBELCO SARD LC500が王者の貫禄でトップタイムだすなどレクサス勢が好調のようです。走行シーンもちょっぴりあります。

    2017y03m09d_014551470

    普段は外車を売っているという輸入中古車専門店が、日産GT-R 2017年モデルの中古車を試乗インプレッションしてみたビデオが人気になっていたのでご紹介。2016年に大型マイナーチェンジを行なった日産「GT-R R35」はニスモを含めるとグレードが五つありますが、一番庶民向け(それでも新車価格996万円!)の「ピュアエディション」で街中へくりだし乗り心地を解説。憧れのGT-Rを買いに行った気分がちょっぴり味わえるかも!?

    このページのトップヘ