日産

    2017y11m18d_172817338

    2016年「Hot-Version vol.137」収録のチューンドGT-R対決。日産のモータースポーツ部門「ニスモ」と、峠の魔王でお馴染みの日産車を得意とするチューナー「MCR」のR35 GT-Rが群馬サイクルスポーツセンターの峠で対決!

    2017y11m13d_154955359

    「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」日産陣営は、今季初のポールポジションを奪取した#23 松田次生/ロニー・クインタレッリ組MOTUL AUTECH GT-Rが最終戦で今季初優勝を飾りました。日産公式ダイジェスト映像です。

    2017y11m10d_215738008

    輸入中古車販売専門店「ロペライオ」の試乗インプレッション番外編に「ニッサン GT-Rニスモ」2017年モデルが登場!「その圧倒的な加速力は富士急ハイランドのド★ドドンパ級!!」ということですよ!マイナーチェンジ前の2015年モデルと外装比較もおこなっています。

    2017y11m07d_151526124

    2011年FIA GT1世界選手権でミハエル・クルム/ルーカス・ルアー組がドライバーズタイトルを獲得、その時のマシン#23 JRM Racing NISSAN GT-Rにヤン・マーデンボローがのりこみテスト走行した時のPOV。

    2017y10m24d_123721356

    10月14日(土)と15日(日)にドイツツーリングカー選手権(DTM)最終戦が開催された「ホッケンハイムリンク」を走ったスーパーGT500車両。SUPER GTとDTM両チャンネルからスペシャルムービーが公開されています。両方イケてるけどGTAはフューチャリング親分って感じ。

    2017y10m22d_185235113

    ニスモから2017年ブランパンGTシリーズ耐久レース 最終戦「バルセロナ」でGT-Rがみせたオーバーテイクショーが公開。1周で12台ゴボウ抜きはみてるほうもスカッとするね!

    2017y10m24d_001444018

    1999年1月に7代目の日産シルビアが発売。5ナンバーとして戻ってきた小型FRスポーツのパフォーマンスを知るべく黒澤琢弥が全開インプレッションするベストモータリングのビデオ。

    2017y10m22d_143145971

    1999年デビューの日産スカイラインR34 GT-R。当時、ベストモータリングが独自に入手したというニュルブルクリンク北コース「ノルドシュライフェ」での全開アタック映像です。ただし路面コンディションはあいにくのウェット〜!

    2017y10m21d_113946963

    1999年にデビューした日産スカイラインGT-R(BNR34)の当時の特集企画がベストモータリングから公開。土屋圭市の全開インプレッション、中谷明彦による新旧GT-Rジムカーナテスト、そしてお馴染みの筑波サーキットバトルの3本!筑波では黒澤元治、中谷明彦、服部尚貴、黒澤琢弥などがR33やランエボ5、NSX、RX-7と対決してます。NISMOから全日本GT選手権に出場していた鈴木亜久里もちらっと登場!

    2017y10m16d_224824833

    このあいだ紹介した、プレイステーション4のワイヤレスコントローラー「DualShock 4」で遠隔操作できるニッサンGT-R /Cの新たな動画が公開されていました。今回のはヤン・マーデンボローが上空のヘリコプターから操縦するGT-R /Cのベストラップのオンボード映像。コーナーをスムーズに曲がるのがとんでもなく難しそう…ゲーマーあがりのヤンもちょっと苦戦!?

    35)

    ドイツツーリングカー選手権(DTM)最終戦「ホッケンハイム」にスーパーGTの2016年型ニッサンGT-RニスモGT500とレクサスLC500開発車両がお目見え!10月13日は2台のGT500による30分間のテストセッションが行われ、ドイツのファンが見守る前で2L4気筒直噴ターボ“NRE”サウンドが木霊しました。MOTUL AUTECH GT-Rはロニー・クインタレッリ、#093 LC500開発車両にはヘイキ・コバライネンが担当。AUTOSPORT webによると「直後に行われたDTMのフリープラクティス1の最速タイムよりも2秒近く速いタイムが刻まれた様子。」とのこと。さらに14日にはメルセデスAMG C63、BMW M4、アウディRS5の三台のDTMマシンと共にデモランを決行!DTM公式から両日の模様が公開されています。クラス1規定の統一化へ加速!?

    35)

    グランツーリスモSPORTの発売にあわせ日産UKが面白いプロモーションビデオを公開!なんとプレイステーション4のワイヤレスコントローラー「DualShock 4」で動くニッサンGT-R /Cを制作してしまう。操縦するのはGTアカデミー出身のヤン・マーデンボロー。このリモコンGT-Rの最高速度は315km/hに達っし、今回は2.6kmのシルバーストン・ナショナルサーキットを1分17秒47で周回、211km/hのトップスピードをたたき出したそうです。

    2017y10m10d_222057548

    9月30日-10月1日、東京・お台場「船の科学館駅前特設会場」に世界最高峰のドライバーが集結し競い合われた「第1回FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ」。その、はじめてのドリフト世界大会で優勝したのはTeam TOYO TIRES DRIFT所属の川畑真人でした。トーヨータイヤから「川畑選手おめでとうございます!ファンのみなさま熱い応援をありがとうございました!」ということで優勝報告ビデオが公開!

    2017y10m09d_220258627

    タイのチャン・インターナショナルサーキットで開催されたSUPER GT第7戦「タイ」の日産公式ダイジェスト映像です。予選2番手スタートで期待された#12カルソニック IMPUL GT-Rは、3位走行中の残り2周でまさかのトラブル、コースサイドにマシンを止めてしまいました。#23MOTUL AUTECH GT-Rは9位フィニッシュでシリーズランキングは首位と8ポイント差の3番手に踏みとどまっています。

    2017y10m01d_232852086

    9月30日-10月1日に東京・お台場「船の科学館駅前特設会場」で開催された「第1回FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ」。総合優勝が二日間の結果の合計で決められTOYO TIRES GLION TRUST RACINGの川畑真人(日産GT-R R35)が初代王者に輝きました。総合2位はロシアで活躍するPRIMRING TEAM with TOYO TIRESのアルカディ・サレグラセブ(日産スカイライン R34)。3位にWANLI FAT FIVE RACINGの齋藤太吾(日産GT-R R35)となり、日本のツートップがしっかり表彰台を獲得。会場のようすを撮影した動画を集めてみました。

    2017y09m30d_142000867

    ブレーキまっチンチンでワロタww 2013年11月19日に正式発表された日産GT-RニスモとチューンドGT-Rから「GT-Rが進むべき道」を探るホットバージョンVol.127の企画です。土屋圭市、谷口信輝の二人がニスモ、マインズ、HKSの各マシンを全開アタックでチェック!HKSはブレーキパッドが接地する部分から火花が散ってかっこいいなぁ。コースはおなじみの筑波サーキット。参加車両:NISSAN GT-R NISMO 2014、HKS GT-R Racing Performer GT1000R、Mine’s R35 GT-R。

    IMG_7249

    廃車になったたくさんのクルマたちが解体されるのを待っている自動車の墓場「ヤード」。その広大な敷地内を日産フェアレディZがドリフトで駆けぬけてゆくビデオが「NOSエナジードリンク」から公開されています。ドライブするのはフォーミュラ・ドリフト王者のクリス・フォースバーグ。愛車の370Zが解体される…とみせかけてからの超絶ドリフトで魅せる!

    2017y09m20d_233519014

    あっぶないなぁ(゚Д゚) 一歩間違えればコンクリートの餌食だったwww ドラッグレースのチャンネル「1320video」から日産GT-R同士のバトルでおきたハプニングが公開されています。コメントに「1300馬力のGT-Rがドラッグストリップにできたオイル溜りにのるとどうなる?」みたく書いてあるからレーンに漏れたオイルのせいで急な車線変更をしてしまったようです。グレーGT-Rの神回避っぷりがお見事!右からは相手、左には壁が迫るも、反射神経と冷静な判断でフェンダーのスリキズとフロントバンパーのわずかな歪みという最小限の被害で事なきを得ました。

    2017y08m25d_194743360

    ニスモからニッサンGT-R NISMO GT3をドライブするヤン・マーデンボローのヘルメットカム映像が公開されています。サーキットは富士スピードウェイ。途中、観光バスやミニバンを追い抜いていくので、どうやら昨年のニスモフェスティバルのサーキットサファリですかね。今年からGT500にステップアップしたマーデンボローはスーパーGTに参戦する日産の将来を担う若手として期待されています。

    2017y08m24d_015715093

    日産自動車は1940年代のレーシングカーをモチーフとし独自にデザインしたコンセプトカー「インフニティ・プロトタイプ9」を発表しましたが、走行シーンなどが映るプロモーションビデオが公開されています。懐古趣味なスタイリングのボディに最新の高電圧バッテリーを搭載、最高出力148HP、最大トルク320Nmのモーターで後輪を駆動する、レトロフューチャーなヴィークルです。

    このページのトップヘ