星野一義

    2017y12m09d_032827731

    「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2017」でグループA規定時代の「全日本ツーリングカー選手権」で伝説を築いたR32 GT-R Gr.Aマシンが競演!高橋国光/土屋圭市のコンビで戦った「STP タイサン R32 GT-R」1993年仕様をドリキンがドライブして会場を沸かせました。

    2017y11m27d_170948671

    第20回「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2017」が11月26(日)に富士スピードウェイで開催されました。ニスモから8時間近い見逃し配信動画が公開されています。長谷見昌弘や星野一義のお馴染みのメンバーに加えゲストで登場したドリキンが「STPタイサンGT-R」で、エリック・コマスが99年のチャンピオンカー「ペンズオイル ニスモGT-R」を久々にドライブ!

    2017y09m08d_194756521

    モータースポーツやスーパーフォーミュラに興味をもったばかりの人にぴったしのムービーが公開。監督やエンジニア、メカニック、マネージャー、レースクィンはどんな役割を担ってるの!?という疑問が1分で解決!星野一義監督ひきいる「チーム・インパル」が紹介しています。ちなみに今週末は第5戦「オートポリス」です。

    2017y08m31d_135425661

    2005年12月4日に富士スピードウェイで開催された「ニスモフェスティバル」。そのテスト走行日に、シルビアのシルエットフォーミュラ「#23 ニチラ インパル シルビア スーパーシルエット」を試乗しに行った稲田大二郎は、星野一義にレクチャーされながら、暴走族憧れのマシンに試乗!もちろんニスフェス当日の様子も取材しています。さすが武骨なシルエットフォーミュラですね。S12型のフロントFRPカウルだけでも50kgの重さ!

    2016y12m08d_134316031

    「ニスモフェスティバル2016」にも登場していたグループCカー#1「R92 CP カルソニック」とシルエットフォーミュラ#11「トミカ スカイラインターボ」。今年8月に「ツインリンクもてぎ」南コースで行われた走行確認テストの模様をおさめたビデオがCAR WATCHから公開されていたので紹介します。#1は星野一義と鈴木利男の強力タッグが全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)で91、92年とタイトルを獲得。#11は長谷見昌弘がスーパーシルエットレースで6勝した、エキゾーストからでる炎が魅力的なマシン。

    2015y12m02d_211236722

    11月29日に富士スピードウェイで行われた日産のモータースポーツファン感謝イベント「ニスモフェスティバル2015」にて、歴代のマシンを当時の名ドライバーがドライブする「Nissan Motorsports Heritage Run」が開催。日産ニスモの歴史を彩る9台のマシンに北野元、星野一義、長谷見昌弘などのレジェンドドライバー達が参加。その様子を観客席のファンが撮影。

    このページのトップヘ