現地撮影

    16)

    あったあった、こんなカテゴリーwwww サッカーのクラブチームがフォーミュラカーでレースするってコンセプトは面白いと思ったけど、一瞬で消えちゃいましたね(2008-2011年没)。スーパーフォーミュラとネーミングがややこしいスーパーリーグ・フォーミュラのマシンが4.2L V12サウンドを奏でるビデオです。今のF1より確実にいい音wwwロケーションはモンツァ。

    2016y11m01d_183218661

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ウェールズ・ラリーGBが開催され、すでにタイトルを決めているフォルクスワーゲン・ポロRのセバスチャン・オジェが優勝し、ラリーGB4連勝。フォルクスワーゲンも4年連続のマニュファクチャラータイトルを獲得。2位はプライベーターの伏兵タナク(フォード・フィエスタRS)。3位はヒュンダイのヌービル。現地へ足を運んだカメラマン達が撮影したビデオクリップ集とWRC公式&ミシュランのハイライト映像です。

    2016y10m17d_211657729

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦スペインが開催されフォルクスワーゲン・ポロRのセバスチャン・オジェが優勝し、チームメイトでライバルのミケルセンがリタイアしたため、オジェの4年連続WRCタイトルが決定!2位〜4位にはヒュンダイ勢が躍進する結果に。現地へ足を運んだカメラマン達が撮影したビデオクリップ集とWRC公式&ミシュランのハイライト映像です。

    2016y09m10d_022924153

    このダサ臭さがたまらないww イタリアで開催されたヒルクライムレース「Trofeo Vallecamonica」に出場したヒルクライマー「Marco Gramenzi」のニューマシン、アルファロメオ「4C」のビデオです。フロントのゴツイカナードと大型リアウィングを取り付けたこの風貌…まるでミニ四駆みたいだけどチューニングされた1750ccの4気筒ターボエンジン搭載で600馬力を叩き出す!タイヤもフォーミュラカーみたいだしなかなかの変態マシンwww

    2016y09m10d_012700704

    2017年のFIA世界ラリー選手権に向け、前回、7月25日の「TEST5」で初めて舗装路でテストをしたシトロエン。今回イタリアで行われた「TEST6」でもターマックテストを続ける様子が映る、2017仕様シトロエン「C3 WRC」のエキゾースト音全開のスパイショットです。運転するのはファクトリードライバーのクリス・ミーク。

    36)

    1966年から開催されるイタリア伝統のヒルクライムレース「Trofeo Luigi Fagioli」。8月19-21日に開催された第51回大会のクラッシュシーンと激走シーンを集めた2本のビデオです。クラッシュをギリギリ回避すると観客が拍手とラッパで応援してくれたり、なかなか良い雰囲気な会場。サムネイルの1:12秒のオゼッラは急にガードレールへ突っ込んでどうしたの (@-@;)!! なんて思ったら最後のスロー再生で判明したけど、右リアホイールのナットが飛んだのか…

    35)

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ドイチェランドはセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン ポロR)がヒュンダイ勢の終盤の攻勢をしのぎ優勝、WRC通算35勝目。2位はソルド(ヒュンダイi20)3位もヒュンダイのヌービル。現地を訪れたカメラマン達による映像集7本です。全部で45分超のピュアサウンドビデオ。

    2016y05m23d_220313038

    少し遡って2016年5月19日〜22日に開催されたFIA世界ラリー選手権第5戦ポルトガルのアタック&ジャンプ特集のビデオです。ポルトガルといえば風車をバックにジャンプをキメるSS“ファフェ”が大きな魅力。サムネイルはオジェのフォルクスワーゲン「ポロR」です。激烈クールなWRカージャンプ集を公式映像も含め全部で8本!

    2016y07m19d_235104241

    ドイツのヒルクライムイベント「Homburger Bergrennen 2016」で、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン時代の「PIAA NAKAJIMA RACING」のレイナード「97D」が爆走するビデオです。エンジンは無限MF308。F3000マシンに不釣合な峠道を結構攻めててハラハラしたww

    57)

    フランスのヒルクライムレース「Course de Cote Bagnols Sabran Bagnols-Sabran 2016」に登場したマシンのテールスライド、スーパーセーブなどの激走アクション集!中にはクラッシュをしてしまうマシンも。オペル・コモドーレとかの旧車からフォーミュラまで何でもアリ!

    20)

    唸りをあげ走り去るロータス98T、ポルシェ 917/30、マツダ767B,、ザウバーメルセデスC9、ポルシェ936、オートユニオン・タイプC… こんなイベント絶対楽しいに決まってるww「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2016」を観戦した客さんが撮ったビデオ。サムネイルはセナのマクラーレン・ホンダ「MP4/6 」にのるバンドーンにしました。3本合計で40分!

    2016y06m18d_135131517

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦イタリア・サルディーニャラリーは昨年から不振に陥っていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20)が自身2度目の総合優勝!ヒュンダイ・モータースポーツは今季2勝目。フォルクスワーゲン・ポロRのラトバラとオジェが2位、3位。ヒュンダイとミシュランの公式ビデオです。現地撮影組のビデオもピックアップ。

    2016y05m23d_110001544

    FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ポルトガルは2日目以降トップを快走していたシトロエンのクリス・ミークが逃げ切りWRCで嬉しい2勝目!ミケルセンとオジェのフォルクスワーゲンが続いて2位、3位。現地撮影組の爆音ビデオとシトロエン公式ハイライト映像です。

    2016y05m08d_131602124

    7日に決勝を迎えたFIA世界耐久選手権(WEC)第2戦「スパ・フランコルシャン6時間」は、独走態勢を築いたトヨタがまさかのトラブルで2台とも脱落し8号車アウディR18が優勝。ポルシェ2号車が2位、3位にはLMP1-Pクラスの13号車レべリオン。LMP2はアルピーヌの36号車がV。LMGTEクラスはAFコルセのフェラーリがV。動画の見どころはスプリントのようなバトルにLMP1マシンのジャイアン的な走りからの追突、アストンのロールオーバーとオールージュでのフォードGTの大クラッシュ、そして現地組がコース脇から撮影した映像など盛りだくさん。

    2016y03m21d_235654525

    悪天候で2時間15分の赤旗中断をはさんだIMSAのWSCC第2戦「セブリング12時間レース」決勝はESMのスコット・シャープ組リジェJS P2・ホンダが終盤の逆転劇で2連勝。GTLMクラスはコルベット勝利。このサムネイルのコルベットとバトルしてたポルシェはストレート内側の濡れた路面にのってクリップにつけなかったのか…まっすぐ行ってライバルに激突、減速しないままタイヤバリアの餌食に。IMSA公式フルレース映像やファンよる現地映像などピックアップ。

    07)

    3月19日に決勝をむかえるIMSAのWSCC第2戦「セブリング12時間レース」。2月後半に行われた直前合同テストの公式映像がドロップ。映像と効果音にこだわりが感じられカッコイイ!現地で撮影されたエキゾースト音満載のテスト映像もあわせてピックアップ!!

    2016y03m08d_212038209

    FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)2016年バレルンガ公式合同テストが開催。さっそく公式映像やシトロエンレーシングのオンボード映像(王者ロペスかミューラーのどちらかがドライブ)などが公開。テストは両日ともシトロエンがトップで終わったというけどシーズン開幕はまだ先、4月2〜3日フランス・ポールリカールから。ホンダ、ラーダ、新参者ボルボがどこまでやれるのか楽しみ。

    2016y03m06d_224251109

    FIA世界ラリー選手権第3戦ラリー・メキシコはフォルクスワーゲン・ポロR WRCのラトバラが今季初優勝、オジェが2位でVWは1-2。オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)が3位。最終日まで表彰台圏内にいたヒュンダイのソルドはペナルティで4位、5位はヒュンダイのパッドン。ハイライトや現地撮影などWRCサウンドを楽しめるクリップをピックアップ!

    2016y02m27d_134510964

    3月19日に決勝がスタートするIMSAのWSCC第2戦「セブリング12時間レース」にむけたテストが開催!その時のエキゾースト音を楽しめる映像がこちら。決勝レースでは2015年インディカーチャンピオンのスコット・ディクソンがGTLMクラスのフォードGTをドライブすることになったというから楽しみ、チームメイトに同じインディカーで活躍するライアン・ブリスコ。

    2016y02m23d_141314595

    サンマリノ共和国で毎年開催されるイベント「ラリーレジェンド」に登場したアウディ・Ur-クワトロ!ラリーショーだから攻めるというより魅せる走りがモットーなのか、ドリフトにドーナツターン、そしてジャンプ!1980年代前半の希少なマシンなのに、おかまいなしにやりたい放題!見てる方はとにかくシビレてしまう。

    このページのトップヘ