石浦宏明

    2019y07m07d_194543428

    スーパーフォーミュラ2019シーズンを戦うチーム紹介ビデオ第3弾は、痛車フォーミュラカーの草分け「JMS P.MU/CERUMO・INGING」。2012年よりマスコットキャラクター「山口美羽」のイラストをあしらったカラーリングを継続していますが、その見かけとは裏腹にチャンピオンを擁する強豪チームです。今年は二度王者に輝く石浦宏明と新人の坪井翔のコンビで参戦!

    2019y05m17d_220955229

    「SUPER GT Official Channel」から2019年第2戦「富士500kmレース」のバトル&アクシデント オンボード映像集が公開されました。決勝では#38 立川祐路/石浦宏明(ZENT CERUMO LC500)が幾度となくオーバーテイクをみせ優勝しましたが、この映像でも立川さんがダントツ目立ってるwww

    2019y05m08d_144200222

    「2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 FUJI GT 500km RACE」で7番手グリッドからスタートし数々のバトルやオーバーテイクをみせ優勝したLEXUS TEAM ZENT CERUMOの#38 立川祐路/石浦宏明(ZENT CERUMO LC500)のスタートからゴールまでの3時間10分フルオンボード映像です。

    2019y05m05d_192056364

    富士スピードウェイで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 FUJI GT 500km RACE」の公式ダイジェスト映像です。大雨によるセーフティカー導入や赤旗中断など混乱のレースを制したのは自力でライバルを追い越しトップに立った立川祐路/石浦宏明 #38 ZENT CERUMO LC500でした。富士で2年ぶりに表彰台の頂点を獲得!

    2018y08m20d_210940324

    8月19日、全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦「もてぎ」の決勝レースがツインリンクもてぎで行われ、ディフェンディングチャンピオンの石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)がポールトゥウィンで今季初優勝をはたしました。

    2018y08m18d_220506236

    ツインリンクもてぎで開催されている全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の予選が行われ、ディフェンディングチャンピオン石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がコースレコードを更新するタイム「1分31秒591」をたたき出し今季初ポールポジションを獲得しました。 そのアタックラップの公式オンボード映像が公開!

    2018y08m03d_104531341

    全日本スーパーフォーミュラ選手権が2019年から導入予定の新型シャシー「SF19」の開発テストが富士スピードウェイで開催されました。その中でF1などでお馴染みのドライバー保護デバイス「HALO」を実装しての走行も行われ、公式からその時の動画が公開!ドライバーはトヨタ車が石浦宏明。ホンダ車は山本尚貴が担当しています。

    2018y03m12d_181205096

    3月10日-11日に鈴鹿サーキトで開催された「2018 モータースポーツファン感謝デー」で行われたデモレース「スーパーフォーミュラ・オープニングラップ」と「SF ROOKIES」のビデオが公式から公開!石浦、松下、可夢偉、福住、ローランドというトップ5!

    2017y12m10d_172351962

    2017年のスーパーフォーミュラは、7大会7レース中5勝という成績でトヨタRI4Aエンジン搭載車が圧倒、#2 石浦宏明が2度目のシリーズチャンピオンにかがやき、所属チームP.MU/CERUMO・INGINGが2年連続のチームタイトルを獲得しました。「TOYOTA GAZOO Racing」のシーズンハイライト映像!

    2017y08m10d_135734544

    8月6日(日)、SUPER GT第5戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、開幕から4連勝中のLEXUS LC500勢は重いウェイトハンデや燃料リストリクターの影響で苦戦を強いられながらも奮闘、#23 MOTUL AUTECH GT-Rと熱いバトルを繰り広げるなど、立川祐路/石浦宏明組 #38 ZENT CERUMO LC500 が3位表彰台を獲得しました。中嶋一貴/ジェームス・ロシター組 #36 au TOM'S LC500 が4位フィニッシュで、ロシターがランキング首位に浮上!LEXUS陣営は6台全車がトップ10フィニッシュでした。TOYOTA GAZOO Racing公式映像です。

    2017y07m20d_131031033

    2017年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦「富士スピードウェイ」の予選と決勝レースの公式ダイジェスト映像です。7月9日、55周で争われた決勝レースは、ポールポジションからスタートした#1 国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が31周目までトップを守るも、サスペンションにトラブルが発生しリタイア。かわりにトップにたったチームメイトの#2石浦宏明が終盤まで速さを維持し約1年ぶりの勝利を手にしました。2位には初表彰台の#7 フェリックス・ローゼンクビスト。3位に#36 アンドレ・ロッテラーが入っています。

    2017y07m08d_175631933

    スーパーフォーミュラで使用されている、裏側に4本のパドルがついたステアリングを石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が解説!右上はシフトアップ、左上がシフトダウン、残り二つのパドルがクラッチという構成。表には飲み物や無線用、ピットレーンのスピードリミッターボタン、キルスイッチなど沢山のボタンやスイッチが付いています。一大会につき5回使えるオーバーテイクボタンは、左上ドリンクボタンの隣にあります。

    2017y05m10d_153644209

    5月3-4日に、富士スピードウェイで開催された2017年「SUPER GT」第2戦。レクサス陣営は立川祐路/石浦宏明組#38(ZENT CERUMO LC500)がポール・トゥ・ウィンをキメ今季初優勝。大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組#6、平川亮/ニック・キャシディ組#37と続き、LEXUS LC500が開幕から2戦連続で表彰台を独占しました。レクサスは2013年の第6戦以来となる“ホーム”富士での優勝。ちなみに、GT300でも#51「JMS P.MU LMcorsa RC F GT3」が優勝しています。次戦は5月20日・21日に大分県のオートポリスで開催。

    2017y03m07d_205153595

    2017年からF1を戦うストフェル・バンドーンにとって、スーパーフォーミュラでの最後の予選アタックとなったのが2016年最終戦鈴鹿の予選Q3でした。レース2のポールポジションをかけて石浦宏明が1分37秒026を記録し、その直後にバンドーンがだしたタイムが1分37秒031。なんと0.005秒差でポールポジションは石浦の手に!そんな両者の熱いアタック合戦のオンボード映像が「876TV」から公開されています。実況ピエール北川「バーン!ドーン!」って…w

    39)

    鈴鹿サーキットで8月28日に決勝が行われた2016年SUPER GT第6戦「鈴鹿1000kmレース」。レクサス勢は38号車の立川祐路/石浦宏明組 ZENT CERUMO RC Fが予選の失敗を挽回する走りで今季初優勝。2位には38号車とトップ争いを繰り広げた36号車の伊藤大輔/ニック・キャシディ組 au TOM'S RC Fが入りレクサスの1-2フィニッシュ。その他、6号車が4位、19号車が5位、39号車が8位、37号車はリタイアという結果に。

    10)

    2015年スーパーフォーミュラ第7戦(最終戦)鈴鹿。トヨタ陣営はレース1でアンドレ・ロッテラーが優勝、石浦宏明が2位、3位に小林可夢偉、中嶋一貴と続いて4位までを独占。レース2では優勝こそホンダの山本尚貴に譲ったものの中嶋一貴、J-P.デ・オリベイラ、石浦宏明、平川亮などトヨタ勢が2位〜6位を占め、この結果、ランキング首位で最終戦に臨んだ石浦宏明が念願の国内トップフォーミュラ王者に輝いた。トヨタは年間ドライバーズランキング1〜4位までを独占。そんなTOYOTA GAZOO Racingからはスーパーフォーミュラ2015年シーズンハイライトムービーがドロップ!

    2015y11m08d_231226281

    鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラ2015最終戦。8日に2レース制で行われた決勝は、チャンピオンシップをリードしていた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がレース1で2位、レース2でも4位入賞し、ポイントを争っていた中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)を引き離し、国内トップフォーミュラで悲願の王者に輝いた。これは泣ける!不遇の苦労人がついにチャンピオンに…因みに優勝したのはレース1がアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)、レース2は最終戦の男山本尚貴(TEAM無限)が獲得。

    SnapCrab_NoName_2015-8-24_10-32-0_No-00

    2015年スーパーフォーミュラ第4戦は、ポールポジションからスタートしてレースをコントロールした石浦宏明が今季2勝目。次点はスタートで5番手から一挙2位にジャンプアップした中嶋一貴が続き、J-P.デ・オリベイラが3位、A.ロッテラーが4位と、タイトルを争うドライバーが順当に上位をしめた。

    SnapCrab_NoName_2015-5-30_15-50-35_No-00

    7年ぶりのトップフォーミュラ開催となった岡山国際サーキットで行われたスーパーフォーミュラ第2戦。ポールポジションは石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING SF14)がゲット、長年待ちわびた結果に予選後のインタビューでは号泣。次の日に行われた決勝でも石浦が万全レース運びで68周を走り切り、6年目の挑戦で国内トップフォーミュラ初優勝!決勝では泣かなかないよう気を付けたというように、満面の笑みでインタビューに登場!トヨタ勢のダイジェストがドロップ。

    このページのトップヘ