筑波アタック

    2019y03m09d_130026260

    2月23日に行われたチューニングカーによる最速マシン決定戦「GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019」のVIDEO OPTIONレポート「筑波最速NAマシン&海外激っ速マシン編」です。シャーク井入の鮫7♡advanやWTACでも活躍するシビック2台が登場。Vibrant Civicはなんと53秒071をマーク!HKS「TRB-04」のFFレコードタイムをあっさり抜いちゃいましたw

    2019y03m03d_103750433

    2月23日に行われたチューニングカーによるタイムアタック大会「GOODRIDE presents
    Attack Tsukuba 2019」をVIDEO OPTIONがレポート!G-FORCE EVO(谷口信輝)、ENDLESS ADVAN RX-7(島谷篤史 )、AutoBahn 常陽不動産 JZZ30 (坂東邦彦)、ESCORT Evo9(ファイヤー安藤)の走りが紹介されています。

    43)

    トヨタ・スープラなどに載せられていた3リッター直列6気筒ターボ「2JZ-GTE」エンジンに換装した、タイムアタック仕様のマツダ・RX-7(FD3S)のビデオが注目を集めていました。B13型ロータリーより70キロ程重いエンジンを、ボンネットを膨らませて納めることに成功。筑波サーキットのストーレートを駆け抜ける時のキュイーンという加速サウンドがクール!

    2018y04m06d_172819501

    2018年2月15日、谷口信輝がドライブするタイムアタック仕様のハチロク「HKS TRB-03」が、筑波サーキット 2000で49秒445を叩き出し50秒切りを達成!800馬力の86の車名にある「TRB」の由来は「TSUKUBA RECORD BREAKER」の頭文字なんだそうです。その名のとおり箱車のレコードをブレイク!HKSから公開されたフルオンボードを含むビデオです。

    2018y04m04d_102558449

    2018年2月24日に筑波サーキットで開催されたチューンドカー最速決定戦「ATTACK」。その模様を取材した「VIDEO OPTION」の公式ビデオが公開されました。このイベントで最速タイムをたたき出したのは関西からやってきたファイヤー安藤VivaC Evo9!タイムアタック職人谷口信輝がGフォース エボで数日前にだした52秒391をブレイクしてランエボ最速に君臨!!

    2018y04m01d_200702819

    CARトップの筑波アタックで日産 GT-R ニスモ 2018年モデルが最速記録を更新したビデオが公開!これまで1000台以上のサーキットテストをおこなってきたCARトップの名物企画です。市販車ながら、R35 GT-Rブラックエディション 2012年モデルのもっていた1分0秒72という最速タイムを今回どこまで縮めたのか!?

    2017y03m26d_040245274

    マクラーレンが1991年に発表したスーパーカー「マクラーレンF1」。ブラバムやマクラーレンでF1マシンを設計したゴードン・マーレイが手掛けた究極のスーパーカーは、カーボンモノコックのボディにBMWが新たに設計した6.1L V型12気筒エンジン(DOHC 48バルブ)を搭載。最高出力627ps以上/7000rpm、最大トルク66.3/4000-7000rpmを発揮します。乗員は3名でドライバー席は真ん中というのも当時話題になりました。そんなエキゾチックカーを由良拓也が解説。面白いのが、助手席に座ると手が届かずバタフライドアを閉められないらしい…半分閉じてから座るのかしら。由良さんも首をかしげてますねww 後半には服部尚貴が筑波サーキットで全開アタックに挑みます。気になるタイムは!? ちなみに、MR.ビーンことローワン・アトキンソンの所有車は、二度の事故を乗り越えたことで付加価値がつき約15億円で売れています。

    このページのトップヘ