筑波サーキット

    2019y04m16d_201558886

    スタートでウィリー三連発はワロタwww ゲーム実況&モトブログ系ゆーちゅーばー「みやゆう」が2019年初レースに挑む!バイクレースのデビュー戦となった去年の筑波ロードレース選手権 第4戦 ST600クラスでは初レースの洗礼を受け周回遅れにされてしまいましたが、今回もそのST600クラスに参戦します。予選では1列目を獲得!デビュー戦のリベンジなるか!?

    2019y03m09d_130026260

    2月23日に行われたチューニングカーによる最速マシン決定戦「GOODRIDE presents Attack Tsukuba 2019」のVIDEO OPTIONレポート「筑波最速NAマシン&海外激っ速マシン編」です。シャーク井入の鮫7♡advanやWTACでも活躍するシビック2台が登場。Vibrant Civicはなんと53秒071をマーク!HKS「TRB-04」のFFレコードタイムをあっさり抜いちゃいましたw

    2019y03m03d_103750433

    2月23日に行われたチューニングカーによるタイムアタック大会「GOODRIDE presents
    Attack Tsukuba 2019」をVIDEO OPTIONがレポート!G-FORCE EVO(谷口信輝)、ENDLESS ADVAN RX-7(島谷篤史 )、AutoBahn 常陽不動産 JZZ30 (坂東邦彦)、ESCORT Evo9(ファイヤー安藤)の走りが紹介されています。

    2019y02m18d_203319310

    2015年の筑波スピード×サウンドトロフィー(SST)の目玉のひとつがこの企画。小林可夢偉のスーパーフォーミュラマシン「SF14」が筑波サーキット全開アタック、それまで脇阪寿一の持っていた非公式コースレコード46秒935(2001年にフォーミュラニッポンのレイナード99L/無限で記録)に挑むというものでした。その勇姿を伝える「VIDEO OPTION」のビデオです。

    2019y02m13d_202825473

    筑波サーキットFF最速マシン、HKSのTsukuba Record Breaker 4号機(4G63仕様)が最速タイムをマークした1月31日の模様をVIDEO OPTIONがレポート!ドライバーの谷口さんのブログによると、ランサーのエンジン4G63は650馬力にパワーアップ、NOSで最大750馬力(VOPT調べで720馬力)になるといいます。そんなモンスタースイフトで筑波アタック!

    2019y02m09d_143437869

    2019年1月31日(木)にHKSのTsukuba Record Breaker 4号機(4G63仕様)が筑波サーキットでタイムアタックを実施、自身の持つFFチューニングカーでのベストラップを更新しました。4G63エンジンは550馬力から650馬力にパワーアップ、さらにNOSまで搭載されなんと前輪駆動で750馬力!そんなマシンでだしたタイムは55秒498!

    2019y01m17d_000848621

    HKSがすすめている究極のスイスポプロジェクトは三菱4G63をベースに車両側を開発するなどしていましたが、昨年末12月27日、スズキ・スイフトスポーツZC33Sのオリジナル「K14C」エンジンでのアタックを決行したようです。谷口信輝の手でみごとスイスポ最速タイム「57秒480」をマーク!その時のTRB-04(Tsukuba Record Breaker 4号機)オンボード映像です。

    2019y01m17d_215358036

    2018年10月、お値段2,115万円のポルシェ991.2 GT3が筑波サーキット市販車最速の1分切りを達成しました。その時のオンボード映像です。2年以上前に清水和夫がポルシェ991GT3 RSでだしたタイムが1分1秒114でしたがそのタイムを悠々と破る59秒869を記録!裏ストレートは211km/h!!チューニングカーじゃないのにwwww

    2018y12m28d_004459760

    谷口信輝の自慢のハイエースと日産GT-R(R35)VR38DETTエンジン搭載で有名なVITABONハイエースが「VIDEO OPTION」新作ビデオに登場!前半は谷口プロのハイエースを紹介。サーキットに乗りつけ更衣室代わりに使ったり、走行の合間にリラックスできるようカスタムしてあるレーサー仕様です。そして後半はVITABONハイエースで筑波アタックしちゃいます。

    2018y12m22d_155334312

    HKSがスズキ・スイフト スポーツ(ZC33S)をベースに開発中のTRB-04(Tsukuba Record Breaker 4号機)がオリジナルエンジンであるK14Cでベストタイム更新を狙いましたが、路面が濡れていて朝の走行はキャンセル、さらにクラッチトラブルでアタックできず終いに。。。結局、以前使っていた三菱・4G63に戻してタイムアタック。56秒047を記録しました。

    2018y12m02d_113153030

    HKSがスズキ・スイフト スポーツ(ZC33S)をベースに開発中の究極のスイスポ「TRB-04」が11月20日、筑波サーキットコース2000のFFベストタイムとなる56秒308を記録。目標をクリアしたため、それまで積んでいた三菱4G63からオリジナルエンジンであるK14Cを搭載しシェイクダウンを行いました。その時のビデオです。プロジェクトはセカンドステップへ!

    2018y10m04d_132845760

    ポテンザサーキットミーティング2018(PCM)がどんなイベントかだいたいわかるビデオ。Rd1鈴鹿サーキット 南コースで伊藤大輔、平手晃平がゲストで参加、Rd2筑波1000ではスペシャルゲストにインディ500王者 佐藤琢磨が登場!ゲスト陣がCUSCO 86やCUSCO シビック・タイプRでタイムアタックを行ってPCMを盛り上げたようです。

    2018y09m30d_001902912

    日産・GT-R 2017年モデルの進化をチェックすべくNISSAN GT-R Black edition 2017(570ps)、メーカーチューンのNISSAN GT-R NISMO 2015(600ps)、チューニングショップ マインズのMine’s GT-R 2011(650ps)を比較!ドリキンによる全開アタックと、織戸学、荒聖治が加わり三台による筑波サーキット3周バトルです。

    2018y09m07d_172257051

    筑波サーキットでスズキ・GSX-R600(K7)に悲劇が襲う!タイヤのウォームアップを終え徐々にペースを上げていった矢先、S字コーナーの入り口でハイサイドをくらって転倒!マシンから漏れた燃料に引火し大炎上しちゃいました。。ジワジワ侵食してくる炎!!しかも1つ目の消火器では鎮火に失敗。キーホルダーやカメラも丸焦げで切ないなぁ。。。

    2018y08m08d_182623372

    D1ドライバー野村謙が珍ドリ車でドリフトのし心地を試してみたビデオ。「VIDEO OPTION」の新作です。今回登場したセレナ(c23)もハイエース(200系)もドリフト仕様とはいえ、はじめてバンでドリフトをかますのはベテランでも難しかったようですwww

    2018y07m13d_204957892

    ベストモータリングから土屋圭市のオモシロ企画が公開!秋葉原のリアルレーシングシミュレーターショップ「D.D.R AKIBA本店」でドリキンが自分のコースレコードに挑戦。舞台は「グランツーリスモSPORT」の筑波サーキット、マシンはトヨタ86。ステアリングコントローラーとペダルは「LOGICOOL G29 ドライビングフォース」を使用しています。

    2018y06m30d_203201072

    Hot-Version vol.141で谷口信輝のHKS 86が筑波サーキットをドリフトで駆け抜けたビデオが公開!2016年、ワイズファブのアームをとりつけタイヤの切れ角が大きくなった「HKS Racing Performer 86」は、深いアングルのままアクセルを踏み込んでホイルスピンさせられるためタイヤから大量の白煙がwww

    2018y05m19d_155049027

    "年取った伊沢"のFD2が速すぎるwww サーキットにより駆動方式の違うホンダ・シビック タイプR(FD2)、日産・フェアレディZ Version ST、三菱・ランサーエボリューションX GSR、ロータス・エリーゼのレースの結果は違うのか!?袖ヶ浦フォレストレースウェイと筑波サーキットで検証してみたベストモータリング2011年2月号のビデオです。

    43)

    トヨタ・スープラなどに載せられていた3リッター直列6気筒ターボ「2JZ-GTE」エンジンに換装した、タイムアタック仕様のマツダ・RX-7(FD3S)のビデオが注目を集めていました。B13型ロータリーより70キロ程重いエンジンを、ボンネットを膨らませて納めることに成功。筑波サーキットのストーレートを駆け抜ける時のキュイーンという加速サウンドがクール!

    21)

    2009年のフランクフルトモーターショーでお披露目された(997)ポルシェ「911ターボ」。最高出力はついに500馬力に到達!500PS(368kw)/ 6000rpm、最大トルク650Nm。最高速は310km/h以上。前モデルと比べ、とくにエンジンの変更点が多いという新世代911ターボで服部尚貴が筑波サーキット全開テスト!

    このページのトップヘ