織戸学

    2018y01m06d_165544640

    2013年に発売されたHot-Version vol.122の「グンサイ対.ニュル」のビデオが公開されました。当時ニュルブルクリンクでFF最速だったルノー・メガーヌRS、同じくニュルで自己タイムを4秒縮めた日産GT-R2013年モデルと魔王が群サイでバトル!

    2017y12m30d_223148661

    新年二発目の動画紹介は職人が仕立てたチューンドカー頂上決戦!ステアリングを握る土屋圭市と谷口信輝のギリギリの峠バトルにシビレてみてはいかが!?前回は日没で直接対決ができなかった「峠の魔王決定戦 2016」の仕切り直しバトルがベストモータリングより公開されました。今度こそ本当に決着がついたのか!?

    2017y12m21d_185136978

    SUPER GT 2008第7戦「ツインリンクもてぎ」。GT300に参戦するレーシングプロジェクトバンドウは予選後の車検で違反がみつかりタイム抹消のペナルティをくらってしまいます…気をとりなおして挑んだ決勝レースで、ドベからスタートしたWedsSport IS350がみせたスーパーGT史上に残る歴史的大逆転劇!

    2017y12m13d_133451049

    SUPER GT 2008第5戦「スポーツランドSUGO」。GT300に参戦するレーシングプロジェクトバンドウはレクサスIS350にマシンを変更してから三戦目にしてクラスボールをゲット!織戸学もGT人生で初めてのポールポジション獲得!決勝レースはどうなった!?

    2017y12m16d_010808911

    ニュルブルクリンク北コースのタイムアタックで、マスコミが発表した当時の新型ホンダ・シビック タイプRのタイムが7分50秒63。NSXタイプRが7分56秒73とFK2シビックが6秒も速いそうです。そこでポテンシャルを図るためFD2シビック タイプRとドリキン所有のNA2 NSXタイプRの3台で日光サーキット5周バトル!海外の道を想定して開発されたシビックの実力は!?

    2017y12m10d_163111468

    ASSISTの「BMW M3 E92」、J’s RACINGの「ホンダS2000」、REVOLUTIONの「トヨタ86」Super Light Weight、藤田エンジニアリング(FEED)の「マツダ FD3S RX-7」の選ばれしチューンドカー4台が群馬サイクルスポーツセンターに集結!ついに峠の魔王が決定!!

    2017y12m04d_104800365

    「VIDEO OPTION」から公開された織戸学の「俺の夢」シリーズ第二章その2。2008年のスーパーGT300クラスに参戦するレーシングプロジェクトバンドウは第3戦「富士スピードウェイ」でセリカから「WedsSport IS350」にマシンをチェンジ!

    2017y12m02d_010045385

    2010年、ついに日本デビューしたホンダ・シビック タイプR(FN2)。チューニングベースではFD2タイプRに劣るといわれるFN2タイプRを「スプーン」がチューニングし、ノーマルのFD2タイプRと袖ヶ浦フォレストウェイ3周勝負!「Hot-Version」vol.109の企画です。

    2017y11m29d_021732212

    「VIDEO OPTION」から10年前に坂東正敬監督が率いることになった「RACING PROJECT BANDOH」の「SUPER GT 2008年開幕戦 鈴鹿」密着レポートが公開されています。おやじの跡を継いだ新監督とGT500から久々のGT300へ戻った 織戸学はウェッズスポーツセリカでどんなスタートを切ったのか!?

    2017y11m25d_214338730

    2015年にFK2型ホンダ・シビック タイプRが発売、2.0L直列4気筒VTECターボエンジンは310馬力を発揮。当時、ニュルブルクリンク北コースで量産FF最速記録を打ち立てるなど話題になりましたが、わずか2年で次世代モデルが登場。日本では750台の限定販売でした。そんなシビック タイプR(運転は織戸学)にドリキンの乗るEK9型シビックRが勝負を挑むwww

    2017y11m18d_172817338

    2016年「Hot-Version vol.137」収録のチューンドGT-R対決。日産のモータースポーツ部門「ニスモ」と、峠の魔王でお馴染みの日産車を得意とするチューナー「MCR」のR35 GT-Rが群馬サイクルスポーツセンターの峠で対決!

    2017y11m10d_223028393

    峠最強伝説の魔王決戦にのぞむべく開発がつづけられたARVOUのホンダ・S2000。レボリューション86とともに群馬サイクルスポーツセンターにもちこまれ、セットアップをつめていたところまさかのクラッシュ!2015年の「Hot-Version」vol.137に収録の企画。

    2017y09m30d_135909743

    「峠の魔王」となった藤田エンジニアリングの魔王RX-7にロータリーファイター達がいどむ!ホットバージョンVol.127の企画が公開されています。プロの三人は土屋圭市が魔王号、織戸学がRX-7、谷口信輝がロードスターで参戦!岡山国際サーキットの5周バトルで、魔王は男気の最後尾19番グリッドからのスタート。はたして勝ったのは誰!? 参加車両:FEED FD3S NA RE、FEED MAOU FD3S、AUTO CRAFT KYOTO FD3S、RE Wing Tsubasa SPL FD3S、LEG MOTOR SPORT RX-8、FEED ROADSTER RE。

    2017y06m24d_134320771

    2014年に発売されたHot-Version vol.129の、ゲキ安中古FR車で群馬サイクルスポーツセンターの峠を攻める企画です。13万キロ80万円の1999年式ホンダS2000、9万4千キロ35万円 98年式マツダ・ロードスター、14万9千キロ 80万円 03年式マツダRX-8、変わりダネでは、スズキの660cc直列3気筒エンジンを搭載し、わずか490kgとめちゃくちゃ軽いケータハム・セブン160が登場!ドリキン、織戸学、谷口信輝はどんなタイムをだした!?

    2017y04m17d_133554293

    2009年発売のHot-Version vol.97に収録の、懐かしいロータリーマシンをセントラルサーキットで走らせてみる企画がベストモータリングから公開。一つ目は初代マツダRX-7ベースのシルエットフォーミュラ仕様が登場。ワンオフでポルシェ935風に仕上げてあります。もう一つは、JSS仕様の二代目RX-7。部品は全て当時の物を使用しているそうです。ミッションはなんとマツダスピード試作品ww 出演ドライバー:土屋圭市、織戸学、谷口信輝。車両:MAZDA RX-7 SA22C SUPER SIHOUETTE、MAZDA RX-7 FC3S JSS Racer。

    2017y03m18d_130803348

    トヨタの名車「AE86」とホンダ究極のNA「VTEC」の戦い!どちらも好きというドリキンが乗ってきたハチロクはホンダ「S2000」のF20Cへ換装してあるキワモノマシンでしたwww そんな「ウソ2000」を交え筑波サーキット5周バトル!Hot-Virsion vol.55に掲載。ドライバー:土屋圭市、織戸学、飯田章、土屋武士、山路慎一、川崎俊英。出場車両:ARVOU AE86、Crystal Body Yokohama AE86、HOT STAFF AE86、SPOON EG6、Techno Pro Spirits DC2、Amuse S2000

    2017y03m18d_124446071

    「ニッサンR92CP #1カルソニック」といえば星野一義/鈴木利男のコンビで91、92年のJSPCを席巻した日産が誇るグループCカーですが、2001年12月2日に富士スピードウェイで開催されたニスモフェスティバル前日、土屋圭市がそのモンスターマシンに乗りこみ全開インプレッションに挑みました。車重850kgで1,000馬力、ル・マンのストレートでは400km/h超え(非公式ですが富士でもでてるはず)という冗談みたいなマシン。ドリキンの反応は!?ちなみに、もうひとつ日産のワークスカーをドライブしていますが、そちらは#23「フェアレディ240Z HS30レーシング」でした。味のあるZ!2002年発売Hot-Version vol.55に収録のビデオ。

    2017y01m28d_132937335

    2009年5月に筑波サーキットで開催された「アイハートホンダ」のメインイベントとしてチューンド・VTECマシンによるバトルが行われました。レギュレーションはVTECをつんでいれば何でもアリwww その模様をおさめたホットバージョンvol.99のビデオがベストモータリングから公開されています。
    ドライバーは土屋圭市、織戸学、加藤寛規、山野哲也。 出場マシン:J’s RACING FIT K24A 330ps、SS WORKS CR-X B16A 230ps、ASM S2000TA F20C 340ps、TOP FUEL S2000 F20C TURBO 680ps、ESPRIT NSX C30A TURBO 570ps

    2017y02m01d_123930116

    2007年のD1オールスター戦で優勝したヴァン・ギットンjr.が日本に上陸。土屋圭市 、織戸学、谷口信輝、飯田章とスペシャルバトル!しかし天気はあいにくの雨となってしまいました。ドライで見たかったなぁ…それでも織戸学のキレッキレのウェットドリフトが目撃できる、岐阜県瑞浪サーキットでのドリフトアタック合戦でした。 ベストモータリングから公開されたホットバージョンvol.98のビデオを、前半の企画「土屋圭市流ドリフトを伝授!」とともにピックアップ。参加車両:Magic FD3S、ST Garage LEXUS IS250、HKS FAIRLADY Z 500SC、FORD Mustang V8 GT。

    2017y01m28d_131008941

    ホットバージョンvol.99のムービーがベストモータリングがら公開!出だしの神妙な面持ちで挨拶をするドリキンについて補足すると、2008年夏に「峠最強伝説」収録中の事故により、伊藤大輔が頭蓋骨骨折などで一時意識不明となる重症を負ってしまいました。その後、この人気企画は封印されていたのです。そしてこの発表で復活。この時から出演するドライバーは皆ヘルメットをかぶるようになりました。(それまで被っていなかったのも凄い!)そんなワケで復活第一弾はコンパクトカーで群サイを目指す企画。その予選、仙台ハイランドレーシングコースでのバトルの模様です。ドライバーは土屋圭市、織戸学、谷口信輝。

    このページのトップヘ