関口雄飛

    2019y05m28d_211222410

    サバイバル戦となった「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」ですが、予選ではのりにのってる男 関口雄飛(#36 au TOM'S LC500)がLEXUS陣営に今季初となるポールポジションをプレゼント。決勝ではその#36が終盤に独走態勢を築きトップでチェッカー、今季初勝利を飾りました。

    2019y05m27d_152312136

    今季初のドライレースとなった「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」の公式と日産のダイジェスト映像です。決勝ではトムスの2台とルマンによるレクサス同士3台の首位争いを制した#36 中嶋一貴/関口雄飛 au TOM’S LC500がポールトゥウィン!2位に#37 KeePer TOM’S LC500、#6 WAKO’S 4CR LC500がはいりレクサスが表彰台を独占しました。

    2019y05m23d_210044626

    2019年スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスの決勝は「最近のSFは結構波乱がおきるから、優勝の確立は低いけど無くはないと思った。」という16番手スタートの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がソフトタイヤでスタートし13周目にトップに浮上、45秒のギャップを築くと無難にタイヤ交換をきめトップでチェッカー!大逆転の今シーズン初勝利!!

    C33B8F20-6BDB-4495-BA99-4AF4AB508C90

    9月9日(日)に全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝レースが岡山国際サーキットで開催されました。荒天のためスタートディレイ、周回数減、セーフティカー先導スタート、赤旗中断、度重なるセーフティカーランなど先の読めない展開のなか、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)とのバトルを制し今季初優勝を飾りました。

    2018y09m09d_111252773

    9月8日(土) 岡山国際サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦「岡山」公式予選でポールポジションを獲得した#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)のオンボード映像です。元王者達が早々に脱落する波乱の中しっかりQ3に進むと、1分24秒466をマークした小林可夢偉を最後に逆転!1分24秒446で今シーズン初のPPを獲得しました。

    2018y08m05d_230934152

    8月5日に「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 500mile RACE」決勝レースが開催され、3番手スタートの中嶋一貴/関口雄飛組#36 au TOM’S LC500がトップでチェッカー、7番手スタートの#1 KeePer TOM’S LC500が続き、トムスがワンツーフィニッシュを決めました。#36は右リヤタイヤの脱着に二度も手間取るもライバルの脱落に助けられ優勝!

    スクリーンショット(2018-07-05 18.50.02)

    スーパーGT第4戦「タイ」でレースを盛り上げた#36 au TOM’S LC500のスタートからストップするまでの車載映像です。レース終盤、小林可夢偉の#39DENSO KOBELCO SARD LC500とトップ争いをしていた関口雄飛はファステストをたたき出すなど東條エンジニアも想定外のラップタイムを刻んでいたといいます。そのため燃料が予定より多く消費され悪夢のガス欠…

    スクリーンショット(2018-06-07 20.28.41)

    スーパーGT公式から5月20日に鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km Fan Festival」のバトル&アクシデント車載映像集が公開されました。#39 DENSO KOBELCO SARD LC500コバライネンのミステイク、#36 au TOM’S LC500と#23 MOTUL AUTECH GT-Rの接触バトル、関口雄飛のレース中にガッツポーズなど熱いシーン満載!

    2018y03m29d_203433314

    3月28、29日に富士スピードウェイで開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第2回公式合同テスト。初日の午前にトップタイムを叩き出した#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、初日午後#2 国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、二日目午前#5 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の車載映像が公式より公開されました。

    2018y01m12d_210530106

    ハチロクターボ仕様の実力をはかるためフェアレディZ Z34、S2000、FD3S RX-7、180SX、S15シルビアなど歴代のFRマシンとハンドリング勝負&筑波サーキットバトルするHot-Version vol.122 の企画が公開されています。ドライバー陣も土屋圭市、服部尚貴、谷口信輝、荒聖治、大井貴之、関口雄飛と豪華!

    2017y10m19d_135310147

    坂東正明代表(GTA会長)の息子、坂東正敬監督率いるレーシングプロジェクトバンドウから#19「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」のかっこいいムービーが公開!

    2017y09m25d_155036326

    10月24日に68周の決勝レースが開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦「菅生」は、ITOCHU ENEX TEAM IMPUL #19関口雄飛が今季2勝目を飾りました。決勝当日のフリー走行でクラッシュ、本番直前に不具合が発覚しグリッド上で急遽交換するハプニングから復活、スタートでホールショットをきめるとレースをリードしトップでチェッカーをうけました。2位にピエール・ガスリー。3位に中嶋一貴。これで残すのは10月21-22日開催の最終戦鈴鹿(2レース制)のみ。ランキングトップの石浦宏明が再び頂点に返り咲くのか、それとも0.5ポイント差で続くガスリーや5ポイント差のローゼンクウィストのルーキーが新王者になるのか!?波にのっている関口雄飛も怖い存在です。どうなるか楽しみですね。ちなみに、その後に続く中嶋一貴、ロッテラー、小林可夢偉、国本雄資にもタイトルの可能性が残っています。

    2017y05m29d_192239772

    岡山国際サーキットで開催されたスーパーフォーミュラ第2戦。土曜日に開催されたレース1では#36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S/トヨタ)が2015年以来となる久しぶりの優勝、日曜日のレース2では絶好調男、#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/トヨタ)が今季初勝利を飾りました。スーパーフォーミュラ公式から各レースの予選、決勝ハイライト映像が公開されています。キャシディやローゼンクビスト、山下健太といった新人が上位に顔をだしたのも印象的でした。次戦、Rd.3「富士スピードウェイ」は7月8-9日に開催予定。

    2017y05m27d_175232951

    5月27-28日に岡山国際サーキットで開催されているスーパーフォーミュラ第2戦。土曜日に行われたレース1のポールシッター関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)の予選アタックのオンボード映像が公開されています。20分間のアタックで2番手のアンドレ・ロッテラー(VANTELIN KOWA TOM’S)に0.6秒もの差をつける1分13秒387を記録!3度目となるポールポジションを獲得しました。ちなみにその後の決勝レースではロッテラーが優勝。関口雄飛は2位となっています。3位にキャシディー。

    2017y04m04d_215902889

    3月31日午後、雨の中おこなわれたスーパーフォーミュラ富士合同テストは#19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分48秒988と唯一48秒台に入れセッショントップタイムを記録しました。その時のオンボード映像が公式から公開されています。昔は古舘伊知郎の「雨の中嶋」なんて名言もありましたが、今は「雨の関口」のドライビングが見ていて面白いですね。まーこの人はドライでも面白いけどww

    2016y10m13d_210805197

    タイ・ブリーラムの「チャン・インターナショナル・サーキット」で開催されたスーパーGT第7戦。レクサス勢は唯一、ヨコハマタイヤを履く19号車「WedsSport ADVAN RC F」がポール・トゥ・ウィン。スーパーフォーミュラではチャンピオンシップを争っている関口雄飛と国本雄資の二人はGT500でコンビを組んで7戦目で優勝を手にすることに。3位にも6号車「WAKO'S 4CR」が入り選手権2位に躍進。TOYOTA GAZOO Racing」から公開された公式ダイジェストです。

    2016y09m26d_192153529

    スーパーフォーミュラ第6戦SUGOはポールポジションを獲得したインパルの関口雄飛がセーフティカー後に確変モードに入り、後続を1周につき1秒引き離すワンメイクレースとは思えない走りで最大34秒のリードを築きあげ優勝。今季2勝目をあげる。2位にはベストリザルトの中嶋大祐。3位に野尻智紀。公式から公開されたダイジェスト映像です。なお、この動画では関口さんの熱い走りはあまりみせてくれませんww

    2015y08m20d_114030593

    2011年全日本F3チャンプで現在はスーパーGT、GT500のドライバーを務める男のハンドル捌きは伊達じゃなかった!雨の富士スピードウェイ、タイヤが水にのってしまい今にもコース外に飛ばされそうなマシンを見事にコントロールしてゆく迫力のオンボード!8月22〜23日にツインリンクもてぎで開催される全日本F3選手権第14/15戦に、B-Max Racing teamより出場する事になった関口雄飛のF3トレーニング風景。

    このページのトップヘ