飯田章

    スクリーンショット(2018-05-26 17.17.48)

    公式練習だと思ってたのが予選とか笑うwww トヨタが新興国向けに販売する「エティオス」ではじめてのレースが開催!そのレースに飯田章が参戦してみた「VIDEO OPTION」のビデオです。当時モータースポーツが根付いてなかったインドの草レーサー達(フレッシュマン)を相手にどんなバトルをみせたのか!?突っ込みどころ満載のレースww

    スクリーンショット(2018-05-12 20.12.43)

    1994年のル・マン24時間レースに出場するため事前テストに参加したチーム国光の土屋圭市、高橋国光、飯田章に密着。Hot-Version vol.9のビデオが公開されました。まずはこのコースをよく知る国さんがラインどりなど攻略法を伝授!その後ドリキンが93年NSX ADAC GT仕様でコースイン、夕刻からついにホンダ・NSX LM GT2で本格的にアタックします。初サルトの感触は!?

    2018y03m30d_210612779

    2011年5月26日発売の「VIDEO OPTION」vol.207のレクサスLFA特集のビデオが公開!500台限定でトヨタが世界に送り出した「LEXUS LFA」はすべてが職人によるハンドメイドで、匠のこだわりが光る和製スーパーカー!お値段は当時の価格で3750万円!!なんでも、自慢のエンジン音は特別な反響板でコクピットへ導きドライバーをエクスタシーに誘うそうです。

    2018y03m28d_142630053

    16気筒4ターボで1000馬力超を出力、時速407キロを記録した脅威のスーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン」。発売当時のお値段が1億円オーバーということでも話題になりましたが、「VIDEO OPTION」でくまれた特集映像が公開されました。インプレッションするのは飯田章。一般道では退場させられたラーマンじゃなく坂東正敬監督が助手席にwww

    2018y02m17d_205455120

    究極のハチロク対決!水戸納豆レーシング飯田章のトヨタ・カローラレビン(フルチューンのAE101グループA仕様4A-GE型エンジン搭載)に相棒の織戸学が乗り込み、土屋圭市のトヨタ・スプリンタートレノ(ノーマルチューン)と十勝スピードウェイジュニアコースで勝負!!

    2017y07m22d_143249162

    アミューズが提案した、「オトナでも乗れるルックスと安いランニングコストで、質の良い走りができる。」という、100キロ減量したMR-Sの走りは!?ドリキンがロータスエリーゼと比較!!共演、飯田章。ロケーションは筑波サーキット。2000年発売のHot-Version vol.43に収録の企画です。

    2017y03m18d_130803348

    トヨタの名車「AE86」とホンダ究極のNA「VTEC」の戦い!どちらも好きというドリキンが乗ってきたハチロクはホンダ「S2000」のF20Cへ換装してあるキワモノマシンでしたwww そんな「ウソ2000」を交え筑波サーキット5周バトル!Hot-Virsion vol.55に掲載。ドライバー:土屋圭市、織戸学、飯田章、土屋武士、山路慎一、川崎俊英。出場車両:ARVOU AE86、Crystal Body Yokohama AE86、HOT STAFF AE86、SPOON EG6、Techno Pro Spirits DC2、Amuse S2000

    2017y03m26d_025929557

    1994年から名前を「JTCC」に変えた全日本ツーリングカー選手権は、それまでとは違うスプリントレースとなり、マシンのイコールコンディション化を図ったため接戦が繰り広げられるようになりました。94年はトヨタ、日産、ホンダ、マツダなど日本メーカーに加え、BMW、ボクスホール(オペル)、アルファロメオ(スポット参戦)などが参戦。後のルマン24時間最多王者トム・クリステンセンもトヨタ「コロナ」で出場していました。そんなシーズンの第8戦「仙台ハイランド」の車載を交えたダイジェストがベストモータリングから公開!車載はベスモキャスターだった服部尚貴(ジャックス シビック)、土屋圭市(STP 圭市 CIVIC)、中谷明彦(綜合警備BMW)、黒澤琢弥(TOYOTA CORONA)、飯田章(ザナヴィ・サニー)に設置。果たして誰が表彰台に立った!?

    2017y01m28d_124255052

    この勝ち方はどうなのwww チューンド東西決戦第3戦は織戸学がお休みで、チーム東の土屋圭市、飯田 章とチーム西の脇阪寿一、伊藤大輔による対決になりました。これまで自然吸気の乱、過給器の乱、と争ってきて結果は五分五分。そこで今回は「エボ軍団の乱」ということでインプレッサとランエボで筑波サーキット5周バトル!2006年発売のホットバージョンvol.82より。出場マシン:東GALLERY LANCER EVO 6、AUTO PRODUCE BOSS IMPREZA。西ORIGINAL RUNDUCE LANCER EVO 9、AQUA IMPREZA。

    2017y02m01d_123930116

    2007年のD1オールスター戦で優勝したヴァン・ギットンjr.が日本に上陸。土屋圭市 、織戸学、谷口信輝、飯田章とスペシャルバトル!しかし天気はあいにくの雨となってしまいました。ドライで見たかったなぁ…それでも織戸学のキレッキレのウェットドリフトが目撃できる、岐阜県瑞浪サーキットでのドリフトアタック合戦でした。 ベストモータリングから公開されたホットバージョンvol.98のビデオを、前半の企画「土屋圭市流ドリフトを伝授!」とともにピックアップ。参加車両:Magic FD3S、ST Garage LEXUS IS250、HKS FAIRLADY Z 500SC、FORD Mustang V8 GT。

    2016y12m17d_103255694

    ホットバージョンvol.90に収録されていた「峠最強伝説GP2007 Rd.2 TOUGE300」の予選、決勝が公開されました。NA最速、新魔王決定トーナメント出場権を獲得すべく5台のチューニングカーが群馬サイクルスポーツセンターに集結! マシン:RP BANDOH EXIGE、TRACY SPORTS NSX、SPOON FD2 CIVIC R、SEEKER S2000、J’s RACING S2000。出演ドライバー:土屋圭市、伊藤大輔、飯田章。

    2016y10m30d_135124070

    NSXやS2000、インテグラRなど、ホンダのVTECエンジンを搭載したチューニングカー同士が対決した2004年ホットバージョン VTEC CLUB vol.2の企画。そのビデオがベストモータリングから公開されました。筑波サーキットでタイムアタック対決 & 5周レース。参加ドライバー:土屋圭市、織戸学 、谷口信輝、伊藤大輔、飯田章、金石勝智 。

    2016y07m31d_142011650

    2006年に発売のホットバージョンvol.86に収録された、J-WRCのスズキ「スイフト」と「峠最強線説」の魔王に迫る実力を備える「シーカーEG6シビック」や土屋圭市愛用の「AE86」が対決する懐かしの企画がベスモから公開!魔王のポテンシャルを試すために行われたというバトルで勝ったのはどのマシン!?ドライバーはドリキンと飯田章。

    このページのトップヘ