CARトップ

    2017y07m12d_002330551

    2017年5月31日、メルセデス・ベンツの歴代Eクラスで最速のパフォーマンスを誇る「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」がデビュー。V8DOHC 4.0リッター直噴ツインターボで、612馬力、850Nm、0-100km/h加速が3.4秒というモンスターセダンですが、なんと、4輪駆動なのにドリフトができる「ドリフトモード」が搭載されています。「WEB CARトップ」からドリキンこと土屋圭市がドリフトを試したり高速インプレッションをおこなうビデオが公開されました。メルセデス・ベンツのイメージを覆す「ドリフトモード」を試したドリキンの評価は!?

    2017y06m03d_121846124

    全然辛口じゃなくてワロタwww 土屋圭市が日産の最新スポーツモデル、GT-R、フェアレディZニスモ、マーチNISMO S、オーテックマーチボレロA30の4台を走り比べする企画がWEB CARトップから公開されています。マシンを試すのは筑波サーキット。いつになく黙々とステアリングを握るドリキンの評価はいかに!?

    2017y05m04d_102048452

    2017年3月25日に行われた「筑波フェスティバル」で目玉企画として行われた、市販スーパーカーによるレースと清水和夫の筑波アタック。その時の模様が「CARトップ」から公開されています。果たしてどのマシンに分があるのか?参加車両:ジャガーFタイプ SVRクーペ、アウディR8クーペ V10プラス5.2FSI クワトロ、ホンダNSX、ポルシェ911ターボS、日産GT-Rトラックエディション。ドライバー:清水和夫、ピストン西沢、中谷明彦、桂伸一、五味康隆。

    2017y02m04d_164459018

    日本が誇るスーポーツカー同士のガチ対決が実現しました。ホンダの新型NSX(2370万)と、17年型日産GT-Rニスモ(1870万)が筑波サーキットで3周バトルに挑む!ステアリングを握るのは土屋圭市と中谷明彦のベテランコンビ。ドリキン曰くNSXを速く走らせるには、電子制御が介入する手前で走らせる必要があるのだそうです。何だか難しそうだww R35はデビューからもう10年がたとうとしてるんですねぇ、はやい!気になるバトルの結果は…皆さんがうすうす感づいているとおりだと思いますwww

    2016y12m27d_142436407

    スーパーGTで活躍する日産ワークス「NISMO」のレーシングドライバー松田次生がニスモのロードカーを走行インプレッションする5分間のビデオです。今回、公道を走らせたのは「フェアレディZ」「2017 GT-R」「ジューク」「マーチ」の4台。ニスモとともに2度のGT500王者に輝いた男の感想は!?「WEB CARトップ」から公開。

    2017y01m07d_121712791

    マツダ「NDロードスター」とそれをベースに造られたアバルト「124スパイダー」。共同開発された兄弟車として有名なスバル初のFRスポーツ「BRZ」とトヨタ「86」。各マシンを乗り比べ、FR独特の「味」や「特徴」を土屋圭市がインプレッションする動画が「WEB CARトップ」から公開されています。ロケーションは筑波サーキットコース1000。ドリキンの評価は!?

    2016y12m27d_132444628

    「WEB CARトップ」から、ガンさんこと黒沢元治がサーキットで、ドリキン・土屋圭市が公道で新型NSXに試乗する動画が公開されています。1990年にデビューした初代NSXの衝撃を知る二人は新型NSXをどう感じたのか。公道を走ったドリキンはワインディグな峠の乗り心地にも太鼓判!でも、コースを攻めたガンさんはちょっと納得いかないご様子かも…

    このページのトップヘ