IMSA

    2019y08m12d_232902193

    IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップに参戦するマツダチーム・ヨーストが、現行のWTSCで初優勝を果たしたワトキンスグレンからさらに勝利をのばし、第7戦「モスポート」で77号車オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス組が初勝利!第9戦「ロードアメリカ」では55号車ジョナサン・ボマリート/ハリー・ティンクネル組が2勝目をあげました。

    2019y07m01d_202619045

    F1ではホンダが13年ぶりの勝利をあげ、SUPER GTではチーム・ルマンが6年ぶりの優勝に沸きましたが、太平洋を渡ったIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WTSC)第6戦「ワトキンスグレン」ではマツダが久しぶりに勝利の喜びに酔い痴れました。初参戦から苦節6年、現行のWTSCでは初めての勝利となっています。「NBCSports」のハイライト映像です。

    2019y06m02d_180006649

    デトロイトで開催されたIMSAウェザーテック スポーツカー チャンピオンシップ(WTSC)第5戦で#6 ファン・パブロ・モントーヤ/デイン・キャメロン組 アキュラ ARX-05(チーム・ペンスキー)がポールトゥウィンを達成!前戦ミド・オハイオ戦に続き2勝目を挙げました。チームメイトの#7も3位表彰台を獲得しています。NBCによるハイライト映像!

    2019y05m28d_194652740

    WEC世界耐久選手権2019-20年シーズンにデビューすると囁かれるGTE規定の新型ポルシェ911 RSR(992型)とみられるマシンがイタリアのモンツァサーキットに登場!全開でテストに励む姿が目撃され話題になっています。その走行シーンをとらえたビデオ。注目ポイントは排気管がサイド出しになっているところでしょーか。

    2019y03m22d_152620791

    IMSAウェザーテックスポーツカー選手権(WTSC)第2戦「セブリング12時間レース」でマツダ・チームヨーストの2台のRT24-Pはまたしても優勝のチャンスを逃してしまいます。2番手スタートの77号車はコーション明けに一時トップを走るもスタートから2時間過ぎに電気ケーブルのショートでコース上にストップ、その後修復、復帰し最終的にクラス11位で完走しました。

    2019y03m22d_145855543

    IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(WTSC)開幕戦「第57回ロレックス・デイトナ24時間レース」でマツダ・チームヨーストの#77マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/ティモ・ベルンハルト/レネ・ラスト組)が予選で公式コースレコードを更新しポールポジションを獲得、しかし、決勝ではターボトラブルがでてしまいリタイアとなりました。

    2018y09m19d_194410025

    ラグナ・セカで開催された2018年の「モントレー・モータースポーツ・リユニオン」では、北米で50年を超えるモータースポーツの歴史を持つ日産/ダットサンを祝うイベントが開催されたそうです。会場には無敵の IMSA GTO 300ZXやGTP ZX-T、BRE Datsun 510など、日産ヒストリックレーサーが50台以上集結!ニスモからその模様を振り返るビデオが公開されました。

    2018y07m16d_200007279

    モータースポーツの祭典でレクサスのGT3カーにまさかの大損害!IMSA・WTSCのGTD(GTデイトナ)クラスに参戦する3GTレーシングの#14「LEXUS RC F GT3」が2018年のグッドウッドFoSで大炎上しちゃいました。燃料漏れでしょうか、パドック内に停車したマシンが発火!

    2018y05m07d_234846109

    オハイオ州で開催されたIMSAのWSCC第4戦「2018 Acura Sports Car Challenge at Mid-Ohio」の公式レース映像が公開されました。このレースでは今年デビューしたアキュラのDPiマシン「ARX-05」を駆るエリオ・カストロネベス/リッキー・テイラー組がポールトゥウィン!アキュラにデビュー4戦目での勝利をプレゼントしました。同僚も2位でアキュラがワンツー。

    2018y04m06d_191951391

    テキーラ・パトロン・ESMの #22 ニッサンDPiが優勝した、IMSA・WSCC(ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ)第2戦「第66回セブリング12時間レース」の公式ハイライト映像です。この伝統の一戦で日産の名前が頂点に刻まれたのは、1994年のフェアレディZ(300ZX)以来24年ぶりでした。NISMOの報告ムービーとあわせてピックアップ!

    2018y03m22d_224953641

    フロリダ州セブリング・インターナショナル・レースウェイで開催された、IMSA WSCC第2戦「第66回セブリング12時間レース」で二台のマツダRT24-Pは予選でボディパーツのつなぎ目にタンクテープが貼られていたことでタイム抹消のペナルティ。決勝レースはクラス最後尾から追い上げる展開となりました。マツダ公式ダイジェスト映像です。

    2018y03m19d_174256007

    IMSA・WSCCは開幕戦につづき伝統の一戦「第66回セブリング12時間レース」が開催。現地セブリング・インターナショナル・レースウェイのパドックやピット、コース脇からプラクティスや決勝レースを撮影したビデオです。ちなみにこのレースを制したのは、テキーラ・パトロン・ESMのオーバービーク/デラーニ/ラピエール組 #22 ニッサンDPiでした。

    2018y02m01d_190136950

    IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップ(WSCC)に参戦するマツダは、今シーズンから耐久レースの雄「ヨースト・レーシング」と提携、「マツダチーム・ヨースト」となり2018年開幕戦デイトナ24時間レース「Rolex 24」に挑みました。マツダ公式映像です。

    2018y01m31d_021241846

    2018年のデイトナ24時間レース「Rolex 24」の決勝レースが行われ、注目の総合優勝はマスタング・サンプリング・レーシングのバルボサ/アルバカーキ/フィッティパルディ組の#5キャデラックDPi-V.Rが獲得しました。2位は#31キャデラック。3位フィシュは#54オレカ。

    2018y01m26d_165053499

    2018年のデイトナ24時間レース「Rolex 24」にユナイテッド・オートスポーツから参戦するフェルナンド・アロンソの予選オンボード映像と、IMSA公式の予選フルパートムービーです。#23のリジェJS P217・ギブソンはアロンソのアタックで予選13番手を獲得、チームメイトの#32よりも1秒以上速いタイムを刻みました。

    2018y01m09d_191700188

    フェルナンド・アロンソがデイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」のスケジュールを完了、#23リジェJS P217・ギブソンはピット位置決定の予選セッションで12番手タイムを記録しています。マクラーレンからはユナイテッド・オートスポーツチームのハイライト映像が公開。シート合わせをするアロンソを映したビデオと一緒にピックアップ!

    2018y01m07d_212122932

    1月5日(金)から7日(日)にかけて開催されたデイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」でガレージ内やマシンがピットロードを行きかう様子、予選、プラクティス、ナイトセッションの激走シーンのビデオ集です。サーキットの雰囲気が伝わる9本!

    2018y01m06d_143435241

    デイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」の初日、フェルナンド・アロンソがユナイテッド・オートスポーツのリジェJS P217・ギブソンをドライブ、はじめてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを走行しました。コースを走る各マシン、ピットやパドックでのアロンソの様子がうかがえるビデオです。#23のFP1は6位。FP2は13位でした。

    2017y08m23d_151735667

    前にマツダ767Bがラグナセカを疾走するバイザーカム映像を紹介しましたが、「RACER」からは「イーグル・Mk 轡肇茱拭廚離丱ぅ供璽ム映像も公開されています。ちょっと白飛びぎみ…

    2017y10m05d_125823256

    ブラジル・サンパウロ出身のエリオ・カストロネベスがインディカーシリーズで20シーズンを過ごしたのを記念し動画が公開されました。CART時代の1998年開幕戦「マイアミ」にベッテンハウゼンからデビューしたのがはじまり。その2年後にはトップチームのチーム・ペンスキーに移籍し、エンジンがホンダやトヨタ、シボレーと変わっても同チームから参戦し続けてきました。インディ500は2001、2002、2009年と3回も制しているのにシリーズタイトルは無冠というのが意外ですね。現在42歳。優勝したときの金網をのぼるパフォーマンスからスパイダーマンの愛称で親しまれています。そんなカストロネベスは来年から戦いの場をIMSAのWSCCにうつす事が発表されました。ファン・パブロ・モントーヤ、デーン・キャメロンとともにチーム・ペンスキーのアキュラARX-05をドライブ予定。インディ500へは引き続き挑戦するそうです。

    このページのトップヘ