KTM

    2018y05m16d_165155603

    富士スピードウェイ名物ロングストレートエンドの1コーナー侵入で痛い事故に巻き込まれた瞬間!KTM 1290スーパーデュークRの車載映像です。クリッピングポイントへむけ曲がったところ、イン側の死角からズドーンと初心者ミサイル!エスケープゾーンへとはじき出されライダーは転落しちゃいました。この衝撃で一時的に呼吸ができなかったそうです。怖えぇぇ。。。

    スクリーンショット(2018-05-15 14.11.35)

    ワールドエンデューロスーパーシリーズ(WESS)が「Extreme XL Lagares」で開幕!ポルトガルの世界遺産都市ポルトのコースを駆け抜けるジョニー・ウォーカー(KTM)視点の映像がレッドブルから公開されました。ライバルをいなしつつ海沿いの障害物を攻略すると民家の建ち並ぶ石畳の小路へ突入!

    2018y01m17d_233532718

    昨シーズンのビデオですが、速攻インプレでお馴染みWITH MEの丸山浩さんが、オフロードバイクにクローラーと板を取り付け雪上を爆走するウィンターシーズンにぴったしなオモシロキットを紹介してました。今回はKTMの300cc 2ストモトクロッサーに付けた仕様でインプレッション!楽しそうだけど、はたして人気出るのか!?

    2018y01m21d_225244363

    2018年の第40回ダカールラリーはアルゼンチンのコルドバで無事ゴールをむかえ9000キロに及ぶ長旅に終止符がうたれました。公式からは最終日ステージ14のハイライトや四輪、二輪、トラックなど各部門の2018年ベストシーンやアクシデントをおさめたペシャル映像が公開!

    2018y01m20d_170102569

    2018年のダカールラリーも残り二日、ステージ13はナサール・アルアティヤがステージウィンで3位までをトヨタが独占。トヨタ・ハイラックスが四駆の機動力を発揮し後半戦で三連勝をきめています。そして磐石のワンツー態勢を築いていたプジョーにアクシデント。総合2番手のペテランセルが立ち木に接触し左フロントにダメージを負い後退、優勝争いから脱落しました。

    2018y01m17d_141357328

    ダカールラリーはキャンセルになったステージ9をはさみ、16日にステージ10が開催されましたが、トップグループに大波乱が待っていました。ホンダのベナバイズ、バレダ、KTMのプライスがコースロストで大幅に時間を失い、さらに総合1位だったヤマハのファン・ベヴェレンがゴール前に大転倒、右鎖骨を骨折するなど怪我でリタイアしてしまいました。

    54FC97F6-00F7-48ED-BB0B-4C8A8F860BEE

    ダカールラリーはステージ8を終え、前日大幅にタイムロスしたプジョーのペテランセルがステージウィンで、総合トップはプジョーのサインツ、2位にトヨタ・ハイラックスのアルアティヤ、3位にペテランセルがつけています。サムネイルは二輪部門で総合トップを争うファン・ベヴェレンとベナバイズがランデブー走行中にお互いの健闘を祈る握手を交わしたシーンです。ラリーレイドって感じでイイですねぇ。

    2018y01m10d_105621766

    注目選手のクラッシュが続くダカールラリーですが、ステージ4では二輪部門ディフェンディングチャンピオンで首位を走っていたサム・サンダーランド(KTM)がジャンプの着地で背中に激痛を訴え病院へ搬送、「motorsport.com」によると脚にしびれを感じているといいます。

    2017y12m13d_121544538

    レッドブルのダートバイクフィルムを撮影するため、オーストラリアの荒野に放牧中のラクダの群れを小屋に入れようと陸と空から追い込み作戦を敢行。その時の小型ヘリコプターの動きがグレートだと人気になっています。墜落してしまわないかと心配になる無茶な動き!

    2017y11m17d_161520200

    ダカールラリー二輪部門で前人未踏の16連覇中の「Red Bull KTM Factory Racing」が第40回大会にむけ準備万端ですよ!っていうムービーがレッドブルから公開。2018年1月6日にスタートがきられる第40回大会で「KTM 450RALLY」はどんな走りをみせてくれるのでしょーか!?

    2017y06m22d_143836132

    オートバイなどの速攻インプレでおなじみ丸山浩がKTMクロスボウを紹介していました。オフロードバイクで確固たる地位を確率、今年からはMotoGPにもファクトリー体制で参戦するオーストリアのメーカーが作ったスーパースポーツカーは、カーボンモノコック採用、エンジンはアウディ製2L 4気筒直噴ターボをミッドシップ搭載して300馬力を出力。パワステやブレーキアシストはありません。日本の峠をながしてみた丸山さんの感想は!?

    2017y06m17d_115153512

    5月27、28日にポルトガルで開催された、ハードエンデューロのビッグイベント「Extreme XL Lagares 2017」。GoProから総合2位を獲得したジョニー・ウォーカー(KTM)のヘルメットカムが公開、川沿いに障害物を並べたセクションと、混みごみとした町並みが舞台のプロローグの模様です。まさかのアーバン!狭い路地だけでなく、車通りのある道路の歩道を抜けていったり珍しいコース設定が楽しい、お客さんもずいぶん近いんですね。

    2017y02m09d_130443130

    クルマ好きYoutuberとして売り出し中の「おつぽん」とレスポンスがコラボ。桂伸一のドライブするKTM X-BOW(クロスボウ)の助手席に乗せてもらい袖ヶ浦フォレストレースウェイでサーキット走行を体感しています。その時の360°オンボードとおつぽんビデオ。カーボンモノコックを採用し、アウディ製の2L直4ターボをミッドシップ搭載したマシンは、最高出力285ps(210kW)最大トルク420Nmを発揮。車重は847kgと軽量で、最高速度231km/h、0-100km/h加速は4.1秒となっています。魅力はこのスタイリングで公道を走れるということ。お値段は1400万円なんだとか。

    2016y01m17d_212531711

    2016年ダカールラリーの旅がついにフィニッシュ!前人未踏12度目の制覇となるステファン・ペテランセル(プジョー2008DKR16)が総合優勝。二輪部門はトビー・プライス(KTM)が初V。さすが過酷なサバイバルレース。ローブ、サインツ、バレダ、ゴンサルヴェス…有力選手が脱落するなか堅実な走りをみせた二人がトップでゴール。それにしてもレッドブルカラーが目に焼き付いたな〜どれだけトップ選手に投資してるんだかww

    2016y01m16d_013624011

    今年のダカールラリーもついに終盤戦へ突入。何といっても前半戦まで二輪部門総合1位だったホンダのゴンサルヴェスがリタイアしたのがビッグニュース。転倒+クラッシュ+転倒のコンボでダカールを去ることに。これでKTMの2台は1−2安泰だけど、ホンダはハスクバーナにも負けそう…プジョー勢の争いだった四輪もローブとサインツがクラッシュやトラブルで大きく後退、残ったペテランセルが単独首位で最終日へ突入する展開。後半戦サマリー映像をピックアップ!

    2016y01m10d_194605639

    完全にミサイルになってるじゃんコレは避けようがない…モンスターエナジー・AMAスーパークロスのアナハイム戦メインレース2周目、KTMのライアン・ダンジーがスズキのジェームズ・スチュワートに特攻、スチュワートは振り子の原理で頭を地面に思いきり叩き付ける事態に。本人は失神から目覚めたけどちょっとヒヤッとする転倒シーン。他のレースでは乱闘もあったし熱いシリーズだ。ちなみに勝ったのはハスクバーナFC450のジェーソン・アンダーソン。

    2016y01m04d_161415438

    この浸水トラップはファクトリーライダーですらハマる難所。サムネイル手前右はレッドブルKTMのアントン・メオ。奥にも群がる群衆がいるし、左側でも誰かが水抜き。長編動画だけど、ざっとみて十数台が水没してた。女性ライダー、ライア・サンツ(KTMファクトリー)もやっぱりトラップに…KTMは5台のうち2台が引っかかったwwwちなみにコレはプロローグでの出来事のようなので、翌日のスペシャルステージ1が雨でキャンセルってのも納得かも。

    2016y01m01d_230219344

    2日から開幕する世界最高峰のラリーレイド“ダカール2016”。今年は何といってもWRCのレジェンド、セバスチャン・ローブの参戦が話題。その他の注目は、今までナビとして活躍していたトヨタ車体社員の三浦昂がドライバーに昇格、去年までドライブしていた三橋淳は二輪に戻ってKTMで参戦など見どころ満載。去年HRCから参戦してた女性ライダー・ライア・サンツはいつの間にかライバルKTMに移籍してたのね…地獄のサバイバルレースはもうすぐスタート。

    2015y12m10d_015355112

    2016年1月2日セレモニアルスタートを迎えるダカールラリーで、多くのチーム、ドライバー、ライダーをサポートするレッドブル。今回のメンバーで一番の注目株はTeam Peugeot Totalからダカール初挑戦のセバスチャン・ローブかな、2015年の覇者アルアティヤ(X-Raid MINI)もいるし、2位につけたトヨタ・ハイラックスのドゥビリエも健在。二輪部門では優勝が有力なKTMチームやホンダのバレダ、ヤマハに復帰したロドリゲス。トラック部門では前回1〜3位を独占したロシアのチームKamaz Master。なんだ、速そうなヤツ全員レッドブルじゃんww

    image

    2015年3月27日〜3月29日のあいだ東京ビッグサイトで行われている第42回東京モーターサイクルショー。そのブースの様子を撮影した映像がさっそくアップされている。ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ、BMW、ドゥカティ、KTM、ハーレーダビッドソン、トライアンフなど日本や海外の主要バイクメーカーやインポーターをメインに収録したという40分オーバーの潜入動画!少しは行った気になれるかも!?

    このページのトップヘ