Rolex24

    2018y02m01d_190136950

    IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップ(WSCC)に参戦するマツダは、今シーズンから耐久レースの雄「ヨースト・レーシング」と提携、「マツダチーム・ヨースト」となり2018年開幕戦デイトナ24時間レース「Rolex 24」に挑みました。マツダ公式映像です。

    2018y01m31d_021241846

    2018年のデイトナ24時間レース「Rolex 24」の決勝レースが行われ、注目の総合優勝はマスタング・サンプリング・レーシングのバルボサ/アルバカーキ/フィッティパルディ組の#5キャデラックDPi-V.Rが獲得しました。2位は#31キャデラック。3位フィシュは#54オレカ。

    2018y01m26d_165053499

    2018年のデイトナ24時間レース「Rolex 24」にユナイテッド・オートスポーツから参戦するフェルナンド・アロンソの予選オンボード映像と、IMSA公式の予選フルパートムービーです。#23のリジェJS P217・ギブソンはアロンソのアタックで予選13番手を獲得、チームメイトの#32よりも1秒以上速いタイムを刻みました。

    2018y01m09d_191700188

    フェルナンド・アロンソがデイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」のスケジュールを完了、#23リジェJS P217・ギブソンはピット位置決定の予選セッションで12番手タイムを記録しています。マクラーレンからはユナイテッド・オートスポーツチームのハイライト映像が公開。シート合わせをするアロンソを映したビデオと一緒にピックアップ!

    2018y01m07d_212122932

    1月5日(金)から7日(日)にかけて開催されたデイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」でガレージ内やマシンがピットロードを行きかう様子、予選、プラクティス、ナイトセッションの激走シーンのビデオ集です。サーキットの雰囲気が伝わる9本!

    2018y01m06d_143435241

    デイトナ24時間レースの公式テスト「Roar Before The Rolex 24」の初日、フェルナンド・アロンソがユナイテッド・オートスポーツのリジェJS P217・ギブソンをドライブ、はじめてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを走行しました。コースを走る各マシン、ピットやパドックでのアロンソの様子がうかがえるビデオです。#23のFP1は6位。FP2は13位でした。

    2017y01m31d_165304640

    キャデラックDPiの1-2フィニッシュで幕を閉じた2017年のデイトナ24時間レース「Rolex24」。決勝当日、デイトナインターナショナルサーキットを訪れていた人がコース脇などからレースを戦うマシンを撮影したビデオがありました。今回もエキゾーストの爆音が楽しめるピュアサウンドビデオ。キャデラックにFordGTといいやはりアメ車が強いですねぇ。

    2017y02m10d_124528661

    1月28~29日に決勝レースが開催されたIMSAのWSCC開幕戦、第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」。マツダは2台の新型デイトナプロトタイプ「RT24-P」を投入し伝統の一戦に臨みました。予選では総合9、10番手を獲得。過酷な24時間の決勝は両方のマシンにトラブルがでてリタイアするほろ苦いデビュー戦となりました。#70のメカさんはエアインテークの遺物除去にはじまり、クラッチ交換したり、最後には駆動系のトラブルだったりで、これぞ耐久レースといった感じで大忙しですねww

    2017y01m30d_060851702

    第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」決勝が行われ、3番手からスタートしたジェフ・ゴードン組#10「コニカ・ミノルタ キャデラックDPi-V.R. 」が優勝。残り7分でおきたトップ2台による接触で順位が入れ替わる波乱があったものの、14年ぶりにシリーズ復帰を果たしたキャデラックが1-2フィニッシュを果たしました。GTLMは#66フォードGTが優勝。期待された日本車勢はマツダ#55が40位、#70はリタイア。アキュラ「NSX GT3」#86がGTDクラス5位、#93がGTDクラス11位。レクサス「RC F GT3」は#14が序盤でウォールへクラッシュ脱落、#15がGTDクラス14位と渋い結果に。ハイライト映像やクラッシュシーンなどをピックアップしました。

    2017y01m26d_162018728

    2017年の大会で55回目をむかえるデイトナ24時間レース「ROLEX24」。日本時間29日4時30分にスタートとなりますが、今回は優勝を狙うフォードのスペシャルムービーを紹介します。フォードはチップ・ガナッシ・レーシング/チームUKへ計4台の「Ford GT」を投入し、トニー・カナーンやスコット・ディクソン、アンディ・プリオール、セバスチャン・ボーデ、ライアン・ブリスコなど12名のドライバーが参戦。26日に行われた予選では66号車「Ford GT」がクラスポールを獲得するなどGTLMクラス1-3位を独占する活躍をみせています。今年こそ優勝なるか!?

    2017y01m26d_161109160

    第55回デイトナ24時間レース「Rolex24」決勝は、日本時間29日4時30分にスタートが切られます。すでに木曜日に予選が行われスターティンググリッドも決まっていますが、サーキット内をウロついてるお客さんがマシンの搬入の様子や激走シーンを撮影していたので紹介します。フォトセッションが開催された水曜日と木曜プラクティスからのクリップ。

    2017y01m27d_144032640

    2017年のデイトナ24時間耐久レース「ROLEX24」。最高峰のPクラスはマツダ「RT-24P」や、リジェ・ニッサン、キャデラック、そしてギブソンエンジン搭載のLMP2勢が参戦。昨年はコルベットが1-2フィニッシュを飾ったGTLMクラスは、コルベットの他、ポルシェが911RSRをデビューさせ、フォード、BMW、フェラーリがエントリーする激戦区。GTDクラスにはレクサス「RC F GT3」やアキュラ「NSX GT3」が参戦し注目されます。26日に行われた予選ではシリーズ復帰を果たした5号車キャデラックDPi-V.Rがポールポジションを獲得。日本勢はマツダが9、10番手、アキュラがクラス7、9番手、レクサスはクラス13、20番手からのスタートが決定しました。IMSA公式から公開された予選映像1時間40分!

    2017y01m26d_161713984

    2017年、「LEXUS RC F GT3」が日本のスーパーGT300やアメリカのIMSAなどのGT3カテゴリーへ正式に実戦投入されます。その初陣となるIMSA WSCC開幕戦「ROLEX24」が今週末に決勝をひかえており、「TOYOTA GAZOO Racing」や「LEXUS」からは「RC F GT3」のスペシャルムービーが公開されています。デイトナ24時間レース「ROLEX24」直前テストの映像とともにピックアップ!14号車は大ベテランのスコット・プルエットをエースとしてむかえ、映像からも気合が感じられますね。これは期待せずにはいられない!?

    2017y01m11d_122520319

    デイトナ24時間レース直前テストに参加していたマイケル・シャンク・レーシングの#86アキュラ「NSX GT3」。インラップ-アタックラップ-アウトラップまでのオンボード映像です。ステアリングを握るのはオズワルド・ネグリJr. 。この#86NSXの3日間のテストでの総合順位は51位でGTDクラス23位でした。ちなみにGTLMクラスの#4コルベットがマルセル・ファスラーのドライブ中に出火してしまいました。ピットに戻ってきたその悲しい姿もピックアップ。

    2017y01m07d_123501301

    IMSAのWSCC開幕戦デイトナ24時間レースへむけた合同直前テストのパドックやコースサイドからのビデオです。今回のテストではカラーリングを施したマシンも多く、日本車勢もニューカラーでの走行だったようです。サムネイルはマツダのソウルレッドをまとった新型デイトナプロト「RT24-P」にしました。注目のレクサスRC F GT3とアキュラNSX GT3、ニッサンGT-RニスモGT3の3.8L V6ツインターボエンジン「VR38DETT」を搭載することで話題となったESMチームの「テキーラ・パトロン・リジェJS P217ニッサン」の姿も。2017年開幕戦「Rolex24」は1月26-29日の日程!

    2016y12m15d_121739450

    2017年1月28.29日決勝のIMSA WTSC開幕戦「デイトナ24時間レース」にむけ開催されたセブリング合同テスト。アキュラNSX、マツダDPiの日本車勢や、リジェ、オレカ、ダラーラといったヨーロッパ勢、アメリカからは久々の復帰が注目されるキャデラックの新型車DPi V.R(サムネイル)がお目見え。そのテスト映像をピックアップしました。

    36)

    1月30日にフロリダ州デイトナスピードウェイにて開幕したIMSA・WSCC。伝統の「ROLEX24時間レース」に挑戦した2台のマツダプロトは予選10位からスタートの70号車が開始30分でリタイア、予選12番手の55号車は11時間後にリタイアという結果に。次戦セブリング12時間レース(3月19日決勝)では完走して表彰台を目指す。

    2016y02m05d_011840186

    1月30日〜31日に決勝レースが行われたデイトナ24時間レース「Rolex24」のクラッシュ集。今年は大きな事故もなく平穏に終わったイメージだけど、インパクトがデカかったのはスピンして長い間止まってたマシンに追突したデルタウィングの事故かな、ヘンテコな形な割に速いのに…6パートに分かれた決勝レース動画もピックアップ!

    2016y01m31d_203629594

    IMSA開幕戦デイトナ「Rolex24」。雨の予選最速はGTLMクラスのポルシェ911RSR(規定でPクラス1位の37号車BR01・ニッサンがPPスタート)。決勝は2番グリッドからスタートのESM2号車リジェJS P2・ホンダが序盤から上位争いを展開し最終的にトップでチェッカー。ホンダエンジンはデイトナ24時間初制覇。GTLMクラスでは終盤、コルベット同士がスプリントレースのようなトップ争いを展開し観客を魅了、ポルシェは912号車が3表彰台。熱い動画をPick UP!

    24)

    1月28日〜31日の日程で開催されるIMSA開幕戦のデイトナ24時間レース「Rolex24」。テスト映像で注目度ナンバー1はルマン24時間に復帰するフォードのGTカー。マツダの新ガソリンエンジン搭載プロトタイプも気になったけど慣らし走行みたいなのしてるけど大丈夫なのww

    このページのトップヘ